真冬の花さんぽの楽しみ、ロウバイ(蝋梅)とサンシュユ(山茱萸)

サンシュユ植物トリビア

冬の花さんぽが好きと言う方は、本当のお花好きだと思います。
「鏡花水月★花つむぎ」管理人スミレは、花さんぽといえば新緑一辺倒でした。

そしてついに、真冬の花さんぽの楽しみ方を覚えました。

この記事では、冬に花さんぽなんて考えられない!というあなたへ。
お花のプロに教えていただいた、冬に春の気配を見つける花さんぽの楽しみ方をお伝えしますね。

◆真冬の公園散策の楽しみ◆

  • 真冬に咲いている代表的な花
  • ちょっと通な真冬の樹木
  • 準備中!早春に咲く樹木
スポンサーリンク

真冬の公園の定番 山茶花と椿

撮影者:スミレ 葉牡丹の花壇

冬枯れのイメージが強い、冬の公園や庭園。
春の花壇に向けて開花準備期間ですよね。
よく見るのは葉牡丹

でも、それだけではないんですよ~。
今が盛りの花もあります。

誰でも知っている名前からいきましょう。
代表的なものは山茶花と椿すね。

晩秋から咲いている山茶花は垣根でもおなじみ。

 

ヤブツバキ

こちらは椿。
花芯の形がポイントです。

山茶花と椿ってホント似ていますよね。
見分け方は色々ありますが、こちらを参考にしてくださいね。

山茶花(さざんか)と椿(ツバキ)の花の香りの違いと簡単な見分け方
椿(ツバキ)と山茶花(サザンカ)の簡単な見分け方です。 育ちやすい地域の特徴、花と幹と葉っぱの特徴。 それに香りを聴くのもポイントです♪

冬の公園に咲く黄色い花の樹木

山茶花と椿は、ガーデニングをしていない人でも知っているお花ですよね。

ここからは、ガーデニング初心者さん必見、
冬のお庭の見方が変わってくるお花をご紹介します。

さあ、空を見上げてください。

高い木の上の方にポチポチ黄色の花がついています。

roubai

これがロウバイ蝋梅)です
名前はあんまり聞いたことないかな?

よく見ると梅の花の様な形をしていますね。

★ 1月21・27日 誕生花 ロウバイ(蝋梅)
科名/属名ロウバイ科 / ロウバイ属
roubai
原産中国
学名Chimonanthus praecox
英名Winter sweet
別名唐梅
花言葉「慈愛」
開花時期12月中~2月
花色黄色
特徴香りが高い

春~秋の公園では地味な存在。
真冬の時期にだけ存在感を増す、ロウバイの花。

香りを感じて、上を見上げたらロウバイを見つけた!
寒さの中で灯りがともる心地がします。

公園のロウバイの花が満開の1月後半、梅はまだ1分咲きくらいでした。

早春を待つサンシュユの赤い実

黄色の小さい花といえばもうひとつ、サンシュユ(山茱萸)
早春、ぽよぽよした可愛い小花が咲く樹木です。

サンシュユ

真冬の今はこんな感じ。
赤い実が可愛いですよね。

枝の先をよーく見てみて!
ほんのり赤くなっている蕾が見えますよ。

枯れ木の様に見えていても、春の準備は進んでいるのです!

★2月14日 誕生花 サンシュユ(山茱萸)
科名/属名ミズキ科 / サンシュユ属
原産中国・朝鮮半島
学名Cornus officinalis
別名ハルコガネバナ
アキサンゴ
ヤマグミ
英名Japanese cornel
花言葉「持続」・「耐久」
開花時期3~4月上旬
花色黄色
特徴薬用植物

サンシュユの開花時期は3月~4月上旬。

桜の季節に先駆けて咲く早春のお花です。

真冬の公園花さんぽ


撮影者:スミレ

これまで春・夏・秋と季節の花さんぽを楽しんできました。
冬の花さんぽのポイントは、花壇だけではなく樹木に注目!

山茶花・椿・ロウバイ・梅・サンシュユ。
(おおよその観られる順番です。)

今回はお花初心者さんには馴染みの薄い、
香り高い
ロウバイ、春の準備中のサンシュユをピックアップしました。
どちらも樹木、小さな黄色いお花が可愛いですよ。

枯れ木と見えた花から感じる春の気配。
植物は生きている、季節はめぐることを肌身に感じる冬さんぽです。

真冬の公園花さんぽ

  • 真冬に咲いている代表的な花:山茶花・椿
  • 真冬に咲いている樹木:ロウバイ
  • 早春に咲く準備の樹木:サンシュユ
この記事では、花さんぽ初心者さんに向けて、真冬の公園さんぽの見所をお伝えしました。
冬の公園から春の兆しを感じて見て来てね!
「鏡花水月★花つむぎ」では、花の別名の由来・花言葉・初心者でもできる鉢植えの育て方、花さんぽのスポットまでをご紹介しています。
またお立ち寄りくださると嬉しいです。

タイトルとURLをコピーしました