日々草と百日草|似ている花の名前の由来と別名

スポンサーリンク
ニチニチソウとヒャクニチソウ似ている花の見分け方

お散歩中に出会ったお花の名前がわかったら、お散歩の楽しみが2倍3倍に広がりますね。

見た目で似ていて間違いやすいお花は仕方ないとしましょう。
名前が似ていて見た目が全然違うお花なら先に覚えておけるかも。

この記事では、初夏~秋まで長い期間咲いているお花の日々草(ニチニチチソウ)と百日草(ヒャクニチソウ)、
似ている名前のお花を初心者さんにもわかりやすく
解説します。

似た名前のお花を一緒に覚えよう

  • 日々草(ニチニチソウ):名前の由来と別名
  • 百日草(ヒャクニチソウ):名前の由来と別名
  • 日々草と百日草の比較まとめ
スポンサーリンク

日々草の名前の由来と別名について


撮影者:スミレ
キョウチクトウ科/ニチニチソウ属
ニチニチソウ

日々草(ニチニチソウ)の名前の由来は、毎日新しい花を咲き続けることから。

スミレちゃん
スミレちゃん

ベランダガーデニングを続ける

自信を持たせてくれたお花なの。

★ 日々草(ニチニチソウ)7月16日 誕生花
科名/属名キョウチクトウ科/ニチニチソウ属
ニチニチソウ
原産熱帯地方
学名Catharanthus roseus
英名periwinkle
別名ビンカ (本来は蔓日々草のこと 蔓日々草の記事を参照してね)
花言葉「若い友情」「楽しい記憶」
開花時期5月~11月
花色白・赤,ピンク,紫
特徴・品種が多く選ぶのが楽しい
・開花が長い
・丈夫で初心者向き

日々草はガーデニング1年目から取り入れたお花です。

スミレちゃん
スミレちゃん

最初は園芸用品店に行くまでもなく
ホームセンターで購入していました。

そのぐらい身近などこでも見かけるお花です。

日々草の大きな特徴は育てやすいこと。

毎日お花が咲くのが楽しい♪
お花初心者さんには励みになるのでイチ押しの花です。

日々草は花の時期も長いのが特徴です。

スミレちゃん
スミレちゃん

初夏から咲き始めて
11月位まで毎日咲いていましたよ。

熱帯原産で暑さに強いお花の日々草。
日本には江戸時代に伝わった様ですね。

時々液肥を入れるぐらいで、ほとんどほったらかしで大丈夫でした。

長い間楽しませてくれた日々草。
ありがとう!大満足でした。

翌年の春、一回り大きくなって花を付けてくれたのにはビックリ。

本来の日々草は多年草。
原産地で毎年どんどん大きくなっていく植物です。

日本では寒さが難しいので1年草扱いになっています。

強い日々草は日本の冬を越して翌年も花を咲かせることも。

モモ先輩
モモ先輩

室内に鉢を置くと冬越し成功しやすいよ。
気楽な気持ちでトライしてみてください。

百日草(ヒャクニチソウ)の名前の由来と別名


撮影者:スミレ
キク科/ヒャクニチソウ属
ヒャクニチソウ

百日草(ヒャクニチソウ)の名前の由来は、夏季が長く次々と花が咲くことから。

開花期間は初夏~晩秋までと長いです。

 

スミレちゃん
スミレちゃん

咲き始めたら約100日間は楽しめるお花

ということですね♪

★ 百日草(ヒャクニチソウ)8日6日 誕生花
科名/属名キク科/ヒャクニチソウ属
原産メキシコ
学名Zinnia (ジニア)
英名youth-and-age(老いも若きも)
別名浦島草 長久草
花言葉「不在の友を思う」
開花時期5~11月
花色白,赤,ピンク,オレンジ,黄,緑
特徴・品種が多く選ぶのが楽しい
・開花が長い
・暑さに強く真夏の花壇に最適

日々草と同様真夏の花です。

こちらは1年草

「ジニア」という名前でも販売されています。
学名からきている別名なんですね。

昔からの百日草とジニアは同じお花。

どちらの名前で呼んでいますか?

