オミナエシ(女郎花)の名前の由来と花言葉の伝説

ominaesi名前の由来と花言葉

秋の七草のひとつ、オミナエシは漢字では「女郎花」と書きます。

実物を知る前に文字で知ったなら、読みにくい部類の花ですよね。

● 実際のオミナエシはどんな花か見てみたい

● オミナエシはいつどこで見られるのかな?

オミナエシ(女郎花)は、田んぼの土手や野山に行かなくても大丈夫。

開花時期も6~9月と長いです。
出会うのは難しいことではありません。

スミレちゃん
スミレちゃん

私は公園で見つけました

オミナエシは黄色の小さな花です。

ふわふわぽやぽやした優しい感じの花ですよ。

モモ先輩
モモ先輩

匂いはビックリするかも

オミナエシは、どうして「女郎花」という漢字が使われているのでしょう。
名前にはどんな由来があるのでしょうか。

この記事では、秋の七草のオミナエシ(女郎花)の花について、
名前の由来・別名・花言葉の伝説についてもご紹介していきますね。

オミナエシ(女郎花)の名前の由来と別名・花言葉

  • オミナエシは秋の七草のひとつ
  • 女郎花の漢字と名前の由来と花言葉の伝説
  • 楚々とした花の独特の匂い
スポンサーリンク

オミナエシ(女郎花)|秋の七草のひとつ


撮影者:スミレ
スイカズラ科 / オミナエシ属
オミナエシ(女郎花)・多年草

女郎花(オミナエシ)が秋の七草に入っていたことを知っていましたか?
萩や桔梗に比べると知名度は低めですね。

女郎花(オミナエシ)は、山上憶良の詠んだ秋の七草の歌で5番目に出てくるお花です。

秋の野に咲きたる花を指折りかき数ふれば七種の花

萩の花尾花葛花瞿麦の花女郎花また藤袴朝貌の花

(万葉集巻8より 山上憶良)

山上憶良の歌のおかげで、オミナエシの名前だけは私も聞き覚えがありました。

同時に、探そうと意識するまで気づかない野草でもあったんです。

オミナエシ、実は6月~10月上旬ぐらいまでは見ることができるでしょう。

>関連記事 秋の七草の名前の覚え方と選ばれた理由

女郎花|漢字の読み方と名前の由来


撮影者:スミレ

女郎花(オミナエシ)の名前の由来はふたつあります。

王道説は、小さな黄色のお花が粟粒に似ているところから。
粟飯(あわめし)の別名、女飯(おみなえし)が変化したとも言われています。

もうひとつの説。

オミナエシのヘシは圧しを意味します。
花の可愛らしさは人間の美女も圧倒するぐらいという説もありました。

「女郎」の漢字が女性を意味する言葉になったのは、平安時代になってからです。
貴族の女性(高貴な女性)を表す言葉が「女郎」でした。

オミナエシの茎はすっきり細く上に伸びていきます。
草丈は約15~20センチ位にまで成長します。

その先端に小さな黄色のお花がたくさんつく様が愛らしいのです。

女郎花(オミナエシ)の名前の由来

● 小さな黄色のお花が粟粒に似ているから
粟飯⇒女飯に変化

● 花の美しさが圧倒的だから
ヘシは圧しの意味

たおやかで可愛らしい女性をイメージして、女郎花(オミナエシ)と呼んだのでしょうね。

オミナエシの謡曲の伝説と花言葉


撮影者:スミレ

「藻塩草」(室町時代の歌語辞書)には、オミナエシ(女郎花)の物語があります。

◆オミナエシの伝説◆

平城天皇の時代の頃、近江の国に小野頼風(おのよりかぜ)という人がいました。
都で美しい女の元に通っていましたが、女を捨てて近江の国に帰ってしまいました。

女は男を信じて近江の八幡に訪ねていきます。
頼風について尋ねると、頼風の最近娶った女房の元へ行くのかと問われました。

この言葉に絶望した女は、山吹の衣を脱ぎ捨て八幡の川に身を投げて死んでしまいました。
頼風は女の形見の衣を掛けてしのびました。

それから何年も時がたちました。

形見の衣はオミナエシの花に変化していました。
頼風が花に触れようとすると、オミナエシは頼風の手を拒むように避けるのです。
花に触れるのを諦めるとオミナエシは元の姿に戻るのでした。

