萩(ハギ)に似た花、9月に咲く赤紫の花の名前が凄い!

似ている花の見分け方

萩(ハギ)の花は暑さ寒さに強い落葉低木樹。
初心者でも育てやすいのが特徴です。

開花時期は7~9月。
色々な種類があり夏場から咲くものもあります。

9月頃に空き地でよく目立っている、萩に似たお花。
秋の七草のひとつ、萩(ハギ)の仲間でしょうか?

この記事では、萩の仲間かどうかの簡単な見分け方をご案内します。
スゴイ名前を持っていることがわかりましたよ。

スポンサーリンク

萩の花に似ている赤紫の小花の特徴

秋、9月初め頃、遠目には萩とも見える赤紫の小花。

近づいて見てみましょう。

マメ科の植物特有の特徴がありました。
蝶々の様なお花の形をしています。
注:蝶形花(ちょうけいか)といいます。

お花だけをズームアップ!

形だけでは萩の仲間とも言い切れません。

色に注目。
全体は赤紫。
真ん中に濃い赤紫に縁どられた緑色の斑点が。

これは大きな手掛かりです。

次に葉に注目。
葉っぱは細くて3枚で1セットで付いていました。

ここで違和感。

萩の花の葉っぱは丸みを帯びています。
この細さは萩の仲間ではないのかな~?

もう一度俯瞰で全体をよく見て。

この萩に似たお花が、草花であることは間違いありません。

決定的な要素です。

秋の七草の筆頭萩(ハギ)の花。

萩(ハギ)は秋の七草でありながら草ではなく樹木(低木)なのです。




萩の花の仲間とその種類

萩(ハギ)という花の名前は、ひとつの品種名を表しているのではありません。
赤紫・ピンク・白などの花の色を持つ、約15種類ほどの仲間の総称です。

萩(ハギ)とはマメ科の落葉低木で、道端や山と里の境目に咲く花です。

よく見かける萩の仲間

  • ミヤギノハギ(赤紫 多く栽培されいる)
  • ヤマハギ(ピンク 花がより小さい)
  • シラハギ(白)

萩が赤紫とのイメージは、ミヤギハギから来ているのでしょう。

ハギの仲間は〇〇ハギという名前が付いています。

この9月の道端でよく見かける萩に似たこのお花にも、
〇〇ハギという名前がついていました。

その名もアレチノヌスビトハギ(荒れ地の盗人萩)

凄い名前で雑草扱いされています。
帰化植物で荒れ地に生えて繁殖力がスゴイからでしょうか。

アレチノヌスビトハギは、萩(ハギ)の仲間ではありません。

マメ科ヌスビトハギ属で、ヌスビトハギの仲間です。
(ヌスビトハギの仲間だけでも何種類もあります。)

マメ科の植物、たくましいですね。

アレチノヌスビトハギ。
ハギの名前がついている・萩の仲間ではない・萩に似た花でした。




萩(ハギ)とマメ科の似た花 見分け方まとめ

★ 萩とアレチノヌスビトハギの簡単な見分け方
花名ハギ

アレチノヌスビトハギ

科名/属名マメ科 / ハギ属マメ科 / ヌスビトハギ属
原産日本北アメリカ
開花時期7~9月7~9月
花色赤紫・ピンク・白赤紫
特徴落葉低木(樹木)
垂れ下がる様に咲く
丸い葉っぱ
多年草(草花)
花びら中央に
赤紫に縁どられた緑の斑点
細い3枚の葉

萩(ハギ)もアレチノヌスビトハギも、暑さや強さに強い植物です。
萩はお庭で育てるのに最適です。
アレチノヌスビトハギの方は繁殖力が強く雑草扱いされています。

大きな違いは樹木か草花かということ。
見分けやすい場所は葉っぱの形です。

この記事では、萩(ハギ)ハギと名がつく萩に似た花との見分け方について、お伝え致しました。

他にもスゴイ名前のついている草花がありますね。

春の道端に咲く青い草花「星の瞳」の本名にビックリ!
桜が開花し始めています。 ガーデニングを始めて3年目。 「鏡花水月★花つむぎ」ブログにも2年目の春がやってきました。 春の草花で菜の花やスミレならわかる。 それ以外の花はお手上げなことはないですか? 私も数年前までそんな感じで...

「鏡花水月★花つむぎ」では、身近なお花の見分け方・初心者向きガーデニング・花さんぽの穴場スポットなどをご紹介しています。
またお立ち寄りくださると嬉しいです。

タイトルとURLをコピーしました