睡蓮(スイレン)名前の由来と花言葉の物語

睡蓮名前の由来と花言葉

睡蓮は水生植物の代表格です。
そのイメージから夏の植物だと長らく思っていました。

実は睡蓮の原産地は温帯~熱帯に分布しています。
熱帯性・耐寒性のものがあって通年見ることができるのです。

この記事では、睡蓮の名前の由来と別名、睡蓮の特徴、睡蓮が象徴するもについてご紹介していきますね。

睡蓮(スイレン)名前の由来と花言葉の物語

  • 睡蓮(スイレン)の名前の由来と別名
  • 睡蓮の分類と特徴
  • 睡蓮の象徴するものと花言葉
スポンサーリンク

睡蓮(スイレン)の名前の由来と別名

睡蓮

撮影者:スミレ

睡蓮(スイレン)の科名・属名・学名・和名・英名をまとめました。

★ 睡蓮(スイレン) 8月8日誕生花
科名
属名
スイレン科/スイレン属
学名Nymphaea(ニンフアイエア)
ギリシャ神話の水の精から
和名ヒツジグサ
英名water Lily
開花5~9月(最盛期7月)通年性のものあり
形態赤~ピンク
オレンジ~黄
青~紫 (以上、主に外国原産)
白(主に日本原産)

睡蓮は朝に開いて夕に閉じることから、
日本では
ヒツジグサ(未の刻 午後2時に閉じる)
と呼ばれていました。

夕方には睡眠する蓮ということで、睡蓮となったようです。
文字そのものが由来を意味していたのですね。




睡蓮(スイレン)の特徴と分類

撮影者:スミレ

睡蓮には、約40種類の品種があります。
品種は大きく分けるとふたつ、その中でまたふたつに分かれます。

  • 熱帯性ー夜咲き系と昼咲き系
  • 耐寒性ー大型系と小型系

夜咲きの開花時間は、日没後から翌朝10時頃まで。
朝早起きすると、夜咲きと昼咲を同時に見ることができます。
この点からも、睡蓮を見に行く時は午前の早い時間がおすすめなのです。

葉も花も水面に浮かんだまま。
花には匂いがないのが特徴です。

花色は日本産は基本的に白
西洋産のものは、色彩変化がカラフルで、花も大きいことが挙げられます。

タイトルとURLをコピーしました