クリスマスローズは白い毒草?ヘレボルス・ニゲルと花言葉の伝説

クリスマスローズ名前の由来と花言葉

冬の花壇の寄せ植えには何がいいでしょうか?

初冬のガーデンショップに行って来ました。
元気さで目立っていたお花、種類が豊富だったお花です。

ビオラ・パンジー・プリムラジュリアン・ストック。

そして・・・クリスマスローズ

● クリスマスの前だから今時分の花なのかな?
● 春にクリスマスローズを見たことがあるけれど?
モモ先輩
モモ先輩

本当は1月ぐらいからの花よ。
今出回っているのは温室で咲かせたものね。

なぜ、春の盛りに咲いていた花の名前が、クリスマスローズなのでしょうか?

この記事では、クリスマスローズの名前の由来や花言葉をお伝え致します。

クリスマスローズの名前の由来と花言葉

  • クリスマスローズの原種はヘレボルス・ニゲル
  • レンテンローズもクリスマスローズと呼ぶ日本
  • クリスマスローズの伝説と花言葉

 

スポンサーリンク

クリスマスローズの原種はヘレボルス・ニゲル

クリスマスローズ

学名:Helleborus niger(ヘレボルス・ニゲル)
科名/属名:キンポウゲ科 / クリスマスローズ属

クリスマスローズが自生しているところは世界中。
原産地として特定されているところはありません。

でも、クリスマスローズという名前からして、ヨーロッパとの関わりの深さを感じませんか?
教会の供花でもあります。

クリスマスローズの学名、ヘレボルス・ニゲル。
ギリシャ語ではhelein(殺す)+bore(食べ物)
「食べれば死ぬ」という意味が名前の由来です。
また、nigerとは「黒い」という意味です。
クリスマスローズは、黒い根っこに毒を持つお花なのです。

クリスマスローズは、クリスマスの頃から咲く真っ白な5枚の花びらが特徴。
濃い緑色の葉っぱを冬に茂らせる多年生の植物です。

古代人は冬に咲く花に神秘を感じて魔除けとしていたそうです。クリスマスローズの黒い根は、服用すれば死に至るほどの猛毒です。

クリスマスカードのモチーフにもなっている、クリスマスローズ。
白い花の毒草だったのです!

ただ、クリスマスローズは怖いというだけの花ではありません。
16~17世紀のヨーロッパでは、精神病・ヒステリー・うつ病などに、薬草として活用されていました。

毒と薬は本当に紙一重なんですね。




レンテンローズもクリスマスローズと呼ぶ日本

撮影者:スミレ 春のクリスマスローズ

この写真は春の花壇で撮ったものです。
クリスマスローズという名前と知って、違和感を持ったんですね。

クリスマスローズはヘレボルス・ニゲルの別名です。

日本でクリスマスローズと言うと、学名ヘレボルス全体を指します。

なので、4月に咲いている花もクリスマスローズなんですね。
園芸店でもクリスマスローズという名前で出ていました。

ヨーロッパでは、このあたり明確に区別されているようです。
このお花も分類するならレンテンローズという名前になるのでしょうか。
レンテンローズとはキリストの復活祭(イースター)のこと。
3~4月に咲く春のお花です。

日本でクリスマスローズがヘレボルス属名全体を指すのは、素人考えながら、

  • お花の種類、色や形が非常に多い。(一株ごとに違う)
  • 人気が出てきたのは比較的最近(平成~)

だからではないかと思います。
ややこしいですよね。

日本ではぜ~んぶまとめてクリスマスローズ!
外国に行った時には、話が通じなくなることは知っておいた方がいいかも。

クリスマスローズが日本に入ってきたのは明治時代
薬草として、お茶席の花として、しばらくは地味な存在でした。
風流な和名がつけられています。

  • 雪起こし(ユキオコシ)
  • 寒芍薬(カンシャクヤク)

現在、クリスマスローズは世界各国で品種改良されており、綺麗な花色も増えています。
日本でも、薬草やお茶席の玄人好みのお花から、人気の園芸品種に変貌を遂げました。
ピンクのクリスマスローズも可愛いですよ。

クリスマスローズ

開花時期は、原種のニゲルが一番早く、有茎種、無茎種の順に咲いていくそうです。
ほとんどの種類の最盛期は3~4月です。

クリスマスローズは日陰でも育つ耐寒性のあるお花です。

モモ先輩
モモ先輩

結構勝手に生えて来ているよ。

タイトルとURLをコピーしました