彼岸花にそっくりな花|赤やピンクの花の名前は?

ネリネ似ている花の見分け方

お盆を過ぎた頃から、彼岸花(ヒガンバナ)が田んぼのあぜ道などで咲き始めます。
昔の日本の田舎ではよく見られた光景です。

この彼岸花(ヒガンバナ)にそっくりな洋風の花を発見したのです。

いかにも彼岸花が咲きそうな場所
川の土手でした。

茎だけがスッキリ伸びて咲いているのも、彼岸花(ヒガンバナ)にソックリ!

でも、色が彼岸花(ヒガンバナ)の特徴的なではなかったんです。

彼岸花(ヒガンバナ)自体を、他の花と見間違えることはないと思います。
このピンクのお花、彼岸花にソックリさんは何だろう?

夏水仙彼岸花

彼岸花に似たピンクの花の正体は夏水仙(ナツズイセン)とわかりました!

そしてもうひとつ。
赤い彼岸花(ヒガンバナ)のソックリさんも発見してしまいました。

彼岸花(ヒガンバナ)に似た赤い花は、ネリネ(ダイヤモンドリリー)と言います。

スミレちゃん
スミレちゃん

単体で見たらネリネの方が
もっと迷うかも

この記事では、彼岸花(ヒガンバナ)に似た花、夏水仙(ナツズイセン)とネリネ(ダイヤモンドリリー)の特徴と見分け方をまとめました。

彼岸花(ヒガンバナ)に似た花の見分け方

  • 彼岸花(万曼珠沙華):お彼岸の頃に咲く
  • ネリネ(ダイヤモンドリリー):秋咲き
  • 夏水仙(ナツズイセン):ピンクのみ
スポンサーリンク

彼岸花(ヒガンバナ)には別名がいっぱい

最初に彼岸花から確認していきましょう。

彼岸花(ヒガンバナ)はその名の通り、9月中旬のお彼岸頃が一番の見頃です。
赤い花が印象的ですが白や黄色やオレンジも。

学名リコリス
彼岸花(ヒガンバナ)の名前の方が通りがいいですよね。

ヒガンバナ

★ 彼岸花 9/13・9/20・9/23 誕生花
科名/属名ヒガンバナ科/ヒバンバナ属
原産日本 中国
学名Lycoris(リコリス)
別名曼珠沙華
花言葉「情熱」「再会」
開花時期8~10月(最盛期はお彼岸頃)
花色赤・白・ピンク・オレンジ・黄色
特徴多年草
開花時には葉がない

残念ながら、昔から日本では、彼岸花(ヒガンバナ)のイメージはあまりよくありません。

お墓の近くに植えられていたり、を持っていることもあり、
お家に持って帰ってはいけない花とされていました。

こどもの頃に、触っちゃいけないと言われたことはありませんか?
(触った位なら大丈夫ですがよく手を洗うことが肝要。)

怖い別名もいっぱいあるのですが、それでは彼岸花(ヒガンバナ)に可哀そう。

ここでは一番有名かつ、仏教用語から来た曼珠沙華(まんじゅしゃげ)のみ取り上げます。

曼珠沙華とは、サンスクリット語のマンジュシャカから来ているそうです。
意味は「天界の花」

怖くありませんよね。

彼岸花(ヒガンバナ)は曼珠沙華、「天界の花」なんですから。

彼岸花の怖くない別名の由来や花言葉については、こちらで詳しく解説しています。

彼岸花(ヒガンバナ)の謎|怖くない別名の由来と前向きな色別花言葉
彼岸花の別名「曼殊沙華」を筆頭に、彼岸花の明るい別名をご紹介します。 別名の由来となった六兵衛狐の伝説や色別の花言葉なども。 彼岸花には怖い花言葉はありません。




彼岸花にそっくりなピンクの花|夏水仙(ナツズイセン)

