ハナミズキに似た初夏の白い花|ヤマボウシ(山法師)はシンボルツリー

yamaboushi似ている花の見分け方

季節はいつのまにか移り過ぎています。

遅い桜かと駆け寄ってみたらハナミズキだった。

そんなこともありました。

桜が散った通勤路をピンクや白の花で彩ってくれたハナミズキ。

そんなハナミズキもGW明けには見かけなくなって・・・。

 

しばらくして近所のお庭で咲き始めた白い花。

スミレちゃん
スミレちゃん

ハナミズキが戻ってきたのかと
思いました

それがヤマボウシの木でした。

この記事では、お家のシンボルツリーでよく見かけるヤマボウシについて
ハナミヅキとの見分け方もまじえてご紹介していきますね。

ハナミヅキに似た花|ヤマボウシ

  • ヤマボウシってこんな花
  • ヤマボウシとハナミヅキの違い
  • シンボルツリーにするならどっち?
スポンサーリンク

ヤマボウシの名前の由来と別名

yamaboushi
撮影者:スミレ
ヤマボウシ
ミズキ科 / ヤマボウシ(サンシュユ)属

ヤマボウシは日本原産。
初夏を代表する白いお花です。

街路樹・公園・庭園でもよく見かけますね。

ヤマボウシの名前の由来は、比叡産延暦寺のお坊さんの姿から。
白い頭巾をかぶったお坊さんに見立てたのです。

花言葉「友情」
ヨーロッパに渡ってシンボルツリーとして人気が出たところから。

モモ先輩
モモ先輩

お花は多い年と少ない年があるわ

また、秋にはオレンジ色の実ができます。

ヤマボウシ

スミレちゃん
スミレちゃん

ラズベリーの様な雰囲気ですね

ヤマボウシの実は、苺やラズベリーと同じく集合果です。
果実が桑の実に似ているので別名山桑(ヤマグワ)

ジャパニーズ・ストロベリー・ツリーとも呼ばれています。

モモ先輩
モモ先輩

果実も楽しめるのは
スミレちゃん向きの木かな

ヤマボウシの種類には、常緑、紅葉、黄葉があります。
個人のお宅のシンボルツリーとしても人気が高い樹木です。

ヤマボウシとハナミズキの違い

ヤマボウシハナミズキ
yamaboushi花水木

5月下旬に見たヤマボウシ。
ハナミズキの再来かと思いました。

どちらもミズキ科 / ヤマボウシ(サンシュユ)属です。

白い花びら4枚で真ん中が緑で盛り上がっているのが共通点。
(これがお花初心者の認識ですね。)

モモ先輩
モモ先輩

花びらに見えるのは苞(ほう)よ

苞(ほう)?
聞きなれない言葉ですよね。

要するに花びらにくっついている葉のこと。
花びらではないので、長く綺麗な状態を楽しめる訳です。

本当のお花は真ん中にある緑色の部分。

4枚の花弁に見える苞(ほう)の先に注目してください。
とがっているのがヤマボウシ(山法師)です。

それに対してハナミズキ(花水木)は?

花水木
撮影者:スミレ
これはピンクのハナミズキ。

4枚の花弁に見える苞(ほう)が立体的にカーブ。
へこみがあり先が割れています。

ヤマボウシとハナミズキはどちらも樹木

今度は全体的な特徴から見てみましょう。

ハナミズキは花が先に咲くので華やかに見えます。
桜の次に咲く晩春の樹木。

ヤマボウシの開花時期は5月下旬~7月
葉っぱが出た後に花が咲きます。
新緑の樹木の印象が強くなりますね。

モモ先輩
モモ先輩

花が先に咲くのがハナミズキ
覚えやすいわよ

ハナミズキとヤマボウシの見分け方

● 苞(ほう)の形:丸くて割れているか先がとがっているか
● 開花の仕方:花が先か葉が先か
● 開花時期:晩春か初夏か
● 果実:とがった赤い実か丸くて美味しそうな果実か

ヤマボウシとハナミズキ シンボルツリーにするならどちら?

花水木
撮影者:スミレ
白いハナミズキ

ハナミズキもヤマボウシもお家のシンボルツリーとして人気があります。

どちらを選ぶかはお好みになります。
選択のヒントをお伝えしますね。

ハナミズキ・ヤマボウシ シンボルツリーにするなら?

● 華やかさならハナミズキ(春の訪れ・鮮やかな紅葉)
● 丈夫で育てやすいヤマボウシ(実ができたら食べられて実用的)

ひとつ注意点が。

ハナミズキもヤマボウシも空を向いて咲きます。

あまり大きくなるとお花が見えないんですね。

枝ぶりが階段状に成長していく樹木です。

モモ先輩
モモ先輩

剪定計画はプロにお任せした方がいいよ




ヤマボウシとハナミズキのシンボルツリー まとめ

★ ヤマボウシとハナミズキの簡単な見分け方
花名ヤマボウシ
yamaboushi
ハナミズキ
花水木
科名/属名ミズキ科 / ヤマボウシ属
別名山桑(ヤマグワ)
ジャパニーズ・
ストロベリー・ツリー
アメリカヤマボウシ
原産日本北米・メキシコ
開花時期5月下旬~7月4~5月
花色白・ピンク白・ピンク・赤
特徴苞の先がとがっている
葉の後に花が咲く
初夏を代表する花
果実は集合果
美味しそうなベリー系
苞は丸くへこみがある
花が咲いてから葉っぱが出る
開花時期は桜の後
果実は独立している
とがっている

ハナミズキに似た花|ヤマボウシ

  • ハナミズキは春の花・ヤマボウシは初夏の花
  • 白い花びらに見える苞(ほう)
    ハナミズキはカーブでへこみ・ヤマボウシは先がとがる
  • シンボルツリーの選び方:鑑賞用か実用かで決めよう

この記事では、ハナミズキに似た初夏の花、ヤマボウシついてお伝え致しました。

初夏のお花で迷うお花は他にもいろい色々ありましたよね。

牡丹と芍薬の違いは葉っぱで見分ける

ボタン(牡丹)とシャクヤク(芍薬)の葉っぱの違いと簡単な見分け方
初夏の植物園に行った時のこと。 ちょっと離れたところから人々の声が聞こえてきました。 「これは芍薬の花?牡丹かな~♪」 スミレちゃん 芍薬を薔薇と見間違ったことあり 華やかに重なるシャクヤク...

アヤメ・花ショウブ・カキツバタ・アイリスの違いのポイントふたつ

あやめ、花しょうぶ、かきつばた、アイリスを簡単に見分ける2つのポイント
「いずれ菖蒲(あやめ)か杜若(かきつばた)」のことわざは、優れたもの同士をたとえる表現。 元の意味は、どちらの美女も比べられないほど美しいと言われたことからきています。 たとえられたように、アヤメとカキツバタはよく似ていますね。 ...

「鏡花水月★花つむぎ」では、身近なお花の見分け方・初心者向きガーデニング・花さんぽの穴場スポットなどをご紹介しています。
またお立ち寄りくださると嬉しいです。

タイトルとURLをコピーしました