真夏の街路樹|百日紅は何と読む?名前の由来と花言葉の伝説

スポンサーリンク
サルスベリ名前の由来と花言葉

真夏の暑さを表現しているような赤や濃いピンクの花。
濃い緑色の葉っぱで幹に特徴がある街路樹。

この樹木の名前を聞いたことがないという人は珍しいと思います。

古くからある、有名な花の樹の名前はなんでしょうか?

書物では「百日紅」と表記されています。

漢字にすると読みにくい、名前を聞いたらすぐにわかる。

スミレちゃん
スミレちゃん

音読みではヒャクジツコウ

モモ先輩
モモ先輩

訓読みではサルスベリよ

サルスベリ(百日紅)は真夏の暑さの中でも元気いっぱい。
濃い緑の葉っぱと赤い花を咲かせています。

蝉の声が似合う樹木だと感じますね。

この記事では、サルスベリ(百日紅)の特徴~名前の由来と花言葉の伝説をご紹介しましょう。

サルスベリ(百日紅)の特徴と名前の由来

  • サルスベリ(百日紅)の特徴:夏に花咲く樹皮がツルツルした落葉樹
  • サルスベリの名前の由来:哀しい昔話とユーモラスな和名
  • サルスベリの花言葉:花の様子からと和名からきたもの
スポンサーリンク

サルスベリ(百日紅)|真夏に花が咲く人気の街路樹

  
撮影者:スミレ
サルスベリ
ミソハギ科 / サルスベリ属

サルスベリは真夏の暑さに強いだけではなく、耐寒性もある落葉樹です。
赤やピンクの花が7月~10月頃まで咲いています。

どうしてもお花が寂しくなってしまう真夏。
開花時期が長いサルスベリ(百日紅)は道行く人を楽しませてくれる花ですね。

サルスベリは日本には江戸時代にやって来ました。
当初は仏縁の樹木としてお寺の境内に植えられていました。

今では公園・街路樹・お家のシンボルツリーとしても人気の樹木ですね。

サルスベリは樹高約3~7mぐらいに成長する木です。
そのため、なかなかサルスベリの花を間近で見るのは難しいのです。

サルスベリの樹の下に立つとほのかな香りがするんですよ。

できるだけ近寄って香りをかいでみてくださいね。

モモ先輩
モモ先輩

サルスベリの下を通って

香りに気づかないのはもったいないわ

また、サルスベリには色々園芸品種があります。
矮小化された品種なら届くところに花があります。

こちらは香りを確かやすいから近寄ってみてね。

スミレちゃん
スミレちゃん

甘い香りです

サルスベリ(百日紅)の樹皮は生えてから1年が過ぎるとはがれ、ツルツルし始めます。


撮影者:スミレ
サルスベリの樹皮がはがれたところ

街さんぽでサルスベリ(百日紅)に出会ったら樹皮を観察してみてくださいね。

幹の感触を確かめるのも面白いですよ。

サルスベリは成長が著しい樹木のため、毎年の剪定は欠かせません。

晩秋~冬に剪定する必要があります。

スミレちゃん
スミレちゃん

お家のシンボルツリーにする場合は

知っておいた方がいいですね

モモ先輩
モモ先輩

お庭のスペースが心配なら

矮小化された品種を選んでね

サルスベリの特徴

● 夏の代表的な花で開花期は長い(7~10月)

● 1年経過すると樹皮がはがれて幹がツルツルし始める

●  成長著しく毎年の剪定必須な樹木

サルスベリ(百日紅)の名前の由来|哀しい昔話とユーモラスな和名


撮影者:スミレ
サルスベリ
ミソハギ科 / サルスベリ属

サルスベリ(百日紅)の名前の由来はふたつあります。

ひとつは訓読みサルスベリの由来、もうひとつは音読みヒャクジツコウの由来です。

サルスベリ(百日紅)の名前の由来

  1. 幹がツルツルしているので猿も滑るという意味から
  2. 朝鮮の昔話から

訓読みの由来は、サルスベリの植物の生態からつけられたもの。
見たままそのままでユーモラスですよね。

音読みヒャクジツコウの方は哀しい昔話から。
簡単にご紹介しておきましょう。

◆ヒャクジツコウの哀しい昔話◆

朝鮮半島の昔話に「百日紅」の花のお話があります。

むかしむかし、ある村で若い娘を竜神に捧げる習わしがありました。
そこへ王子がやってきて竜神と戦い、村娘の救出に成功します。
王子と村娘は恋仲になりました。
100日後に戻ると約束して一旦村を出た王子。
約束通り王子が戻ってきた時、村娘は王子を思いこがれて亡くなっていました。
王子はたいそう悲しみます。

村娘の墓から百日紅の花が100日間咲き続けたと言います。

昔話の名前の由来もサルスベリの花の生態に関係します。

サスルベリ(百日紅)の花が長く咲くことから100日間咲いた昔話が生まれたのでしょうか。

 

スミレちゃん
スミレちゃん

ユーモラスな”猿が滑るというサルスベリ”
の名前の由来の方がいいな

モモ先輩
モモ先輩

本当は猿はサルスベリに登れるけどね

サルスベリ(百日紅)の花言葉|花の形と名前の由来から


撮影者:スミレ

サルスベリの花の生態からきた花言葉をご紹介しますね。

「雄弁」

花びらがちりめんのように縮れているところから。

「愛敬」

まとまって咲くサルスベリの可愛らしさを表現したのでしょうね。

和名サルスベリの名前の由来から来ている花言葉もありますよ。

花言葉は「不用意」

モモ先輩
モモ先輩

猿はサルスベリに登れるから
あくまでもイメージね




サルスベリ(百日紅)の特徴・名前の由来と花言葉のまとめ

先にヒャクジツコウと聞き百日紅と漢字で読めば、知らない樹木のように思えるサルスベリの木。

ヒャクジツコウと呼ぶこともありますが、日本ではサルスベリの和名で浸透していますね。

サルスベリの木の特徴は樹皮がはがれることと、ほのかな香りがすることです。

この記事では、サルスベリ(百日紅)の特徴~名前の由来と花言葉の伝説をご紹介致しました。

サルスベリ(百日紅)の特徴と名前の由来

  • サルスベリ(百日紅)の特徴:夏に花咲く樹皮がツルツルした落葉樹
  • サルスベリの名前の由来:哀しい昔話とユーモラスな和名
  • サルスベリの花言葉:花の様子からと和名からきたもの
★ サルスベリ(百日紅) 7/31 8/29 誕生花
科名/属名ミソハギ科 / サススベリ属

原産中国南部
学名Lagerstroemia indica
和名サルスベリ
別名ヒャクジツコウ(百日紅)
くすぐりの木
花言葉「雄弁」「愛敬」「不用意」
開花時期7~10月
花色 赤・白・ピンク・うす紫
特徴樹皮がはがれる
ほのかな甘い香り

街歩きで見つけた公園の樹木、お家のシンボルツリー、街路樹にも色々ありますね。

あなたの気になる街角の樹木は何ですか?

<あわせて読みたい♪>

木槿(ムクゲ)に似た花、芙蓉(フヨウ)の違いは葉っぱにあり!

木槿(ムクゲ)に似た花、芙蓉(フヨウ)の違いは葉っぱで見分ける
夏を代表する花、木槿(ムクゲ)と芙蓉(フヨウ)の簡単な見分け方についてご紹介。 雄しべのカーブ、葉っぱの大きさ、株全体の特徴で見分けられます。

ノウゼンカズラ(凌霄花)|夏を告げるオレンジの鈴なりラッパ

ノウゼンカズラ(凌霄花)|夏を告げるオレンジの鈴なりラッパ
長雨に降られて花さんぽも難しかった頃、街で雨に濡れるラッパの形をしたお花を見かけました。 灰色の景色の中で明るいオレンジがひとり目立っていましたね。 うっとおしかった気持ちも元気になれる鮮やかさ。 それはノウゼンカズラ(凌霄花...

夾竹桃|復興と希望のシンボルの街路樹、でも毒性には気を付けて

キョウチクトウ(夾竹桃)は復興と希望の街路樹、でも毒性には気をつけて
6月に入って白いキョウチクトウ(夾竹桃)が咲き始めました。 雨に濡れた緑色の葉っぱが綺麗です。 上を見上げたら身近に可憐な花が咲いていますよ。 春~初夏の街路樹で楽しめる花さんぽ。 ハナミズキ・ヤマボウシ 、  そしてキ...




「鏡花水月★花つむぎ」では、花の別名の由来・花言葉・初心者でもできる鉢植えの育て方、花さんぽのスポットまでをご紹介しています。
またお立ち寄りくださると嬉しいです。

タイトルとURLをコピーしました