私が彼岸花に似ているピンクのお花、と思ったのは夏水仙(ナツズイセン)でした。

夏水仙(ナツズイセン)の開花時期は真夏
お盆過ぎに彼岸花が咲いていそうな土手で発見したのです。
早めの彼岸花(ヒガンバナ)かな?と。

夏水仙

夏水仙(ナツズイセン)は、彼岸花(ヒガンバナ)と同じくヒガンバナ科 / ヒガンバナ属。

★ ネリネ(ダイヤモンドリリー) 10/8誕生花
科名/属名ヒガンバナ科 / ヒメヒガンバナ属
原産南アフリカ
学名Lycoris squamigera
別名magic lily
花言葉「思いやり」
開花時期8月
花色ピンク
形態/特徴多年草

夏水仙(ナツズイセン)は、ピンク色と花の形がユリにも似ていていますね。
ピンクの彼岸花(ヒガンバナ)なのかどうか迷いました
かなり近い種なのですね。

別名マジックリリー。

彼岸花(ヒガンバナ)と同じく、花が咲く時に葉っぱがないことから来ています。
田んぼのあぜ道などで、前触れもなく花が咲いて驚かされるからです。

夏水仙(ナツズイセン)彼岸花
夏水仙ヒガンバナ
真夏の花お彼岸付近が最盛期
いきなり茎が伸びてお花が咲く
ユリのようにラッパ状に咲く
花色ピンクのみ
いきなり茎が伸びてお花が咲く
赤が印象的だが花色は豊富
白・黄色・ピンク・オレンジ




彼岸花にそっくりな赤い花|ネリネ(ダイヤモンドリリー)

単体で見たらこちらの方が、彼岸花と迷いやすいかもしれません。
ネリネ(ダイヤモンドリリー)をご紹介しますね

スミレちゃん
スミレちゃん

彼岸花に形がそっくり!?

モモ先輩
モモ先輩

家のネリネはピンクだけど
赤いのは本当に彼岸花にそっくりよ

★ ネリネ(ダイヤモンドリリー) 10/8誕生花
科名/属名ヒガンバナ科 / ヒメヒガンバナ属
原産南アフリカ
学名Nerine
別名diamond lily
英名姫彼岸花(ヒメヒガンバナ)
花言葉「箱入り娘」「また会う日を楽しみに」
開花時期10~12月
花色赤・白・ピンク・オレンジ など
形態/特徴多年草

ネリネ(ダイヤモンドリリー)は、別名姫彼岸花(ヒメヒガンバナ)と言われるぐらい、
彼岸花によく似ています。

ネリネの名前は、ギリシャ神話の海の妖精ネレイスに由来します。
花言葉「箱入り娘」「また会う日を楽しみに」も、海底の宮殿に住むネレイスから付けられました。

英名のダイヤモンドリリーは、カールした光沢のある花びらから名付けらています。

茎がスッキリ伸びて立って咲いている、赤い彼岸花(ヒガンバナ)を思い出してください。
彼岸花(ヒガンバナ)の特徴に、お花が咲いている時に葉っぱがないことが挙げられます。
対してネリネ(ダイヤモンドリリー)は、普通にお花と葉っぱを見ることができます。

彼岸花(ヒガンバナ)とネリネ(ダイヤモンドリリー)のわかりやすい違いを見てね。

ネリネ(ダイヤモンドリリー)彼岸花
ヒガンバナ
10~12月お彼岸付近が最盛期
葉の後にお花が咲くいきなり茎が伸びてお花が咲く
モモ先輩
モモ先輩

ネリネは晩秋~初冬に咲くわ
秋後半に咲いていたらネリネね

彼岸花(ヒガンバナ)に似ているネリネ(ダイヤモンドリリー)は、人気がない園芸種だったそう。
開花期間の長さもあって、ネリネ(ダイヤモンドリリー)は近年ようやく人気が出てきました。

ネリネ(ダイヤモンドリリー)人気に乗って、彼岸花(ヒガンバナ)も怖いイメージを払拭してほしいなぁと思っています。

タイトルとURLをコピーしました