キョウチクトウ(夾竹桃)は復興と希望の街路樹、でも毒性には気をつけて

スポンサーリンク
キョウチクトウ名前の由来と花言葉

6月に入って白いキョウチクトウ(夾竹桃)が咲き始めました。
雨に濡れた緑色の葉っぱが綺麗です。

上を見上げたら身近に可憐な花が咲いていますよ。

春~初夏の街路樹で楽しめる花さんぽ。

ハナミズキ・ヤマボウシ 、  そしてキョウチクトウ

スミレちゃん
スミレちゃん

樹木の花に注目すると
花さんぽが広がりますね

この記事では、キョウチクトウ(夾竹桃)がなぜ復興のシンボルとされているのか、
名前の由来と花言葉もあわせてご紹介していきますね。

キョウチクトウ(夾竹桃)は復興と希望の街路樹

  • 夾竹桃の名前の由来と花言葉:桃の花と竹の葉に似る・危険な香りの花言葉
  • 街路樹に向く夾竹桃の特徴:花色豊富・丈夫で育てやすい・毒性強し
スポンサーリンク

キョウチクトウ(夾竹桃)の名前の由来と花言葉

キョウチクトウ
撮影者:スミレ
キョウチクトウ科/キョウチクトウ属
キョウチクトウ

夾竹桃はインド原産の花です。
丈夫で強いことから、街路樹や生垣に植えられていることが多いです。

夾竹桃の名前の由来は、中国の言葉(夾竹桃)をそのまま受け継いでいます。

キョウチクトウ(夾竹桃)の名前の由来

● 夾竹桃の葉っぱが竹の葉っぱに似ているから。
● 夾竹桃の花は桃の花に似ているから。
● 夾とは挟む・混ざるという意味。
葉っぱと花の特徴が混ざった様子を表す。

スミレちゃん
スミレちゃん

第一印象が可憐と思ったのは
桃の花に似ているからなんですね

モモ先輩
モモ先輩

可憐な花なのに毒性が強いのが

意外でしょう?

夾竹桃の花言葉が怖いのは、夾竹桃の持つ危険性からきているのですね。

また、夾竹桃は街路樹に選ばれるぐらい丈夫ですから、
良い意味の花言葉もあります。

キョウチクトウ(夾竹桃)の花言葉

「危険」「用心」「注意」「危険な恋愛」

「たくましい精神」

街路樹に向くキョウチクトウ(夾竹桃)の特徴

キョウチクトウ
撮影者:スミレ
キョウチクトウのピンクの花

夾竹桃を始めて認識したのは白い花でした。

夾竹桃の花の色は
白・赤・赤紫・淡紫・黄・淡黄・ピンク・オレンジ
と豊富です。

夾竹桃の見つけ方

  • 桃の花に似ている花の形
  • 竹の葉っぱに似ている葉っぱの形
  • 常緑低木

というところで他の樹木と見分けてくださいね。

個人的には、街路樹には白とピンクが多いように感じています。

スミレちゃん
スミレちゃん

公園でもよく見かけますね

1.キョウチクトウ(夾竹桃)は大気汚染に強い

キョウチウトウ
夾竹桃は大気汚染にも強いため、工場緑地などにもよく植えられています。

原爆投下後の広島には、草木が生えないと言われていました。
真っ先に復活したのが夾竹桃の花だったのです。

当時の広島市民はどれほど勇気づけられたでしょうか。
夾竹桃は広島市の花になっています。

夾竹桃は戦災からの復興のシンボルの木なのです。

モモ先輩
モモ先輩

平和を願う「夾竹桃のうた」という歌もあります

高度成長期をになっていた、兵庫県尼崎市の海岸の工場地帯。
ここにも夾竹桃が植えられていました。

台風が続き、尼崎市の沿岸部が海水に浸かった時も夾竹桃は残ったそうです。
夾竹桃の花が市民を元気づけたということで、尼崎市の花になりました。

夾竹桃は天災からの復興、希望のシンボルでもあるのです。

その他に、千葉市鹿児島市でも夾竹桃は市の花になっています。

2.キョウチクトウ(夾竹桃)は丈夫で育てやすい

夾竹桃が街路樹に植栽されている理由のひとつは丈夫だから。

育てやすいキョウチクトウ(夾竹桃)

● 日当たりの良いところならOK
● 乾燥に強く夏の暑さにも強い
● 排気ガスにも潮風にも強い
● 成長が早い
● 肥料もほぼ要らず、虫もつきにくい

以上の理由から、街路樹だけではなく、公園や庭木にもよく植栽されます。

育てるにはイイコトづくめのようですが、毒性もあります。

無知って怖いものです。
実は、公園で夾竹桃の花を見つけた時、駆け寄ったことがあるんです。

「夾竹桃は毒があるよ」と一緒にいた人に止められました。

ホント、知らないって危ないですね。

モモ先輩
モモ先輩

素手で触っちゃダメ!

