蓮(ハス)|名前の由来と花言葉の物語

スポンサーリンク
蓮名前の由来と花言葉

蓮(ハス)は沼の様な場所で育ち清浄な花を咲かせます。

”ハスは泥より出でて泥に染まらず”
ということわざを思い出しますね。

どんな環境であって乗り越えて花を咲かせる。

そんな願いを込めて「蓮」の文字を入れて、名付ける親御さんもいらっしゃるようです。

この記事では、蓮(ハス)の名前の由来や別名、花言葉についてご紹介していきますね。

蓮(ハス)の名前の由来と花言葉

  • 蓮(ハス)の名前の由来と別名
  • 蓮(ハス)の特徴
  • 蓮(ハス)が象徴するものと花言葉
スポンサーリンク

蓮(ハス)の名前の由来と別名


撮影者:スミレ

蓮(ハス)の花の中央にある花托(かたく)がハチの巣に似ているからハチス。
転じてハスというのが名前の由来です。

綺麗な別名を持つ花ですね。

蓮(ハス)の別名

  • スイフイヨウ(水芙蓉)
  • フゴイセン(不語仙)
  • イケミグサ(池見草)

日本では古事記の時代から記載が見られ、万葉集にも蓮(ハス)の歌は4種あるそうです。

色はシンプルでピンクと白はほとんど。

蓮(ハス)の花には強い芳香性があります。

スミレちゃん
スミレちゃん

特徴的な形の方に注目していて

香りがあるのは知りませんでした。

モモ先輩
モモ先輩

ハス池に行ったらできるだけ
近くで香りをかいでみてね。

蓮(ハス)の特徴|すべてが役に立つ植物

ハス
撮影者:スミレ

よく睡蓮(スイレン)と間違えられる蓮(ハス)。

蓮(ハス)の花の特徴は、水面から高く花茎を立てて開花するところ。

モモ先輩
モモ先輩

睡蓮は水面の上に咲くので区別できるよ。


撮影者:スミレ
睡蓮

>関連記事 蓮(ハス)と睡蓮(スイレン)の違いを簡単に見分ける方法

蓮(ハス)の花は朝早く開き午後3時頃には閉じてしまいます。

開花を3日間繰り返し4日目に花びらが散るのです。
短い命からきた花言葉も多いですね。

 

<ちょっと耳より情報>

蓮(ハス)の特徴で「鏡花水月★花つむぎ」管理人が好きなところは、全てが食用になるということ。

スミレちゃん
スミレちゃん

花も団子も♪な植物なのです。

泥の中にあるはふくらんで蓮根になります。

蓮根

花・葉・茎・種子
も食用に。

蓮の葉で包んで蒸した荷葉飯カヨウハン)もありましたね。

花は美しく全てが食用になって健康の手助けにもなるのです。
蓮(ハス)とはなんとありがたい植物なのでしょうか。

蓮が象徴するもの「神聖」

ハス
撮影者:スミレ

日本で蓮(ハス)は平安時代以降、仏教の象徴になってきました。
今でも日本と中国で、蓮(ハス)とは神聖なものの象徴です。

他の国ではどうでしょうか?

蓮(ハス)のイメージ

  • インド仏教:仏陀の生誕を告げて花が開いた
  • 中国仏教:西国浄土には蓮(ハス)の咲く池がある
  • ユダヤ教:モーゼのゆりかご
  • ヒンドゥー教:藍の女神ラクシュミーはその上に座る
  • エジプト:太陽神オリシスの花
スミレちゃん
スミレちゃん

神聖なお花というのが共通点なのですね。

また、蓮(ハス)はインド・スリランカ・タイの国花(その国の象徴とされる花)でもあります。

 

蓮(ハス)の花言葉とお釈迦さまの言い伝え


撮影者:スミレ

蓮(ハス)の花言葉
【清らかな心・神聖・離れ行く愛・遠ざかった愛・雄弁】

仏教の言い伝えです。
お釈迦様が母のおなかに入った時に蓮(ハス)の花が咲き、
生まれた時には蓮の花の上にたったと言われています。

極楽浄土とは蓮(ハス)の花が咲いている所と考えられています。
それでお寺のお庭にハスがあるところが多いのです。

蓮(ハス)の花言葉は、神聖さと短い命を表現しているものがほとんどです。

その中でちょっと異色なのが「雄弁」の花言葉ですね。

モモ先輩
モモ先輩

エジプト太陽神オリシスは雄弁だった、
というところからきているよ。

蓮(ハス)の名前・特徴・花言葉まとめ

hasu

泥の中から生まれた蓮(ハス)の花はキリリと端正です。

この記事では、蓮(ハス)の名前の由来や別名、花言葉についてご紹介して致しました。

蓮(ハス)名前の由来と花言葉まとめ◆

  • 名前の由来:花托がハチの巣に似ているところから
  • 別名:水芙蓉・不語仙・池見草
  • 特徴:全ての部位が食用になる
  • 花言葉:清らかな心・神聖・離れ行く愛・遠ざかった愛・雄弁

蓮(ハス)の科名・属名・学名・別名をまとめました。

★ 蓮(ハス)
花名
ハス(誕生花:8月15日)
蓮
科名/属名スイレン科/ハス属
原産インド
学名Nelumbo nucifera(固い実を持つハスの意)
英名Lotus
別名スイフイヨウ(水芙蓉)
フゴイセン(不語仙)
イケミグサ(池見草)
花言葉「清らかな心」「神聖」
「離れ行く愛」「遠ざかった愛」
「雄弁」
開花時期
開花時間
6月上旬~8月上旬
午前~15時頃
花色白・黄・ピンク
特徴・水面から高い位置で咲く
・水面より伸びる葉多し
葉に光沢なし

観察に行かれる場合は午前中の早い時間がベストです。

関西で蓮(ハス)鑑賞にお薦めの場所は?

スミレちゃん
スミレちゃん

スミレ一押しの
草津水生植物園みずの森に行ってきてくださいね。

<あわせて読みたい♪>

草津市立水生植物園みずの森|蓮と睡蓮は午前中に行こう♪

草津市立水生植物園みずの森|蓮と睡蓮は午前中に行こう♪
梅雨が明けたら一気に真夏がやってきます。 春の桜・新緑の青もみじ・梅雨の紫陽花・・・。 楽しく花と緑のおさんぽしてきたのに、 これからはちょっと厳しい季節になりますよね。 夏の間、自然散策はお休みがベター? すぐに諦めない...

睡蓮(スイレン)名前の由来と花言葉の物語

睡蓮(スイレン)名前の由来と花言葉の物語
睡蓮は水生植物の代表格です。 スミレちゃん 長い間、夏の植物と思っていました。 実は睡蓮の原産地は温帯~熱帯に分布しています。 熱帯性・耐寒性の2種類の睡蓮があるので、通年で見ることができるの...

蓮(ハス)の種類と大賀ハス発見秘話ものがたり

蓮の種類と大賀ハス発見秘話ものがたり
蓮は花・葉・茎・地下茎と全部食べられる植物です。 蓮根は蓮の地下茎ですよね。 この記事では、蓮の種類とその歴史について、お花初心者さんにもわかりやすくお伝えしますね。 ◆蓮の種類◆ 蓮の種類 食...

「鏡花水月★花つむぎ」では、花の別名の由来・花言葉・初心者でもできる鉢植えの育て方、花さんぽのスポットなどをご紹介しています。
またお立ち寄りくださると嬉しいです。

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました