スポンサーリンク

勿忘草(ワスレナグサ)に似た小さな青い花|胡瓜草(キュウリグサ)の花言葉は強い!

似ている花の見分け方

4月の通勤路でワスレナグサに似た小さな青い草花を見つけました。

形はワスレナグサそのものですがあまりにも小さくて。
春の野の花で青い「星の瞳」よりももっと小さいんです。

これはワスレナグサではない野草と見当をつけました。

スミレちゃん
スミレちゃん

星の瞳は数年前に見つけたけれど
このお花はもっと小さいの。

モモ先輩
モモ先輩

よく気づいたわね。
本当に小さなお花だから。

この記事では、勿忘草と勿忘草にそっくりな草花、胡瓜草との違いについてご紹介します。

勿忘草(ワスレナグサ)と胡瓜草(キュウリグサ)の名前の由来と見分け方

  • 名前の由来
    勿忘草:名前の由来は悲恋伝説から”勿忘草”(忘るること勿れ)
    胡瓜草:葉っぱをもむとキュウリの香り
  • 見分け方
    勿忘草:花も大きく草丈も高い・花色もたくさん
    胡瓜草:数ミリの花・花色は青のみ
  • 花言葉
    勿忘草:「真実の愛」「私を忘れないで」
    胡瓜草:「真実の愛」「小さくても夢は大きい」
スポンサーリンク

胡瓜草(キュウリグサ)|名前の由来は胡瓜の香り


ムラサキ科/キュウリグサ属
キュウリグサ
撮影者:スミレ

ワスレナグサとそっくりです。
水色お花の中心に黄色が。

モモ先輩
モモ先輩

園芸種のワスレナグサの原種にも見えますが、

同じムラサキ科で属が違います。

ワスレナグサとの大きな違いはサイズ感。

[ad02]

キュウリグサは花の大きさがわずか数ミリ
お花全体がワスレナグサの花びら1枚ほどの大きさです。

ワスレナグサのミニチュア版ぐらいによく似ているのに
あまりに小さすぎて迷うことはありません。


お庭で自生していたキュウリグサを植木鉢に
撮影者:スミレ

キュウリグサはロゼッタ状(放射線状)に咲きます。
成長するにつれて茎は伸びていきます。
開花時期は4~5月頃です。

キュウリグサの名前の由来は、葉っぱをもむとキュウリの匂いがするから。

キュウリグサは空き地や通勤路などに生えている草花です。
誕生花にも選ばれていない小さな野草なのです。

スミレちゃん
スミレちゃん

本当にキュウリの匂いがしたわ。
触って確かめてみてね。

モモ先輩
モモ先輩

「小さくても夢は大きい」
という花言葉があるよ。

<ちょっと耳より情報>

キュウリグサの若葉は生薬にもされています。
若い葉や茎は食べても大丈夫な野草になりますね。

生薬名はフチサイ(附地菜)です。
利尿作用があるようです。


撮影者:スミレ

参考サイト
 東邦大学薬学部付属薬用植物園

勿忘草(ワスレナグサ)|青の印象が強いが他の花色も


ムラサキ科/ワスレナグサ属
ワスレナグサ
撮影者:スミレ

ワスレナグサのお花も小さなお花です。
キュウリグサに比べると、青い花びらに黄色の花芯の形がよりわかりやすいです。

また、ワスレナグサはキュウリグサよりも草丈が高いです。
20~50センチほどまで伸びます。

ロゼッタ状で草丈10~30センチのキュウリグサよりスッキリ伸びた印象ですね。


ワスレナグサ
撮影者:スミレ

ワスレナグサはヨーロッパ~西アジア原産の園芸種です。
開花は4~7月

日本の野山で野生化したものも見られます。

モモ先輩
モモ先輩

胡瓜草より長く咲きます。
湿地が得意な草花です。

スミレちゃん
スミレちゃん

お名前と青色に惹かれました。

こどもの頃の憧れの花です。

初めて見た時は感激でした。

ワスレナグサの花の象徴が青色です。

意外に思われるかもしれません。
ワスレナグサの花は青の印象が強いですよね。
他にピンクもあるんです。

キュウリグサはワスレナグサのイメージのそのまま。
淡い青色(水色)のみです。
(蕾段階ではピンクっぽいです)

