女郎花(オミナエシ)の名前の由来と花言葉

ominaesi名前の由来と花言葉

秋の七草の中でも女郎花(オミナエシ)は、身近で見つけやすい草花です。
わざわざ田んぼの土手、野山に行かなくても大丈夫。
私が初めて女郎花と出会ったのも、秋の花壇の中でした。

女郎花はふわふわぽやぽやしている、可愛らしいお花です。

ominaesi

ところで女郎花という漢字、最近はあんまり使われない漢字ですよね。

読み方はジョロウバナではありません、オミナエシです!
どういう意味なのか知りたくありませんか?

この記事では、秋の七草の女郎花(オミナエシ)の花について、
名前の由来・別名・花言葉についてもご紹介していきますね。

女郎花の名前の由来と別名・花言葉について

  • 女郎花は秋の七草のひとつ
  • 女郎花の漢字の読み方と名前の由来
  • 楚々とした花言葉が似合う女郎花
スポンサーリンク

女郎花(オミナエシ)は秋の七草のひとつ

女郎花は、山上憶良の詠んだ秋の七草の順番では5番目に出てくるお花ですね。
ちょっと地味?
女郎花が秋の七草に入っていたことを知っていましたか?

秋の野に咲きたる花を指折りかき数ふれば七種の花

萩の花尾花葛花瞿麦の花女郎花また藤袴朝貌の花

(万葉集巻8より 山上憶良)

私も、この歌で女郎花の名前だけは聞き覚えがありました。
そして意識するまで気づかないお花でした。

>関連記事 秋の七草の名前の覚え方と選ばれた理由

 




女郎花の漢字の読み方と名前の由来

女郎花(オミナエシ)の名前の由来は、小さな黄色のお花が粟粒に似ているところから。
粟飯(あわめし)の別名、女飯(おみなえし)が変化したとも言われています。

もうひとつの説。
オミナエシのヘシは圧しを意味し、
花の可愛らしさは人間の美女も圧倒するぐらいという説もありました。

女郎の漢字が、女性を意味する言葉になったのは平安時代。
女郎とは、貴族の女性(高貴な女性)を表す言葉だったのです。

茎はすっきり細く上に伸びて、草丈は約15~20センチ位にまでになります。
その先端に小さな黄色のお花がたくさんつく様が愛らしいのです。

たおやかで可愛らしい女性をイメージして、女郎花(オミナエシ)と呼んだのでしょうね。




楚々とした花言葉が似合う女郎花

秋の七草のひとつ女郎花(オミナエシ)。
草花の姿からきた花言葉でしょう。

「佳人」「はかない恋」

女郎花は開花時期が6~9月と長く楽しませてくれます。
またお花が終わったあとも、全体が柔らかな黄色味を帯びています。
お花が終わった女郎花が風に揺れているのも、秋の風情がありますよ。

また、女郎花は秋を代表する花だからか、誕生花としてもよく使われています。
女郎花をよく見かける最盛期、9月9日と11日をご紹介しておきますね。

 




女郎花(オミナエシ)名前の由来・別名・花言葉のまとめ

★ 9月9日・11日 誕生花
科名/属名スイカズラ科 / オミナエシ属
ominaesi
原産日本・東アジア・シベリア
学名Patrinia scabiosifolia
別名粟花(あわばな)
開花時期6~9月
花色黄色
特徴多年草の草花で開花時期が長い

秋の七草女郎花(オミナエシ)は、開花時期が長い草花(雑草)です。
お花が終わった後も長く楽しめるのがいいですね。

この記事では、女郎花(オミナエシ)の名前の由来と別名・花言葉について、お伝え致しました。

<あわせて読みたい♪>

秋の七草の名前の覚え方と選ばれた理由

秋の七草の名前の覚え方と選ばれた理由
二十四節気の立秋はお盆の前の8月8日頃。 立秋の声を聴くと、どんなに暑くても秋の気分になっていきますね。 秋の七草って言えますか? 私が知っているのは、萩とススキと桔梗が入っていたなぁという位。 ハギ 尾花...

萩(ハギ)の花咲く時期はいつ?季節による別名から花言葉まで

萩(ハギ)の花咲く時期はいつ?季節による別名から花言葉まで
秋の七草で一番最初に出てくる萩(ハギ)の花。 万葉の昔から愛されてきたお花ですね。 俳句では秋の季語にもなっています。 万葉集約4500首の中で、植物をうたったものは約1500首あります。 萩の花は、万葉集のお花の中で何...

「鏡花水月★花つむぎ」では、花の別名の由来・花言葉・初心者でもできる鉢植えの育て方、花さんぽのスポットまでをご紹介しています。
またお立ち寄りくださると嬉しいです。



タイトルとURLをコピーしました