3.キョウチクトウ(夾竹桃)は意外に毒性が強い

大気汚染などに強い夾竹桃。

ところが夾竹桃自身が強い毒性を持っているのです。

街路樹や公園などに植栽されていて、
触ろうとすれば簡単に触れるにもかかわらずにです。

スミレちゃん
スミレちゃん

身近に植えられているから
ビックリしますよね

夾竹桃は枝葉を燃やすだけで毒煙が発生します。
枝を燃やした灰や植えてある土壌にまで、影響すると言われています。

夾竹桃の毒性がある部分は、花・葉・枝・根の全てです。

特に注意すべきは樹液です。
服につかないように注意しましょう。

また、夾竹桃は剪定が必要な樹木です。

モモ先輩
モモ先輩

枝を切るのはプロにお願いするのが安心




キョウチクトウ(夾竹桃)の花言葉の特徴まとめ

キョウチクトウ

夾竹桃の開花時期は6~10月
梅雨時は一旦しぼんで、夏になるとまた花が咲きます。

夾竹桃は花期が長く大気汚染にも強いので、街路樹の適性がある樹木です。

この記事では、キョウチクトウ(夾竹桃)がなぜ復興のシンボルとされているのか、
名前の由来と花言葉もあわせてご紹介致しました。

キョウチクトウ(夾竹桃)は復興と希望の街路樹

  • 夾竹桃の名前の由来と花言葉:桃の花と竹の葉に似る・危険な香りの花言葉
  • 街路樹に向く夾竹桃の特徴:花色豊富・丈夫で育てやすい・毒性強し
★ キョウチクトウ(夾竹桃) 8/3 誕生花
科名/属名キョウチクトウ科/キョウチクトウ属
キョウチクトウ
原産インド
学名Nerium oleander
開花時期6~10月
花色白・赤・赤紫・淡紫・黄・淡黄
ピンク・オレンジ
特徴常緑低木
大気汚染に強く丈夫
強い毒性あり
無香
通勤路で上を見上げてみましょう。
(車には気をつけて)近所の街路樹で花さんぽもいいものですよ。

<あわせて読みたい♪>

山吹色の初夏の花|キンシバイ・ビヨウヤナギ4種類の見分け方

山吹色の初夏の花|キンシバイ・ビヨウヤナギ4種類の見分け方
初夏の通勤路で山吹色の植栽を見つけました。 それもあちらこちらで。 山吹色の可愛い綺麗なお花。 遠目には同じように見えて、近づいたら様子が微妙に違うんです。 スミレちゃん 去年だったら同じお花と...

ハナミズキに似た初夏の白い花|ヤマボウシ(山法師)はシンボルツリー

ハナミズキに似た初夏の白い花|ヤマボウシ(山法師)はシンボルツリー
季節はいつのまにか移り過ぎています。 遅い桜かと駆け寄ってみたらハナミズキだった。 そんなこともありました。 桜が散った通勤路をピンクや白の花で彩ってくれたハナミズキ。 そんなハナミズキもGW明けには見かけなくなって...

ツツジ(躑躅)の種類|サツキ(五月)やシャクナゲ(石楠花)との関係は?

ツツジ(躑躅)の種類|サツキ(五月)やシャクナゲ(石楠花)との関係は?
5月の声を聞く頃、躑躅(ツツジ)があちらこちらで咲き始めました。 お家の垣根、公園、山裾・・・。 春から初夏への切り替わりという気がしますね。 ツツジのお花の名前を知らない人はまずいないと思います。 それでは、ツツジには色々...




「鏡花水月★花つむぎ」では、花の別名の由来・花言葉・初心者でもできる鉢植えの育て方、花さんぽのスポットなどをご紹介しています。
また遊びにきてくださいね♪

タイトルとURLをコピーしました