山茶花(さざんか)と椿(ツバキ)の花の香りの違いと簡単な見分け方

スポンサーリンク
似ている花の見分け方

椿(ツバキ)と山茶花(サザンカ)はよく間違えられますよね。

育ちやすい地域の特色があるんですよ。

「雨の陰」という言葉を聞いたことはありますか?

雨雲が丘や山に囲まれて雨が降らない地域のことです。

湿った気候に適しているのはツバキ、アジサイ、モクレン、シャクナゲ

逆に雨の陰では育ちにくいのがサザンカです。
サザンカは湿潤な地域によく見られます。

モモ先輩
モモ先輩

地域特性で山茶花(サザンカ)と椿(ツバキ)を見分けるのは至難の業。

スミレちゃん
スミレちゃん

もう少しわかりやすい見分け方はありませんか?

この記事では、山茶花(サザンカ)と椿(ツバキ)の特徴を見分け方をご紹介していきます。

山茶花(サザンカ)と椿(ツバキ)の簡単な見分け方

  • 山茶花は晩秋の花だけではなくなった!
  • 椿(ツバキ)の香りを聴こう!
  • 山茶花(サザンカ)と椿(ツバキ)の見分け方まとめ
スポンサーリンク

山茶花(サザンカ)は晩秋・冬・春の花へ変化中!

サザンカ
学名:Camellia sasanqua(カメリア サザンカ)
ツバキ科/ツバキ属

晩秋から冬にかけての垣根を彩る山茶花(サザンカ)。

”さざんか、さざんか、咲いた道~♪”

昔から生垣によく植栽されている低木ですね。

花の形も香りも椿によく似ているんですよ。

スミレちゃん
スミレちゃん

近寄ってどっちかな~と確かめています。

野生の山茶花は10~12月の晩秋の花。

ということで椿と見分けが付きます。

モモ先輩
モモ先輩

昔は咲いている季節で
はっきり山茶花とわかったのよ。

ところが、現在の山茶花は園芸種も増えています。

  • 11~3月(カンツバキ系)
  • 12~4月(ハルサザンカ系)

咲いている時期で、山茶花(サザンカ)と椿(ツバキ)を区別するのは難しくなっています。

椿(ツバキ)の香りを聴いてみる!

ヤブツバキ
学名:Camellia japonica(カメリア ジャポニカ)
ツバキ科/ツバキ属

椿の見頃は「寒椿」と呼ばれる冬~初春です。

濃い緑色の厚い葉っぱに艶やかな椿(ツバキ)の花は、冬景色に映えますよね。
お庭の木としても人気のお花です。

椿(ツバキ)も山茶花(サザンカ)と同じく日本原産のお花です。

野生の椿(ツバキ)は赤紫色をしています。
おしべが繋がっていて筒状の白色が特徴です。

果実は直径2センチほどで熟すと割れます。

スミレちゃん
スミレちゃん

椿油のもとですね。

椿の品種は800種類以上もあります。

トータルで11~4月頃まで咲いているんですよ。

モモ先輩
モモ先輩

椿(ツバキ)は冬のお花とは言い難くなりました。

椿(ツバキ)の花の目に見える特徴とは?

1.花の真ん中を見る


花芯に注目!

椿(ツバキ)のお花の特徴は花芯がまとまっているところです。

これが一番大きな椿の特徴です。


山茶花

山茶花の花芯はまとまっていないこともあって
椿より立体的ではありません。

モモ先輩
モモ先輩

横広がりに薄くみえるかな。

2.花の散った地面を見る

スミレちゃん
スミレちゃん

お花を見ても迷ったら?

咲いているお花よりわかりやすい場所は?

木の下を見ること!
落ちている花の形を観察するのです。

椿(ツバキ)はお花が丸ごと落ちています

花びらを散らさずに花の形のままで。

ツバキ
撮影者:スミレ
落ちたツバキの花

昔の武士が椿(ツバキ)を気にしたという話は有名ですよね。
これは明治以降後から作られた話だそうですよ。

<ちょっと耳より情報>

椿(ツバキ)の花粉は、虫ではなく鳥が運びます。
鳥につつかれても大丈夫なように、
椿(ツバキ)の根本はしっかりとしたガクでおおわれているのです。

モモ先輩
モモ先輩

ガクの重みで全体がまとまって落ちるの。

対して、山茶花は花びらを散らすように落ちています。


山茶花
花びらが散った様子

2.葉っぱを見る

スミレちゃん
スミレちゃん

お花を見てもまだ迷っていたら?