花色がカラフルで、変わったところではライトグリーンや2食咲きも。
外側から開いていき、真ん中がリング状(筒状花)になっています。

スミレちゃん
スミレちゃん

小さいけれどダリアに似ているなあと思っていました。

モモ先輩
モモ先輩

百日草の花の咲き方に「ダリア咲き」あるから
そう感じたのね!

暑さと乾燥に強い百日草。
夏の花壇のメインにふさわしいお花です。

また、お盆の仏壇の供花としても定番のお花ですね。

 

日々草と百日草の比較まとめ

日々草と百日草の共通点です。

  • 開花時期が同じ頃で長い。(5月~11月)
  • 丈夫な夏の花。

日々草と百日草は、名前は似ていても見た目は全然違います。

スミレちゃん
スミレちゃん

一度見分けたらもう間違えない種類のお花です。
これでもう安心ですね。

この記事では、初夏~秋まで長い期間咲いているお花の日々草(ニチニチチソウ)と百日草(ヒャクニチソウ)、似ている名前のお花を初心者さんにもわかりやすく解説しました。

★ 似た名前のお花 日々草と百日草
花名
日々草(ニチニチソウ)
(誕生花:7月16日)
日々草
百日草(ヒャクニチソウ)
(誕生花:8月6日)
ヒャクニチソウ
科名/属名キョウチクトウ科/ニチニチソウ属キク科/ヒャクニチソウ属
原産熱帯地方メキシコ
学名Catharanthus roseus Zinnia (ジニア)
英名periwinkleyouth-and-age(老いも若きも)
別名ビンカ浦島草 長久草
花言葉「若い友情」「楽しい記憶」「不在の友を思う」
開花時期5~11月
花色赤・白・黄・ピンクなど白,赤,黄,緑,ピンク,オレンジ,
特徴毎日花が咲く
(ひとつの花は1~3日)
・5枚の花びら
長く花が咲く
・筒状花
・カラフルな花色

日々草、百日草の同じ夏の頃の花で、千日紅という花もあります。
お名前が紛らわしいけれど、見た目は全然違います。

また、日々草に似ている蔓日々草もよく見かけるお花ですね。

スミレちゃん
スミレちゃん

この際一緒に覚えてしまいましょう♪

<あわせて読みたい♪>

 日々草(ニチニチソウ)と蔓日々草(ツルニチニチソウ)|名前の由来・別名・違いとは?

蔓日々草(ツルニチニチソウ)の花言葉と名前の由来に通じるもの
常緑で青紫の花が咲く蔓日々草(ツルニチニチソウ)は、街のあちらこちらで目につきます。 黄色が多い春のお花の中で存在感を放つ、青味がかった紫色のお花と光沢ある緑の葉っぱ。 こんなに綺麗なのに、空き地に雑草の様に生えているのが不思議...

* センニチコウ(千日紅)|アザミ色の千日間咲く花、別名は千日草

センニチコウ(千日紅)|アザミ色した千日間咲く花の名前の由来と別名
植物には似ても似つかぬ見た目なのに、名前で迷うお花があります。 真夏の草花の例でいえば日々草と百日草。 花壇で寄せ植えされることも多いですね。 小さな可愛らしい園芸品種です。 ガーデニング1年生の頃、日々草と百日草はどっ...

* 桔梗(キキョウ)と竜胆(リンドウ)を簡単に見分ける方法

桔梗(キキョウ)と竜胆(リンドウ)を簡単に見分ける方法
桔梗と竜胆とトルコ桔梗の見分け方。 トルコ桔梗はリンドウ科なんです。

 【日々草の育て方】初めてのガーデニングにおすすめな植物

【日々草の育て方】初めてのガーデニングにおすすめな植物
ガーデニングを始める時は、長く続く趣味になればと思いますよね。 長続きするコツって何でしょうか? ひとつには好きなお花を選ぶこと。 モチベーション高く育てていくことができます。 そして、ガーデニングは自然が相手。 好き...

「鏡花水月★花つむぎ」では、植物の豆知識から花言葉、初心者でもできる鉢植えの育て方、花さんぽのスポットなどをご紹介しています。
また、お立ち寄りくださると嬉しいです。

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました