萩の花の名所 東光院のミヤギノハギは緑と紅紫色のコントラスト

大阪

秋らしさを感じるには秋の七草、萩(ハギ)の花。

萩の花は水揚げが悪いお花です。
切り花、花材としては難しい部類なのです。

生の萩(ハギ)のお花を見に行きましょう!

意外に身近に見られますよ。

この記事では、関西の電車ですぐ行ける萩のお寺をご紹介します。

思い立ったらすぐ行ける住宅地の中の萩のお寺です。

スポンサーリンク

萩の寺東光院の見頃は長いよ

撮影:スミレ

関西で電車で萩を見に行くなら、大阪府豊中市の東光院をおすすめします。

東光院は新西国第12番霊場。
西国七福神めぐりの第一番霊場で毘沙門天王が安置されています。

東光院は住宅街の中にあり、萩の似合う小さなお寺です。

大阪みどりの百選にも選ばれています。

  • 3~4月:芽萩(芽のハギ)
  • 5~6月:若萩(若葉のハギ)
  • 9月中旬~10月上旬:宮城野萩(ミヤギノハギ)

いつの時期でも、風に吹かれている様がいい雰囲気です。

東光院の萩、あえていつが見頃?と言われたなら・・・。

9月中旬~10月上旬。
白や紅紫色(こうししょく)が枝垂れ咲く、宮城野萩(ミヤギノハギ)の時期ですね!

>関連記事 紅紫色の花、初秋に咲く萩(ハギ)の花のエッセンス




萩まつりの後も見頃は続く

撮影:スミレ

東光院では毎年9月中旬に萩まつりが開催されます。

<開催期間中の主な催し>

  • 子規忌へちま供養・萩の四季俳句のつどい
  • 萩まつり大茶会
  • ご法話とこより写経
  • 精進料理接待
  • 世界の恒久平和と人と自然との共生を祈る文化の祭典

などなど。(2019年度の萩まつりの催しは終了しました。)

萩の花の見頃に着目すれば、これからまだまだ間に合います!

東光院の萩の花は9月下旬~10月上旬まで充分に楽しめます。
催しものが終わり、逆に空いていて穴場的スポットになります。




萩の寺東光院のお庭の見どころ 緑と紅紫色のコントラスト

撮影者:スミレ

山門を入ってすぐに萩の花が出迎えてくれます。

ミヤギノハギの緑の丸い葉っぱと紅紫色の小さな萩の花。

俳句を入れる投句箱があります。

入ってすぐにこれぞ日本の秋!の情緒を味わえます。

左手の観音様の所で手を洗いましょう。
こちらは水掛け観音様。
お願い事が叶うそうです。

撮影者:スミレ

観音様の上の青紅葉も綺麗ですね。

萩の花が咲いている道を歩いて奥へ。
東光院では萩のお花を供養花とされているのです。

境内奥には萩の花咲くお庭があります。

北大路魯山人命名の「萩露園」です。

撮影者:スミレ

萩の花のトンネルを歩くも良し。

ベンチに座って萩の花をぼうっと見上げるも良し。

萩

撮影者:スミレ

萩のお花だけを見るなら所要時間は1時間程度

全部きっちりお参りして、お庭の句碑を丁寧に見ていくと2時間位かかります。

ベンチに座り萩の花に囲まれ、しばし時を忘れましょう。

撮影者:スミレ

タイトルとURLをコピーしました