【四季別一覧】似ている花の違いと見分け方

スポンサーリンク
似ている花の見分け方
スポンサーリンク

秋に咲く花:似ているお花の違いと見分け方

★ 彼岸花(ヒガンバナ)に似ている花、赤やピンクの花の名前は?

真夏の田んぼのあぜ道で見かける、ピンクの彼岸花に似た花、気になりませんか?
彼岸花の品種のひとつかと思っていました。

同じヒガンバナ科・ヒガンバナ属ですが、夏水仙(ナツズイセン)という名前です。

彼岸花みたいな赤い花の方はネリネ(ダイヤモンドリリー)と言います。

ヒガンバナネリネ夏水仙
彼岸花ネリネ
(ダイヤモンドリリー)
夏水仙
(マジックツリー)

・夏水仙:ピンクのみ。
・ネリネ:開花時に葉っぱがある。

彼岸花(ヒガンバナ)に似ている花、赤やピンクの花の名前は?
で詳細をお伝えしていますのであわせてご覧くださいね。

 

★ 山茶花(さざんか)と椿(ツバキ)の花の香りの違いと簡単な見分け方

原種の山茶花と椿の大きな違いは開花時期です。

  • 山茶花は10~12月の晩秋の花
  • 椿は冬のお茶席で定番のお花

現在では品種改良され、開花時期で見分けるのが難しくなっています。
わかりやすい見分け方です。

  • 花芯がまとまっているのが椿
  • 葉っぱが濃い緑で肉厚・幹が白いのが椿
  • 花びらが散るのが山茶花
  • 香りが華やかなのが山茶花
山茶花(サザンカ)椿(ツバキ)

山茶花(さざんか)と椿(ツバキ)の花の香りの違いと簡単な見分け方
の記事で詳細をお伝えしています。
あわせてご覧くださいね。

 

★ キンモクセイ(金木犀)・ギンモクセイ(銀木犀)

金木犀の原種が銀木製です。

香りが強くへ早く咲くのがキンモクセイ(金木犀)です。
色が山吹色と白と違うので迷うことはありません。
銀木製の葉っぱは広くキンモクセイ(金木犀)は細い。

キンモクセイ
金木犀銀木犀

キンモクセイ(金木犀)は九里香(キュウリコウ)|銀木犀との見分け方
で詳細をお伝えしています。
あわせてご覧くださいね。

 

★ クロッカスとサフランの違いを簡単に見分ける方法

クロッカスの別名は花サフラン
春咲きのみです。

薬用サフラン(食用)には春咲きと秋咲きがあります。
細長い赤の雌しべが特徴です。

サフラン
クロッカスサフラン

クロッカスとサフランの違いを簡単に見分ける方法
で詳細をお伝えしています。
あわせてご覧くださいね。

 

★ サフラン・サフランモドキ(レイン・ツリー)

サフランの花色はのみ。
食用にされています。

サフランモドキは和名です。
英名はレイン・リリー、もしくはゼフィランサス
花色はピンク

花色がのものはタマスダレと呼ばれています。

サフラン
サフランサフランモドキ
(レイン・リリー)

サフランモドキ|サフランの仲間ではなく美しい別名があるんです
で詳細をお伝えしています。
あわせてご覧くださいね。




error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました