菫(スミレ)の仲間の特徴と秘密|可憐な姿で都会を生き抜く知恵

スポンサーリンク
和スミレ街さんぽで出逢った植物たち

「この花が咲いたら確実に春が来た!
もう冬には逆戻りしない。」

そう感じられる、あなたの身近に咲いているお花は何ですか?

誰でも知っているお花でよく見かけるお花、おおよその開花順です。
「鏡花水月★花つむぎ」管理人スミレの周り調べ)

早春~春の始めの頃のお花

  • 菜の花(2~4月)
  • クロッカス(2~4月)
  • 福寿草(2~4月)
  • 桜(3月下旬~4月上旬)
  • チューリップ(3月下旬~5月上旬)

チューリプまで咲き始めると春爛漫という感じ。
季節は確実に進んでいますね。

私が「もう春だ!」と一安心できるお花は菫(スミレ)です。

この記事では春の草花の代表、菫(スミレ)について、お花初心者さんにもわかりやすくご紹介致します。

スミレちゃん
スミレちゃん

スミレは可憐な姿をしながら
都会を生き抜く根性がある草花です。

春の草花の代表:日本の菫(スミレ)

  • 菫(スミレ)は俳句の季語
  • 菫(スミレ)名前の由来の有力説と花言葉
  • 菫(スミレ)が都会で生き抜く秘訣:種の仕組みと蜜のスポット
スポンサーリンク

菫(スミレ)|春の季語で食べられる野草

道路脇のスミレ
撮影者:スミレ
スミレ科/スミレ属

スミレ

菫(スミレ)の名前を知らない日本人はいないのでは?
日本原産の草花、菫(スミレ)です。

スミレの花の特徴は、花びらが左右対称で蝶々のよう下に1枚の唇弁があり、全部で5枚の花弁です。
唇弁には筋がついています。
花の後ろはすぼまった形の(きょ)があります。

濃い紫色をしているのが原種の菫(スミレ)です。

俳句では春の季語にもなっていますね。

道端の菫(スミレ)の花を見ると春を感じ、元気になれる。
それは昔の日本人も同じだったのでしょう。

花すみれ 春やむかしの 野のくぼみ (幸田露伴)

この句の「花すみれ」という表現が好きです。
菫(スミレ)の可憐さが伝わる句ですよね。

そういえば「花すみれ」という名前の和菓子もありますよ。

この名前をつけた人のセンスが素敵ですよね。

スミレちゃん
スミレちゃん

花も団子も両方!
「鏡花水月★花つむぎ」管理人の菫(スミレ)です。

菫(スミレ)は食べられる野草だか注意点も

日本では平安時代からスミレに「菫」の漢字を当ててきました。

広辞苑によると「菫」の漢字は、ムクゲトリカブトの意味もあるそうです。
私の中では菫=スミレの一択だったので意外な驚きでした。

現代の中国ではスミレ科スミレ属の植物を「菫菜(ジンツァイ)」と呼んでいます。

同じ「菫」の漢字ですね。

スミレちゃん
スミレちゃん

「菜」の漢字も入っているのは
もしかして!?

モモ先輩
モモ先輩

スミレは食べられる野草です。

スミレの花の砂糖漬けも綺麗ですよね。

万葉集には「すみれ摘む」という言葉が出てきます。
菫(スミレ)は山菜として親しまれてきましたのです。

スミレの若葉はお浸し和え物などにして食べることができます。
また、花は砂糖漬けのほか、お湯を通してから甘酢漬けやお吸い物に。

注意点です。

スミレの仲間には根に毒がある種類もあります。

食べるなら花や葉のみが安全です。

菫(菫(スミレ))|名前の由来と花言葉

スミレを横から見ると
撮影者スミレ

菫(スミレ)の名前の由来って面白いんですよ。

むかし、児童図鑑で見て意外な由来だったので覚えているんです。

菫(スミレ)の花の形は奥がすぼまっています。
横から見ると頭がぐっと出ていていますよね。

この部分は「距(きょ)」と言います。

この形からの連想で、大工さんが使う墨入れ(スミイレ)⇒スミレとなりました。

スミレの名前の由来には異説もありますが、この墨入れ説が有力です。

 

また、菫(スミレ)の別名も面白いのです。

モモ先輩
モモ先輩

相撲取り草、相撲取り花とも呼ぶよ。

スミレちゃん
スミレちゃん

かよわい花なのにどうして?

モモ先輩
モモ先輩

昔の子どもたちは花と花をひっかけて

お相撲遊びをしていたのよ。

菫(スミレ)の花言葉は色別でたくさんあります。

個人的には、色に関係なく全般を表すこちらがピッタリと感じています。

「誠実」「謙虚」「小さな幸せ」

菫(スミレ)の姿そのものを表している花言葉だと思いませんか?

スミレの仲間たち|山間部~街中まで50種以上

スミレの仲間
撮影者:スミレ
菫(スミレ)の仲間たち

小さな草花の菫(スミレ)は仲間が多いです。

その中でも日本は50種類以上のスミレが咲く、いわばスミレ大国なのです。

野に咲く菫(スミレ)と街で見かける菫(スミレ)があります。

野に咲く菫(スミレ)の代表

  • コスミレ(小菫)
    ・3~4月・薄紫~白・茎が伸びない無茎種・長い丸みを帯びた葉
    ・花は約2センチ(名前と正反対に大きい)
    ・本州~九州・山間部~市街地まで
  • ヒナスミレ(雛菫)
    ・3~4月・薄紅色・山地~林間・とがったハート形の葉

街中で見かける菫(スミレ)の代表

  • ノジスミレ(野路菫)
    ・3~4月・薄紫・無茎種・葉が斜めにつく・街中で最も見られる
  • ヒメスミレ(姫菫)
    ・3~4月・紫・スミレに一番似ている・細長い3角形の葉
    距の色が薄い
  • タチツボスミレ(立坪菫)
    ・4~5月・薄紫・葉を伸ばす有茎種・ハート型の葉
    ・托葉(葉柄の根元)に深い切れこみ
    北海道~沖縄まで・山地~都会まで
  • ツボスミレ(坪菫):別名ニョイスミレ(如意菫)
    ・4~5月・白・唇弁(下の花弁)の紫の筋が目立つ・托葉切れこみなし
モモ先輩
モモ先輩

タチツボスミレやツボスミレの「坪」とは
お庭のことだよ。

菫(スミレ)は花も茎も華奢な姿をしています。
摘むとすぐに枯れてしまいます。

野原に咲く可憐なイメージが強いですよね。

意外や意外、菫(スミレ)は都会の道路脇にも多く生息しているのです。

スミレちゃん
菫ちゃん

通勤途中で見かけると嬉しくなるの。
ガンバレ~って。

菫(スミレ)が都会でたくましく生きていける秘密をご紹介しましょう。

野生スミレが都会で生き抜く秘訣|種と蜜

菫(スミレ)の種の仕組み

菫(スミレ)の種は遠くまで弾き飛ばされます。

種にはエライオソームという白いゼリーがついています。
エライオソームはたちの大好物。

蟻たちは菫(スミレ)の種を食べ終わった後は殻を捨てるんです。
それもちゃーんと土があるところに。

その殻から菫(スミレ)が芽吹くのです。
上手い仕組みですね。

道路脇のスミレ
撮影者:スミレ
歩道のへりから

スミレちゃん
菫ちゃん

街の道路の小さなスペースからも♪

菫(スミレ)の蜜のスポット

スミレの蜜スポット
撮影者:スミレ
密スポットを横から見る

菫(スミレ)の花を観察してみましょう。

菫(スミレ)の花びらは一番下の一枚(唇弁)にだけ模様があります。

モモ先輩
モモ先輩

聞きなれない「唇弁(しんべん)」という言葉、
ランの花をイメージするとわかりやすいかな?

ミツバチはこの模様を目がけてくるんですよ。
菫(スミレ)が紫色をしている理由も、ミツバチに見つけてもらいやすいためだそう。

 

また、菫(スミレ)は花の奥がすぼまった形をしていますね。

この部分を「距(きょ)」と呼んでいます。
距(きょ)の奥は蜜のスポットがあるんです。

ここに入れるのはミツバチだけ。

スミレちゃん
菫(スミレ)ちゃん

ミツバチに受粉してもらうから
特別待遇なんですね。

モモ先輩
モモ先輩

菫(スミレ)の仲間のパンジーやビオラにも
花びらに筋があるわ。
同じ理由でミツバチを呼んでいるのね。

夏にも咲いていた菫(スミレ)

春の菫(スミレ)は夏にも。

こっそり2度目の花を咲かせていたのをご存じですか?

2度目はつぼみのままのような花。
緑色をしていて、歩いていてもまず気づかないかも。
こんな花を閉鎖花と呼びます。

ミツバチが来なくなると菫(スミレ)は自家受粉することもできるんです。

都会の菫(スミレ)もしぶとく強く生きていますね。

都会のスミレ
撮影者:スミレ
雨に濡れて紫色も艶やかに

春の草花代表|菫(スミレ)のまとめ


撮影者:スミレ
菫(スミレ)の仲間(白)

小さな菫(スミレ)は可愛いだけではなく、都会で生きる知恵を持った草花なんです。

春の草花の代表:日本の菫(スミレ)

  • 菫(スミレ)は俳句の季語:春の季語スミレ
  • 菫(スミレ)の名前の由来:大工さんの墨入れから名づける
  • 菫(スミレ)の花言葉:「誠実」「謙虚」「小さな幸せ」
  • 菫(スミレ)の仲間は50種以上
    コスミレ・ヒナスミレ・ノジスミレ・ヒメスミレ・タチツボスミレ・ツボスミレなど
  • 菫(スミレ)が都会で生き抜く秘訣
    種にエライオソーム・ミツバチを呼び込む蜜スポット、自家受粉もできる

この記事では、日本の春の草花の代表、菫(スミレ)の魅力について、お花初心者さんにもわかりやすくご紹介致しました。

「鏡花水月★花つむぎ」管理人の名前でもある、日本原産のスミレの花。

可憐な姿ながら生き抜く強さを持っているこの草花を、好きになっていただければ嬉しいです。

★ 菫(スミレ)2月28・29日 誕生花
科名/属名スミレ科 / スミレ属
スミレ
原産日本
学名Viola mandshurica
英名Violet
別名スモウトリグサ・スモウトリバナ
花言葉「誠実」「謙虚」「小さな幸せ」
開花時期4~5月
花色紫・白・黄・青
特徴仲間が多い

この記事は、モーツァルトの「Das Veilchen(スミレ)」を聴きながら書きました。

ゲーテ作のスミレの詩から作曲した歌曲です。

スミレちゃん
スミレちゃん

菫(スミレ)を想いながら聴いてくださいね。

春の道端で見かける可憐な草花、他にも色々ありますよね。

<あわせて読みたい♪>

菫(スミレ)とパンジーとビオラの違いの見分け方

菫(スミレ)とパンジー・ビオラの違いと簡単な見分け方
春に咲いている可愛い紫のお花と言えば? 「スミレ」ですね! ガーデニング1年生でもスミレやパンジーは知っています。 晩秋のある日のことでした。 ガーデニングの先輩のお庭で見慣れないパンジーを見つけたのです。 ス...

春の青い草花の名前にビックリ!

早春に咲く道端の青い草花「星の瞳」の本名にビックリ!
春の草花で菜の花やスミレならわかる。 それ以外の花はお手上げなことはないですか? 「鏡花水月★花つむぎ」管理人も数年前までそんな感じでしたよ。 桜が開花し始めた、ガーデニング始めて3年目の春のことでした。 この記事では、通勤...

街路樹の下で咲いていた星形の花

街路樹の下の白い星形の草花|ハナニラはニラの仲間か?
たとえ心が沈んでいる時でも、近所の小径で春を見つけると元気をもらえます。 道路脇で光っているスミレたちは、「春が来たよ。」と合図を送っているよう。 小さな青い小花のオオイヌノフグリは、地面に目を向けたら気づくような草花。 街路...

「鏡花水月★花つむぎ」では、花の別名の由来・花言葉・初心者でもできる鉢植えの育て方、花さんぽのスポットなどをご紹介しています。
またお立ち寄りくださると嬉しいです。

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました