センニチコウ(千日紅)|アザミ色の千日間咲く花、別名は千日草

スポンサーリンク
センニチコウ似ている花の見分け方

植物には似ても似つかぬ見た目なのに、名前で迷うお花があります。

真夏の草花の例でいえば日々草と百日草

花壇で寄せ植えされることも多いですね。
小さな可愛らしい園芸品種です。

ガーデニング1年生の頃、日々草と百日草はどっちがどっち?と迷いました。

今となっては笑い話のようなものですけれど。
ホント、わからないものなんですよ。

スミレちゃん
スミレちゃん

同じ頃、千日草もあったよね?
と迷っていましたね

センニチソウ(千日草)はセンニチコウ(千日紅)の別名です。

この記事では、センニチコウ(千日紅)の特徴、あわせて名前の由来と別名、
花言葉をご紹介していきますね。

・日々草(ニチニチソウ)
・百日草(ヒャクニチソウ)
・百日紅(サスルベリ)

との区別もつけてスッキリさせてしましょう!

センニチコウ(千日紅)の名前の由来と花言葉

  • センニチコウ(千日紅)の特徴:お盆花やドライフラワーにも適している
  • センニチコウ(千日紅)の名前の由来:開花の長さから 形からきた別名も
  • センニチコウ(千日紅)の花言葉:開花の長さから「色あせぬ愛」
スポンサーリンク

センニチコウ(千日紅)|お盆の花や夏のアレンジメントで大活躍

  
撮影者:スミレ
センニチコウ
ヒユ科 / センニチコウ属

センニチコウは熱帯原産。
日本の夏の暑さや乾燥にもへたれない草花です。

お盆のお花
フラワーアレンジメント、果てはドライフラワーまで
開花時期が長いので色々使われいます。

センニチコウでよく見かけるのは、アザミの色にも似た赤紫
お花の形が丸いのでアザミとは間違えないと思いますが。

ローズネオンという品種です。

スミレちゃん
スミレちゃん

アザミ色と言いたくなっちゃう

花の色はその他にも、紫・ピンク・白・赤・黄色があります。
色々園芸品種が出ている人気の草花です。

夏の花壇におすすめのセンニチコウ(千日紅)は、初心者さんでも比較的育てやすいですよ。

5月に種をまいて10月頃までずっと楽しむことができます。

モモ先輩
モモ先輩

花びらに見える丸い形は
厳密には苞(ほう)と言います

スミレちゃん
スミレちゃん

小さな丸い形がカワイイ!

センニチコウ(千日紅)の特徴

● 開花期が長い(5~10月)

● 夏の暑さや乾燥に強い

● 花びらに見える苞(ほう)を楽しむ草花

センニチコウ(千日紅)名前の由来と花言葉

センニチコウ
撮影者:スミレ
センニチコウ
ヒユ科 / センニチコウ属

センニチコウ(千日紅)名前の由来|開花の長さから

センニチコウ(千日紅)の名前の由来は、漢字を見ると想像できますよね。

● 100日咲くから百日紅(サルスベリ)
  ヒャクジツコウの別名あり

● もっと長く咲くから千日紅(センニチコウ)
  センニチソウの別名も

スミレちゃん
スミレちゃん

そのままですね

センニチコウ(千日紅)の開花期間は5~10月です。

1000日咲くとまでは行きませんが、約180日(半年間)咲き続けるのです。
センニチコウ(千日紅)の開花期は群をぬいていますよね。

センニチコウ(千日紅)の名前の由来

開花時期が長いお花だから(約半年間)

お線香に「マイニチコウ(毎日香)」というものがあるからでしょうか。
私は「センニチコウ」という名前の音を聞いたとき、お盆のイメージがしました。

センニチコウ(千日紅)は、切り花にしても色があせずに長持ちするお花。
実際にお仏壇のお花に使われているのだそうです。

<ちょっと耳より情報>

センニチコウ(千日紅)はほのかにいい香りがします。
意外とご存じない方が多いので、見つけたら近寄って香りをかいでみてね。

モモ先輩
モモ先輩

お盆花にもオススメよ

スミレちゃん
スミレちゃん

ドライフラワーも綺麗な色が長く楽しめていいですね

センニチコウ(千日紅)名前の別名

センイチコウ
撮影者:スミレ
千日紅と百日草の寄せ植え
赤紫は千日紅。黄色・オレンジ・白は百日草。

センニチコウ(千日紅)にはいくつか別名があります。

センニチコウ(千日紅)の別名

● センニチソウ(千日草)
● ダルマグサ(達磨草)
● テマリグサ(手毬草)  