謡曲「女郎花」の元となった伝説です。

(「藻塩草」より)

秋の七草のひとつオミナエシ(女郎花)。
草花の姿と伝説があいまった花言葉でしょうか。

「佳人」「はかない恋」「約束を守る」「永久」

オミナエシ(女郎花)は開花時期が6~9月と長く楽しませてくれます。
またお花が終わったあとも、全体が柔らかな黄色味を帯びています。

お花が終わったオミナエシ(女郎花)が風に揺れているのも、秋の風情がありますよ。

モモ先輩
モモ先輩

お花が終わった後まで楽しめるのも特徴です

<ちょっと耳より情報>

黄色の可愛い小花のオミナエシには似つかわないのですが、匂いが残念なんです。
オミナエシ(女郎花)の別名に敗醤」があります。

醤」という漢字はひしお」と呼びます。
醤油や豆板醤などにも使われています。

オミナエシ(女郎花)の花には発酵食品のような匂いがするんです。

スミレちゃん
スミレちゃん

あの可愛いお花が
匂いを確かめてビックリでした

オミナエシ(女郎花)の名前の由来・別名・花言葉のまとめ

オミナエシ(女郎花)の名前の由来と別名・花言葉

  • オミナエシは秋の七草のひとつ
  • オミナエシ:漢字と名前の由来と花言葉の伝説
  • 楚々とした花言葉と独特の匂い
★ オミナエシ 9/9 9/11 誕生花
科名/属名スイカズラ科 / オミナエシ属
ominaesi
原産日本・東アジア・シベリア
学名Patrinia scabiosifolia
別名アワバナ(粟花)
オミナメシ
オモイグサ
ハイショウ(敗醤)
花言葉「佳人」「はかない恋」
「約束を守る」「永久」
開花時期6~9月
花色黄色
特徴多年草・匂いが独特

秋の七草、女郎花(オミナエシ)は開花時期が長い草花です。

スミレちゃん
スミレちゃん

お花も後も黄色く染まっています

この記事では、女郎花(オミナエシ)の名前の由来と別名
あわせて謡曲の元にもなっている伝説と花言葉について、お伝え致しました。

<あわせて読みたい♪>

萩(ハギ)の花咲く時期はいつ?季節による別名から花言葉まで

萩(ハギ)の花咲く季節はいつ?|別名豊富な万葉の人気花
秋の七草で一番最初に出てくる萩(ハギ)の花。万葉の昔から愛されてきたお花ですね。俳句では秋の季語にもなっています。万葉集約4500首で植物をうたったものは約1500首あります。萩の花は、万葉集のお花の中で何番目に多く読まれていると思いますか

葛(クズ)の花|「葛の葉姫の恋伝説」と和ハーブの魅力

葛(クズ)の花|「葛の葉姫の恋伝説」と和ハーブの魅力
夏の終わりの花さんぽで、葛(クズ)の香りに気づくお花の先輩。 「甘い香りがすると思ったら♪ もう葛の花が咲いているわね。」 目ざといというか鼻が利くというか。 五感でお花の気配を感じているのですね。 葛の花は香りで見つ...

秋の七草の名前の覚え方と選ばれた理由

秋の七草の名前の覚え方と選ばれた理由
二十四節気の立秋はお盆の前の8月8日頃。立秋の声を聴くと、どんなに暑くても秋の気分になっていきますね。秋の七草って言えますか?私が知っているのは、萩とススキと桔梗が入っていたなぁという位。ハギ尾花(ススキ)桔梗後4つは何なんでしょう。確かち




「鏡花水月★花つむぎ」では、花の別名の由来・花言葉・初心者でもできる鉢植えの育て方、花さんぽのスポットなどをご紹介しています。
また遊びに来てくださいね♪

タイトルとURLをコピーしました