勿忘草(ワスレナグサ)|名前の由来は悲恋の物語から

ワスレナグサの名前の由来はドイツの伝説からきています。
”勿忘草”(忘るること勿れ)

有名なお話ですけれど簡単にご紹介しておきますね。

◆ワスレナグサの花言葉の伝説◆

ドイツのドナウ川のほとりで咲いていた青い小さなお花。
騎士のルドルフと乙女ベルタがこの花を見つけます。
ルドルフはこの花を摘もうとして川に落ち、流されてしまいました。
花をベルタに投げて「私を忘れないで」と叫んで・・・。

ベルタはこの花を生涯髪に飾って、ルドルフをしのんだと言われています。

ドイツ名”Vergissmeinnicht” 英名”Forget-me-not”
日本では漢文調に”勿忘草”(忘るること勿れ)と訳したのがワスレナグサの名前の由来です。

ワスレナグサの花言葉は他にもあるのですが、各国共通なものが「私を忘れないで」なのです。
悲恋伝説の象徴のような花言葉だからでしょうか。




勿忘草(ワスレナグサ)と胡瓜草(キュウリグサ)の名前の由来と見分け方のまとめ

見た目はワスレナグサのミニチュア版のようなキュウリグサです。

ワスレナグサの悲恋伝説に引っ張られたのか花言葉も似ています。

キュウリグサらしい花言葉「小さくても夢は大きい」です。

誕生花にもなっていない野草花の逞しさを感じてくださいね。

★ ワスレナグサとキュウリグサの簡単な見分け方
花名キュウリグサ
(誕生花なし)
ワスレナグサ
(4月5日誕生花)
科名/属名ムラサキ科/キュウリグサ属ムラサキ科/ワスレナグサ属
原産日本ヨーロッパ・西アジア原産
別名タビラコForget-me-not(英名)
開花時期4~5月4~7月
花色青色で中央が黄色青・白・ピンク・紫
特徴・花の大きさ数ミリ
・草丈10~30センチ
・ロゼッタ状に咲く
生薬フチサイ(附地菜)
・花の大きさ約1センチ
・草丈20~50センチ
花言葉「小さくても夢は大きい」
「愛しい人へ」
「真実の愛」
「私を忘れないで」
「真実の愛」

この記事では、勿忘草(ワスレナグサ)と胡瓜草(キュウリグサ)の名前の由来と花言葉、
併せて簡単な見分け方についてご紹介しました。

他にも、春の小さな草花で名前が知りたいお花や、違いを見分けたいお花がありますよね。

<あわせて読みたい♪>

春の道端に咲く青い草花「星の瞳」の本名にビックリ!

早春の道端に咲く青い草花「星の瞳」の本名にビックリ!
春の草花で菜の花やスミレならわかる。 それ以外の花はお手上げなことはないですか? 私も数年前までそんな感じでしたよ。 桜が開花し始めました。 ガーデニングを始めて3年目。 「鏡花水月★花つむぎ」ブログ2年目の春のことでした。 ...

ハルジオン(春紫苑)とヒメジョオン(姫女苑)の違いを簡単に見分ける方法

ハルジオン(春紫苑)とヒメジョオン(姫女苑)の違いを簡単に見分ける方法
ハルジオンとヒメジョオンの見分け方。 開花時期で見分けるのがカンタンです。 その他の違いもご紹介致します。

ヒメオドリコソウ(姫踊り子草)とホトケノザ(仏の座)の違いと見分け方

ヒメオドリコソウ(姫踊り子草)とホトケノザ(仏の座)の違いと見分け方
春の道路はスミレやオオイヌノフグリなど、比較的大きな草花が目につきます。 空き地を通る度に新顔さんがいないかチェック。 そんな時に見つけた小さなピンクの草花が2種類。 隣り合って咲いていました。 ヒメオドリコソウとホトケノザ...




「鏡花水月★花つむぎ」では、身近なお花の見分け方・初心者向きガーデニング・花さんぽの穴場スポットなどをご紹介しています。
またお立ち寄りくださると嬉しいです。

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました