山茶花(さざんか)と椿(ツバキ)の花の香りの違いと簡単な見分け方

サザンカ似ている花の見分け方

椿(ツバキ)と山茶花(サザンカ)はよく間違えられますよね。

育ちやすい地域の特色があるんですよ。

 

「雨の陰」という詩的な言葉を聞いたことはありますか?

雨雲が丘や山に囲まれて雨が降らない地域のことです。

 

湿った気候に適しているのはツバキ、アジサイ、モクレン、シャクナゲ

逆に雨の陰では育ちにくいのがサザンカです。
山茶花は湿潤な地域に見られるのです。

地域特性だけで山茶花(サザンカ)と椿(ツバキ)を見分けるのは至難の業。

もう少しわかりやすい見分け方はないのでしょうか?

この記事では、山茶花(サザンカ)と椿(ツバキ)の特徴を見分け方をご紹介していきます。

山茶花(サザンカ)と椿(ツバキ)の簡単な見分け方

  • 山茶花は晩秋の花だけではなくなった!
  • 椿(ツバキ)の香りを聴こう!
  • 山茶花(サザンカ)と椿(ツバキ)の見分け方まとめ
スポンサーリンク

山茶花(サザンカ)は晩秋・冬・春の花へ変化中!

サザンカ

学名:Camellia sasanqua(カメリア サザンカ)
ツバキ科/ツバキ属。

晩秋から冬にかけての垣根を彩る山茶花(サザンカ)。
”さざんか、さざんか、咲いた道~♪”

昔から生垣によく植栽されている低木ですね。

花の形も香りも椿によく似ているんですよ。

いつも近寄ってはどっちかな~と確かめています。

 

野生のものは10~12月の晩秋の花ということで、椿と見分けが付きます。
昔は咲いている季節ではっきり山茶花とわかったんです。

ところが、現在の山茶花は園芸種も増えています。
11~3月(カンツバキ系)、12~4月(ハルサザンカ系)。

咲いている時期で、山茶花(サザンカ)と椿(ツバキ)を区別するのは、難しくなっています。

タイトルとURLをコピーしました