サフランとサフランモドキは全く違う植物だった!

似ている花の見分け方

夏の終わりごろ、1本だけ咲いているピンクのお花を見つけました。

ピンクの花に細い葉っぱは夏水仙のよう。

けれども、夏水仙より全体的に小柄です。

 

こちらは正真正銘の夏水仙です。

夏水仙
夏水仙:ヒガンバナ科 / ヒガンバナ属
背丈は50~1m位

やっぱり違いますよね。

地面から近いところで咲いているのです。
お花の大きさでいうとクロッカスぐらい。

秋に咲くクロッカスの1品種、サフランかな?

サフラン
サフラン:アヤメ科/クロッカス属。
背丈は15~20㎝位

お花の大きさと形は似ている。
けれどもサフランは紫1色のはず。

ここでギブアップ!

 

名前を聞くとちょっと惜しかった?

このお花の名前の招待はサフランモドキでした。

サフランとは何の関係もないサフランモドキ。

この記事では、サフランとサフランモドキの違いを見ていきますね。

スポンサーリンク

サフランに似たピンクの花はサフランモドキ

サフラン:アヤメ科/クロッカス属。

クロッカスの仲間で秋に咲く品種です。

あのパエリヤ、サフランライスのオレンジ色の元。

香辛料サフランはサフランのお花の雌しべから取れるんですね。


サフランモドキ:ヒガンバナ科/タマスダレ属。
背丈は15~20㎝位。

背丈はサフラン位です。

花はちょっと小さなユリに似ているみたい。
細い葉っぱの草花です。

良く見れば、サフランより彼岸花の花の開き方ですね。

サフランモドキ
は、江戸時代に日本に持ち込まれ栽培されていたものです。
帰化植物で自生しているものもあります。

私が見たサフランモドキは、夏の終わりにぽつんとひとつだけ咲いていました。

サフランモドキはヒガンバナ科/タマスダレ属。
クロッカスやサフランとは、全く別の種類の植物です。

サフランモドキの開花時期は6~10月でサフランと重なります。
色がピンクなので、紫1色のサフランと違うことが簡単にわかります。

 

全然違う種類なのに、モドキなんて名前を付けられて可哀そうですね。
入って来た頃に「サフラン」と呼ばれていました。

別の種とわかって、明治時代に「サフランモドキ」に改名されました。

もう少し素敵な名前はなかったのでしょうか。

和名は「サフランモドキ」ですが、英名は「Rain Lily(レインリリー)」です。

綺麗な名前があって良かった!




サフランとサフランモドキの違いまとめ

★ サフランとサフランモドキの違いまとめ
花名サフラン
サフラン
サフランモドキ
科名/属名アヤメ科/クロッカス属ヒガンバナ科/タマスダレ属
原産地中海沿岸中南米・西インド
開花時期10~12月6~10月
花色紫のみピンク
別名薬用クロッカスレイン・リリー
ゼフィランサス
カリナタ
特徴ハーブ(サフラン)
細長い赤の雌しべ
多年草(草花)
5㎝ほどの小花

サフランモドキという位だから、サフランとよく似ているかといえばそうでもありません。

名前が似ている別の種なのですね。

共通点は、細い葉っぱ、小柄、地面近くで咲く。
どちらも球根であるという位のこと。

この記事では、サフランとサフランモドキの違いについてお伝え致しました。

サフランといえば、クロッカスとサフランの違いを知っていますか?
どちらもサフランライスの元は収穫できるのでしょうか。

ご興味あればあわせてお読みくださいね。

「鏡花水月★花つむぎ」では、花の別名の由来・花言葉・初心者でもできる鉢植えの育て方、花さんぽのスポットまでをご紹介しています。
またお立ち寄りくださると嬉しいです。



タイトルとURLをコピーしました