日々草と百日草|似た花の名前の由来と別名

ジニア似ている花の見分け方

お散歩中に出会ったお花の名前がわかったら、お散歩の楽しみが2倍3倍に広がりますね。

見た目で似ていて間違いやすいお花は仕方ないとして、
名前が似ていて見た目が全然違うお花なら先に覚えられるかも?

この記事では、初夏~秋まで咲いている花で似ている名前のお花を解説します。

似た名前のお花を一緒に覚えよう

  • 日々草(ニチニチソウ) 名前の由来と別名
  • 百日草(ヒャクニチソウ)名前の由来と別名
  • 日々草と百日草の比較まとめ
スポンサーリンク

日々草の名前の由来と別名

日々草(ニチニチソウ)の名前の由来は、毎日新しい花を咲き続けることから。

撮影者:スミレ

★ 日々草(ニチニチソウ)7月16日誕生花
科名/
属名
キョウチクトウ科
ニチニチソウ属
原産熱帯地方
学名Catharanthus roseus
別名ビンカ
開花5月~11月
花色白・赤,ピンク,紫
花言葉「若い友情・楽しい記憶」

日々草はガーデニング1年目から取り入れたお花です。

最初は園芸用品店に行くまでもなく、ホームセンターで購入していました。
その位身近なよく見かけるお花なんですね。

なんたって育てやすい。
毎日お花が咲くのが、初心者にはホント励みになります。
花の時期も長く、初夏から咲き始めて11月位まで毎日咲いていましたよ。

熱帯原産で暑さに強いお花。
日本には江戸時代に伝わった様です。

時々液肥を入れるぐらいで、ほとんどほったらかしで大丈夫でした。

長い間楽しませてくれた日々草。
ありがとう!大満足でした。

翌年の春、一回り大きくなって花を付けてくれたのにはビックリ。

日本の寒さが難しいので1年草扱いにされています。
強いものが冬を越して翌年も花を咲かせてくれたのですね。

タイトルとURLをコピーしました