よく使われるのは千日草。

千日草と呼ぶ人がいても間違いではありません。
慌てて指摘しないでね。

モモ先輩
モモ先輩

本名は千日紅
別名が千日草かな

夏の花壇で人気のお花となったセンニチコウ(千日紅)
園芸種は約100種類ほどにも増えました。

大きくは花の色で赤紫・紫・ピンク・赤・白系。
黄花系のふたつに分かれています。

アザミ色はローズネオンの品種です。

園芸種キバナセンニチコウ系の方が草丈が高いです。

スミレちゃん
スミレちゃん

どの品種を選んでも大丈夫
初心者さんにも育てやすい草花です

 

センニチコウ(千日紅)の花言葉|長く楽しめるところから


撮影者:スミレ
千日紅と百日草の寄せ植え
赤紫は千日紅。黄色・オレンジは百日草。

センニチコウ(千日紅)の一番の特徴は開花期間。

名前の由来も花言葉も同じく、長く花を楽しめるところからきています。

センニチコウ(千日紅)の花言葉です。

「色あせぬ愛」「不朽」

モモ先輩
モモ先輩

お庭のお花を切り花にしたら長持ち
ドライフラワーのアレンジメントもできる
プレゼントにピッタリのお花よ




センニチコウ(千日紅)|名前の由来と別名、花言葉のまとめ

センニチコウ(千日紅)は夏花壇の中心となる、初心者にも育てやすい草花です。

・日々草(ニチニチソウ)
・百日草(ヒャクニチソウ)
・百日紅(サスルベリ)
・千日紅(センニチコウ)

名前は似ていますが、姿形は全然違います。
最後にお写真を載せておきますね。

日々草百日草百日紅千日紅
日々草ジニアセンニチコウ
スミレちゃん
スミレちゃん

一度覚えたらもう大丈夫

この記事では、センニチコウ(千日紅)の特徴、名前の由来と別名、花言葉をご紹介致しました。

センニチコウ(千日紅)の名前の由来と花言葉

  • センニチコウ(千日紅)の特徴:お盆花やドライフラワーにも適している
  • センニチコウ(千日紅)の名前の由来:開花の長さから 形からきた別名も
  • センニチコウ(千日紅)の花言葉:開花の長さから「色あせぬ愛」
★ センニチコウ(千日紅) 8/20 誕生花
科名/属名ヒユ科 / センニチコウ属
センニチコウ
原産熱帯地方
学名Gomphrena
英名Globe Amaranth
別名センニチソウ(千日草)
ダルマグサ(達磨草)
テマリグサ(手毬草)
花言葉「色あせぬ愛」「不朽」
開花時期5~11月
花色赤紫・紫・赤・ピンク・白・黄
特徴開花期が長い
香りあり

夏の花壇の草花にも色々ありますね。

あなたが公園で気になった草花は何ですか?

<あわせて読みたい♪>

日々草と百日草の違い

日々草と百日草|似た花の名前の由来と別名
お散歩中に出会ったお花の名前がわかったら、お散歩の楽しみが2倍3倍に広がりますね。 見た目で似ていて間違いやすいお花は仕方ないとして、 名前が似ていて見た目が全然違うお花なら先に覚えられるかも? この記事では、初夏~秋まで咲い...

真夏の街路樹|百日紅は何と読む?名前の由来と花言葉の伝説

真夏の街路樹|百日紅は何と読む?名前の由来と花言葉の伝説
真夏の暑さを表現しているような赤や濃いピンクの花。 濃い緑色の葉っぱで幹に特徴がある街路樹。 この樹木の名前を聞いたことがないという人は珍しいと思います。 古くからある、有名な花の樹の名前はなんでしょうか? 書物では「百...

「鏡花水月★花つむぎ」では、花の別名の由来・花言葉・初心者でもできる鉢植えの育て方、花さんぽのスポットまでをご紹介しています。
またお立ち寄りくださると嬉しいです。

タイトルとURLをコピーしました