草津市立水生植物園みずの森 蓮と睡蓮は午前中に

滋賀

梅雨が明けたら一気に真夏がやってきます。
春の桜・新緑の青もみじ・梅雨の紫陽花・・・。
楽しく花と緑のおさんぽしてきたのに、
これからはちょっと厳しい季節になりますよね。

夏の間、自然散策はお休みがベター?

すぐに諦めないで。
夏の自然との賢いふれあい方をお教えしましょう。

夏には水辺の植物観察がおすすめです。

見るだけでも涼しいですし、緑の木陰に入れば意外にクーラーより爽やか。

この記事では、「鏡花水月★はなつむぎ」管理人とっておき、
水生植物と会える場所にご案内します。

スポンサーリンク

草津市立水生植物園水の森の特徴

撮影者:スミレ

滋賀県といえば琵琶湖。
琵琶湖畔にある、草津市立水生植物園水の森。
ロケーションからして涼し気でしょう?

「植物と人、水と人のふれあい」がテーマの水生植物をメインとした、
全国でも珍しい植物園なんです。
草津市が管理していましたが、現在は近江鉄道ゆうグループに運営をゆだねられています。

このユニークな水生植物園水の森は、一度訪れたらリピーターになりたくなる。
応援したくなる様な魅力あふれる場所
なのです。




水生植物に特化した植物園の見どころ

撮影者:スミレ

草津水生植物園は、規模的にはそれほど大きくはありません。
歩いて見て回るだけなら、所要時間は1時間半ぐらいの可愛い植物園です。
園内の主な場所を説明しますね。

コミュニティ広場
入ってすぐのお花と噴水広場です。

ロータス館
テーマ館。館内には温室・レストランもあります。
温室内で熱帯性の睡蓮が通年見られます。

★花影の池
花かごと池の蓮のコラボレーション。
綺麗なウォーターガーデンです。

★スイレン池
見頃は6~7月、時間は午前中がベスト。
一面にピンク・白・赤の睡蓮が見事です。

秋の七草園
秋の七草(ハギ・ススキ・キキョウ・ナデシコ・クズ・フジバカマ・オミナエシ)
を予習しましょうか。

秋湿生花園
湿地の植物(ハナショウブ・スイショウ・ヤナギなど)あづまやでひと休み。

山の小路
琵琶湖が見え隠れするお散歩の小路。

丘の上の花園
珍しい草花がオシャレに植えられています。
写真を撮りたくなりますね。

草津市立水生植物園水の森を訪ねるなら、
夏の植物の代表、蓮を花影の池でスイレン池で睡蓮観察しましょう。
どちらも見頃時期を考えると7月中に行かれることをおすすめします。

草津市立水生植物園 夏に見頃を迎える植物

【睡蓮】(多くは6~7月)       【蓮】(6月下旬~8月)

撮影者:スミレ

>関連記事 蓮と睡蓮の違いを簡単に見分ける方法

草津市立水生植物園で見逃せない植物は蓮と睡蓮です。

蓮の品種は約60種類
6月下旬から咲き始め、8月下旬まで咲くものもあります。
ちょっと珍しい大賀ハスの見頃は例年7月上旬です。
池の間近で観察することができます。

睡蓮は約100種類
通年性のもとも6~7月が見頃のものがあります。
温室もあるので、冬に訪れても睡蓮を見ることができます。
でもやっぱり、夏の暑い盛りに屋外の池で咲いている睡蓮を見るのは、
季節感を感じられて楽しいです。

<蓮を睡蓮を見る時のポイント>

蓮や睡蓮は午後を過ぎると段々閉じていきます。
午前中の早い時間に見るのがおすすめ。
できるなら開園直後(9時~)の時間に行ってくださいね。

清浄な空気の中で、池一面に咲いた蓮や睡蓮を見ることができます。
初めて行った時にはそのボリュームに圧倒されました。

<同時期に見られる植物>

  • 紫陽花(6~7月)
  • 朝顔(7~8月)
  • アサザ(水生植物 6~9月)
  • オニバス(水生植物 8月~9月)
タイトルとURLをコピーしました