萩(ハギ)に似た花|9月に咲く赤紫の花の名前が凄い!

似ている花の見分け方

萩(ハギ)の花は暑さ寒さに強い落葉低木樹。
初心者でも育てやすいのが特徴です。

開花時期は7~9月。
色々な種類があり夏場から咲くものもあります。

9月頃に空き地でよく目立っている萩に似た赤紫のお花。

秋の七草のひとつ、萩(ハギ)の仲間でしょうか?

スミレちゃん
スミレちゃん

スゴイ名前を持っていました

萩に花に似ている赤紫の草花の謎

  • 萩の花に似ている赤紫の草花の特徴
  • 萩の花とは品種名ではなく仲間の総称
  • アレチノヌスビトハギはマメ科の草花

この記事では、空き地で見かける赤紫の草花が萩の仲間かどうか、簡単な見分け方をご案内しますね。

スポンサーリンク

萩の花に似ている赤紫の草花の特徴


撮影者:スミレ

秋、9月の初め頃、遠目には萩とも見える赤紫の小花。

近づいて観察しましょう。

マメ科の植物特有の特徴がありました。
蝶々の様なお花の形をしています。

蝶形花(ちょうけいか)といいます。


撮影者:スミレ

お花だけをズームアップ!

形だけでは萩の仲間とも言い切れません。

に注目してみましょう。

全体は赤紫。
真ん中に濃い赤紫に縁どられた緑色の斑点が。


撮影者:スミレ

これは大きな手掛かりです。

次は葉っぱに注目。

葉っぱは細くて3枚で1セットで付いていました。


撮影者:スミレ

ここで違和感を感じました。

萩の花の葉っぱは丸みを帯びているからです。

この細さは萩の仲間ではないのかな~?

もう一度俯瞰で全体をよく見て。

この萩に似たお花が草花であることは間違いありません。

萩の仲間でない決定的な要素です。

秋の七草の筆頭である萩(ハギ)の花。

萩(ハギ)は秋の七草でありながら草ではなく樹木(低木)なのです。

萩の花とは品種名ではなく仲間の総称


撮影者:スミレ

萩(ハギ)はマメ科の落葉低木で、道端や山と里の境目に咲く花です。

名前の萩(ハギ)はひとつの品種名を表しているのではありません。
約15種類ほどの仲間を、総称して萩(ハギ)と呼んでいるのです。

萩(ハギ)の花の色には、赤紫・ピンク・白などがあります。

よく見かける萩の仲間

  • ミヤギノハギ(赤紫 多く栽培されいる)
  • ヤマハギ(ピンク 花がより小さい)
  • シラハギ(白)

萩の赤紫のイメージはミヤギハギから来ているのでしょうね。

モモ先輩
モモ先輩

ハギの仲間はみんな〇〇ハギという名前

9月の道端でよく見かける萩に似たこのお花にも、
〇〇ハギという名前がついています。

その名もアレチノヌスビトハギ(荒れ地の盗人萩)

スミレちゃん
スミレちゃん

漢字が凄すぎる

アレチノヌスビトハギは雑草扱いの草花。

帰化植物で荒れ地に生えて繁殖力旺盛だからでしょうか。

アレチノヌスビトハギは、萩(ハギ)の仲間ではありません。
マメ科ヌスビトハギ属で、ヌスビトハギの仲間です。
(ヌスビトハギの仲間だけでも何種類もあります。)

スミレちゃん
スミレちゃん

マメ科の植物はたくましい

アレチノヌスビトハギ。

ハギの名前がついている・萩の仲間ではない・萩に似たマメ科の草花でした。




萩(ハギ)と萩に似た赤紫の草花の違いのまとめ

萩(ハギ)もアレチノヌスビトハギも、暑さや強さに強い植物です。

この記事では、萩(ハギ)と萩に似た赤紫の草花の違いと見分け方についてお伝え致しました。

萩に花に似ている赤紫の草花の謎

  • 萩の花に似ている赤紫の草花の特徴
  • 萩の花とは品種名ではなく仲間の総称
  • アレチノヌスビトハギはマメ科の草花

萩はお庭で育てるのに最適な樹木です。
アレチノヌスビトハギの方は繁殖力が強く雑草扱いです。

大きな違いは樹木か草花かということ。
見分けやすい場所は葉っぱの形です。

★ 萩とアレチノヌスビトハギの簡単な見分け方
花名ハギ

アレチノヌスビトハギ

科名/属名マメ科 / ハギ属マメ科 / ヌスビトハギ属
原産日本北アメリカ
開花時期7~9月
花色赤紫・ピンク・白赤紫
特徴落葉低木(樹木)
垂れ下がる様に咲く
丸い葉っぱ
多年草(草花)
花びら中央に
赤紫に縁どられた緑の斑点
細い3枚の葉

他にも変わった名前のついている草花がありますよね。

<あわせて読みたい♪>

春の道端に咲く青い草花「星の瞳」の本名にビックリ!

春の道端に咲く青い草花「星の瞳」の本名にビックリ!
桜が開花し始めています。 ガーデニングを始めて3年目。 「鏡花水月★花つむぎ」ブログにも2年目の春がやってきました。 春の草花で菜の花やスミレならわかる。 それ以外の花はお手上げなことはないですか? 私も数年前までそんな感じで...

ワルナスビは侵略的外来種|茄子に似た可愛い花のトゲと毒

ワルナスビは侵略的外来種|茄子に似た可愛い花のトゲと毒
雑草と言われる野草はたくさんあります。園芸家にとっては除草の対象。花壇のお花を守るためには致し方のないところもあります。 そんな雑草たちも中身を知れば、薬草であったりお茶にできたりと活用法がありました。ところがこのワルナスビはやっかいもの。最強の侵略的外来種かもしれません。毒があるので見つけても触れないようにしてくださいね。

ネコジャラシ|本名はエノコログサ(狗尾草)の日々の幸せ

ネコジャラシ|本名はエノコログサ(狗尾草)の日々の幸せ
暑い日差しの街さんぽでネコジャラシを見つけました。 ネコジャラシは秋に実る稲穂に似ていますよね。 夏から元気に咲いていました。 そう、あの稲穂の様な緑は花穂(穂の様な形で咲く花)なのです。 穂の中にちいさく花があるのでのぞい...




「鏡花水月★花つむぎ」では、身近なお花の見分け方・初心者向きガーデニング・花さんぽの穴場スポットなどをご紹介しています。
また遊びに来てくださいね♪

タイトルとURLをコピーしました