キンモクセイ(金木犀)は九里香(キュウリコウ)|銀木犀との見分け方

キンモクセイ似ている花の見分け方
秋の通勤路で気づく香り。
オレンジ色の小さな花はキンモクセイ(金木犀)。

キンモクセイ(金木犀)の別名は「九里香」(キュウリコウ)と言います。
九里も先から香るからと名付けられました。

スミレちゃん
スミレちゃん

香りの強さでは春の沈丁花、
夏のクチナシといい勝負ですね

モモ先輩
モモ先輩

この3本は三大芳木と呼ばれているよ

ちなみに、沈丁花の方には別名があって「七里香」と呼ばれています。

香りの高い木がお家にあると癒されますよね。

実はキンモクセイ(金木犀、ギンモクセイ(銀木犀)の木の変種なのです。
キンモクセイ(金木犀)の方が有名ですよね。

この記事では、九里も香ると言われているキンモクセイ(金木犀)について
ギンモクセイ(銀木犀)との違いについてもご紹介していきますね。

キンモクセイ(金木犀)

  • キンモクセイ(金木犀)は甘く強い香り
  • ギンモクセイ(銀木犀)は実がなる
  • オレンジ色のキンモクセイ(金木犀)と白のギンモクセイ(銀木犀)
スポンサーリンク

キンモクセイ(金木犀)|甘く強い香りが特徴


キンモクセイ
モクセイ科 / モクセイ属

秋になると甘い香りで気づくキンモクセイ(金木犀)。
強い芳香が道行く人を楽しませてくれています。

開花時期は秋前半の9~10月ぐらいです。

キンモクセイ(金木犀)の香りは好きな人が多いですね。
芳香剤でもよく使われています。

スミレちゃん
スミレちゃん

金木犀のボディクリームも
秋らしくて好き♪

キンモクセイ(金木犀)の原産地は中国です。

中国名は「丹桂」(タンケイ)。
丹はオレンジ色のこと、桂は木犀を指します。

キンモクセイ(金木犀)は金色の縁起の良い花なのです。

花を使って「桂花茶」(ケイカチャ)「桂花酒」(ケイカシュ)がつくられました。
薬膳にもなっています。

モモ先輩
モモ先輩

体の温めや気の巡りをよくすると言われています

スミレちゃん
スミレちゃん

アロマ精油はリラックス効果や抗酸化作用も
妊婦さんには禁忌なので注意してね

キンモクセイ(金木犀)は、日本に江戸時代初期に入ってました。

キンモクセイ(金木犀)をよく見かけるのは住宅街。
公園やお家の垣根など、身近に植栽されていますね。

キンモクセイ(金木犀)には日陰にも強いので、生垣などにはピッタリ。

ただし大気汚染には弱く花つきが悪くなることもあります。

ギンモクセイ(銀木犀)|キンモクセイ(金木犀)の原種


ギンモクセイ
モクセイ科 / モクセイ属

ギンモクセイ(銀木犀)の方はちょっと地味なイメージ。
知らない人がいても別に珍しくありません。

ところが

ギンモクセイ(銀木犀)はキンモクセイ(金木犀)の原種なのです。

キンモクセイ(金木犀)とギンモクセイ(銀木犀)。
花が咲いていない時は葉っぱで見分けましょう。

キンモクセイ(金木犀)の葉っぱは細長いです。
若い木の時には鋸歯でギザギザ。
大きくなると全縁となります。


キンモクセイの葉

ギンモクセイは幅広葉っぱで鋸歯。
ここで見分けがつきますね。


ギンモクセイの葉

モモ先輩
モモ先輩

金木犀は黄色、銀木犀は白の花
お花が咲けばすぐわかるね

オレンジの花が固まって咲くキンモクセイ(金木犀)に比べて
ギンモクセイ(銀木犀)は白い花がまばらにしかつきません。

白の色もあいまって、ちょっと寂しい印象ですね。

ギンモクセイ(銀木犀)が咲くのはキンモクセイ(金木犀)より後。
10~11月ぐらいの秋後半になります。

キンモクセイ(金木犀)の方は、日本では雄花が咲く木しかありません。
雌花の木がないので実がつかないんですよ。

モモ先輩
モモ先輩

金木犀は挿し木で増やそう

銀木犀の方は普通に実がつきます。

金木犀・銀木犀の違いと見分け方

● 花の色:金木犀はオレンジ・銀木犀は白
● 開花時期:金木犀は9~10月・銀木犀は10~11月
● 葉っぱの形:金木犀は細い・銀木犀は広い
● 実のつき:金木犀はつかない・銀木犀はつく 

花の色の違いが決定的なので、見分けることは難しくありません。
ほのかな弱い香りでギンモクセイ(銀木犀)を見つけてみてね♪




キンモクセイ(金木犀)・ギンモクセイ(銀木犀)の違いまとめ

一般的にモクセイ(木犀)と言う場合、ギンモクセイ(銀木犀)を指します。
キンモクセイ(金木犀)はウスギモクセイ(薄黄木犀)の特別変異説もありますが、確定されていません。

スミレちゃん
スミレちゃん

金木犀は銀木犀の1品種
と覚えてね♪

この記事では、キンモクセイ(金木犀)・ギンモクセイ(銀木犀)の違いと見分け方について
ご紹介致しました

キンモクセイ(金木犀)・ギンモクセイ(銀木犀)の違い

  • キンモクセイ(金木犀)は甘く強い香り
  • ギンモクセイ(銀木犀)は実がなる
  • オレンジ色のキンモクセイ(金木犀)と白のギンモクセイ(銀木犀)
★ 金木犀と銀木犀の簡単な見分け方
花名キンモクセイ
(10/6.10/7誕生花)
ギンモクセイ
(10/25.11/1誕生花)
科名/属名モクセイ科 / モクセイ属
原産中国
学名Osmanthus fragrans var.aurantiacusOsmanthus fragrans
英名osmanthussliver osmanthus
中国名丹桂(タンケイ)銀桂(ギンケイ)
別名九里香(キュウリコウ)
木犀(モクセイ)
開花時期9~10月10~11月
花色オレンジ
花言葉「謙虚」「真実」
「気高い人」
「初恋」
特徴甘い香りが強い
葉っぱが細い
常緑小高木樹
香りは薄い
葉っぱが広く鋸歯

秋のお花で、他にも似ているお花は色々ありますよね。

<あわせて読みたい♪>

彼岸花にそっくりな花|赤やピンクの花の名前は?

彼岸花にそっくりな花|赤やピンクの花の名前は?
真夏に咲いている彼岸花にそっくりなピンクの花は夏水仙です。 彼岸花が咲きそうな場所に咲いています。 秋に咲く彼岸花にそっくりな赤い花は園芸種ネリネです。

山茶花(さざんか)と椿(ツバキ)の花の香りの違いと簡単な見分け方

山茶花(さざんか)と椿(ツバキ)の花の香りの違いと簡単な見分け方
椿(ツバキ)と山茶花(サザンカ)の簡単な見分け方です。 育ちやすい地域の特徴、花と幹と葉っぱの特徴。 それに香りを聴くのもポイントです♪




「鏡花水月★花つむぎ」では、身近なお花の見分け方・初心者向きガーデニング・花さんぽの穴場スポットなどをご紹介しています。
また遊びに来てくださいね♪

タイトルとURLをコピーしました