椿の葉っぱの特徴は深い緑で肉厚なこと。
これもわかりやすい特徴です。

ヤブツバキ

山茶花の葉っぱの特徴です。
椿より小さめで縁のギザギザがはっきりしています。
小さな見分けるポイントですね。

モモ先輩
モモ先輩

葉っぱのギザギザのことを鋸歯(きょし)と言うよ。

椿(ツバキ)と山茶花(サザンカ)の目には見えない見分け方?

ここでちょっと面白い、ふたつの花の見分け方をご紹介しましょう。

椿(ツバキ)と山茶花(サザンカ)の見分け方。
香りを聴く”ことでもわかるのです。

スミレちゃん
スミレちゃん

目には見えない見分け方ですね!


左ツバキ 右サザンカ
(花芯にも注目)

椿(ツバキ)の花の香りは、山茶花(サザンカ)よりも微かな香りです。

ツツジのようなもの、ジンチョウゲのような香りがするものがあります。

モモ先輩
モモ先輩

甘くさわやかなリナロールの成分です。

それに対し山茶花(サザンカ)の香りは、新鮮なグリーンノートの香り。

 

モモ先輩
モモ先輩

山茶花(サザンカ)特有のアセトフェノンが主成分です。

”香りを聴く”という言葉は植物の専門家たちに教えてもらった言葉です。

詩的な言葉ですよね。

山茶花(サザンカ)と椿(ツバキ)の見分け方まとめ

★ 山茶花(サザンカ)と椿(ツバキ)の簡単な見分け方
花名山茶花(サザンカ)
サザンカ
椿(ツバキ)
ヤブツバキ
科名/属名ツバキ科 / ツバキ属ツバキ科 / ツバキ属
原産日本日本
開花時期10~12月(晩秋の花)
園芸種は10~4月
11~4月(冬の花)
園芸種は11~4月
花色白・ピンク・赤赤・白・ピンク
香り甘く爽やか
グリーンノート系
微香
リナロール成分
特徴秋~開花する
華やかな香り
花びらが散る
葉っぱの色が濃い
大きく肉厚な葉っぱ
花芯がまとまっている
幹が白くて滑らか
花ごと落ちる

山茶花も椿も園芸種の開花時期はほとんど同じになります。

一番わかりやすい違いは花の落ち方です。

  • サザンカは花びらがハラハラと落ちる
  • 椿は花全体がポトリと落ちる

花がまだ落ちていなかったら、幹と葉っぱの色の違いで見分けましょう。

この記事では、山茶花(サザンカ)と椿(ツバキ)の簡単な見分け方についてお伝え致しました。

<あわせて読みたい♪>

【四季別一覧】似ている花の違いと見分け方

【四季別一覧】似ている花の違いと見分け方
「鏡花水月★花つむぎ」では身近なお花で姿形が似ている花、 名前を混同しやすいお花を取り上げてきました。 この記事では道端や公園など身近なお花の見分け方をスッキリ解決。 似ているお花をワンポイントで見分ける方法をまとめて一覧にしています。 お花初心者さんが花さんぽにお出かけする時にご活用いただけると嬉しいです。

彼岸花にそっくりな花|赤やピンクの花の名前は?

彼岸花にそっくりな花|赤やピンクの花の名前と見分け方
真夏に咲いている彼岸花にそっくりなピンクの花は夏水仙です。 彼岸花が咲きそうな場所に咲いています。 秋に咲く彼岸花にそっくりな赤い花は園芸種ネリネです。

「鏡花水月★花つむぎ」では、花の別名の由来・花言葉・初心者でもできる鉢植えの育て方、花さんぽのスポットまでをご紹介しています。
またお立ち寄りくださると嬉しいです。

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました