蓮の種類と大賀ハス発見秘話

植物トリビア

蓮は花・葉・茎・地下茎と全部食べられる植物です。
蓮根は蓮の地下茎ですよね。

● どんな蓮でも食用になるのでしょうか?

この記事では、蓮の種類とその歴史についてご案内致します。

今日のテーマ

  • 蓮の種類
  • 食用ハスの歴史
  • 花ハスの種類
  • 大賀ハス発見秘話
スポンサーリンク

蓮の種類は2種類

蓮は大きく2種類に分けられます。
花色が多いのがアメリカ産です。

  • 東洋産:花色は赤や白。食用になる。
  • アメリカ産:花色は赤・白・ピンク・黄色。鑑賞用。

日本在来種は非常食用だった?

蓮を見かける場所とはどこでしょう?

お寺の庭・公園の池・・・それにお城の堀。

実はお城の堀に咲いている蓮は、非常時の食料のために植えたもの。
蓮根は非常食。
ずいぶん実用的な理由だったんですね。

蓮の名前自体は古事記の時代から見られます。
地下茎はそれほど大きくない品種が、食用にされていました。

鎌倉時代に、大きな地下茎の品種が入ってきて、
食用として積極的に栽培される様になります。(在来種

また、明治以降に入ってきた品種を中国種と読んで区別しています。
食用としての栽培に適した品種です。

どちらにしても、東洋系のものが食用ハスということです。




花を楽しむ花ハス

アメリカ原産の花ハスの種類は多いです。
直径10センチ位の茶碗蓮~25センチ位の大型品種までありますよ。

  • 花びら:一重咲き20~25枚
    八重咲き50枚以上
  • 色:白・赤・黄色
  • 花茎:多頭蓮(1本の花茎にたくさんの花をつける)
    双頭蓮(ふたつ)~十二時蓮(12個の花)

アメリカ産のハスも、食べられるのでしょうか?
食用種とはされていないのですが、
ネイティブアメリカン達が食べていたという記録があります。

また、現在は食用ハス(在来種)の中に、
鑑賞用の花ハスとして育てられているものもあるようです。

タイトルとURLをコピーしました