桔梗(キキョウ)と竜胆(リンドウ)を簡単に見分ける方法

似ている花の見分け方

桔梗(キキョウ)と竜胆(リンドウ)の花。
どちらも秋に咲く紫色の可憐な花で、日本に昔からあるお花ですね。
このふたつ、見分けることはできますか?

実は桔梗(キキョウ)と竜胆(リンドウ)は全然違うお花の種類なんです。

間違いやすい理由、「鏡花水月★花つむぎ」管理人の想像です。

● 夏から咲く桔梗(キキョウ)が秋の七草に入っている。
● 秋らしい花の竜胆(リンドウ)は秋の七草ではない。

余計に混同してしまうのではないかと思っています。

この記事では、桔梗(キキョウ)と竜胆(リンドウ)の簡単な見分け方をお教えします。

桔梗(キキョウ)と竜胆(リンドウ)の見分け方

  • 桔梗(キキョウ)と竜胆(リンドウ)の共通点
  • 桔梗(キキョウ)と竜胆(リンドウ)は花の形で見分けがつく
  • トルコキキョウはどちらの仲間?

共通点と違いを知ってベストな季節に鑑賞に行ってくださいね。

スポンサーリンク

桔梗(キキョウ)と竜胆(リンドウ)の共通点

キキョウ

「花びらが大きく開く桔梗(キキョウ)」

桔梗(キキョウ)も竜胆(リンドウ)も紫の色の印象が強いお花です。

共通点は意外に少ないのですよ。

● 桔梗(キキョウ):花色は紫が主流(まれに白やピンクも)
● 竜胆(リンドウ):花色は青紫

開花期間ずいぶん長さが違いますね。

● 桔梗(キキョウ):6月~10月(初夏~秋までの長いスパン)
● 竜胆(リンドウ):9月下旬~10月(秋の1ヶ月)

夏~秋までの桔梗と明らかに秋の花の竜胆(リンドウ)。

秋の1ヶ月間ほど見頃が重なるぐらいですね。

桔梗(キキョウ)と竜胆(リンドウ)の簡単な見分け方

「袋状に咲く竜胆(リンドウ)」

簡単な見分け方としては開花時期ですね。
初夏に咲いているのは間違いなく桔梗(キキョウ)です。

その他にもわかりやすい見分け方があります。

桔梗(キキョウ):花の形が5角形の星形にはっきりと開く。

竜胆(リンドウ):つぼみも花の形も袋状に咲く。

リンドウの蕾が開いたらこんな感じですね。
桔梗とはずいぶん印象が違うでしょう。

リンドウ

竜胆(リンドウ)は昔から薬草として使われていました。

根っこが竜の肝のように苦いという意味の竜胆(りゅうたん)が、リンドウに変化したといわれています。
豊かなイマジネーションから付けられた名前なのですね。

花言葉の「悲しんでいるあなたを愛す」は、竜胆(リンドウ)が群生しないところからきています。

ひとりぼっちの人に優しく寄り添う竜胆(リンドウ)の花言葉でした。

スミレちゃん
スミレちゃん

他の似たようなお花たちと比べても
キキョウとリンドウ
はわかりやすい部類ですね

トルコキキョウは竜胆(リンドウ)?

さてここで質問です!

トルコキキョウは桔梗(キキョウ)と竜胆(リンドウ)、どちらの仲間なのでしょうか?

「フリル状の花びらのトルコキキョウ」

答えはリンドウです!

トルコキキョウは、リンドウ科 /トルコギキョウ属。
なんともわかりにくいですよね。

何故、リンドウの仲間なのに桔梗の名前がついたのかには諸説あります。

トルコキキョウの名前の由来

  • トルコ人のターバンに似ている
  • キキョウの形に似ている
  • トルコ石の色をしている

トルコ桔梗はスマートな茎で、フリル状の八重の花が咲きます。

開花時期は5~8月
花色は
紫・ピンク・白・赤・木・緑・青。
華やかな園芸種です。

桔梗(キキョウ)と竜胆(リンドウ)がよく間違えられるのには、トルコキキョウの存在もあると思っています。

見た目と名前で迷ってしまいやすいんですよね。




桔梗(キキョウ)と竜胆(リンドウ)の違いと見分け方 まとめ

桔梗(キキョウ)と竜胆(リンドウ)・トルコキキョウの共通点。
簡単な見分け方と見頃を表にまとめました。

★ 桔梗(キキョウ)と竜胆(リンドウ)・トルコキキョウの見分け方
花名キキョウ
リンドウ
リンドウ
トルコキキョウ
科名
属名
キキョウ科
キキョウ属
リンドウ属
リンドウ科
リンドウ科
トルコキキョウ属
原産東アジア日本アメリカ
メキシコ
別名ヨメトリバナササリンドウリシアンサス
ユーストマ
開花
時期
6月~10月9月下旬~10月5月~8月
特徴5枚の星形
主に紫
ピンク・白
袋状の花
青紫
桔梗の花に似る
紫・ピンク・白
赤・木・緑・青

言葉
紫「気品」
白「清楚」
「悲しんでいる
あなたを愛す」
「清々しい美しさ」

和の風情を持つ桔梗(キキョウ)は絶滅危惧種

関西でたくさんの桔梗(キキョウ)の花を見ることができる、京都府亀岡市の谷性寺とききょうの里
についてもご紹介致しました。

リンドウは秋の里山に咲いています。
大阪市の咲くやこの花館の高山植物室には、珍しいチャボリンドウを見ることができます。

その他にも初夏~秋の似ているお花には色々ありますよね。

<あわせて読みたい♪>

桔梗の名前の由来と花言葉

桔梗(キキョウ)|名前の由来と哀しい花言葉の物語
「清楚で可憐で凛として」 桔梗にはこんな言葉で形容するのが似合います。 日本古来から自生しているからでしょうか。 ちょっと古風な趣もある桔梗。 この記事では、日本女性に人気の桔梗について、花言葉から人気の秘密を探っていきますね。...

秋の七草の名前の覚え方と選ばれた理由

秋の七草の名前の覚え方と選ばれた理由
二十四節気の立秋はお盆の前の8月8日頃。立秋の声を聴くと、どんなに暑くても秋の気分になっていきますね。秋の七草って言えますか?私が知っているのは、萩とススキと桔梗が入っていたなぁという位。ハギ尾花(ススキ)桔梗後4つは何なんでしょう。確かち

【四季別】似ている花の違いと見分け方

【四季別一覧】似ている花の違いと見分け方
「鏡花水月★花つむぎ」では身近なお花で姿形が似ている花、 名前を混同しやすいお花を取り上げてきました。 この記事では、似ているお花をワンポイントで見分ける方法をまとめて一覧にしております。身近なお花の見分け方スッキリ解決。 公園や庭園の花さんぽにお出かけする時に、活用いただけると嬉しいです。

「鏡花水月★花つむぎ」では、花の別名と由来・花言葉・初心者でもできる鉢植えの育て方、花さんぽのスポットまでご紹介しています。
またお立ち寄りくださると嬉しいです。

タイトルとURLをコピーしました