ネコジャラシ|本名はエノコログサ(狗尾草)の日々の幸せ

エノコログサ名前の由来と花言葉

暑い日差しの街さんぽでネコジャラシを見つけました。

ネコジャラシは秋に実る稲穂に似ていますよね。
夏から元気に咲いていました。

そう、あの稲穂の様な緑は花穂(穂の様な形で咲く花)なのです。
穂の中にちいさく花があるのでのぞいて見てね。

ネコジャラシは粟の原種と言われています。

スミレちゃん
スミレちゃん

食べられるのかしら?

モモ先輩
モモ先輩

稲の仲間だから
食べられる雑草よ

ネコジャラシはどこでも見られる素朴な雑草です。

個人的には街歩きでほっと心がなごむ、日々の幸せを感じる野草ですね。

この記事では、ネコジャラシの本名エノコログサの名前の由来と花言葉、
そしてネコジャラシ繋がりで、「猫じゃらし」の曲もあわせてご紹介したいと思います。

エノコログサ(狗尾草)の名前の由来と花言葉

  • ネコジャラシの本名エノコログサ:名前の由来は名前の由来は犬と狐と猫
  • エノコログサ(狗尾草):子どもの遊びが花言葉の由来
  • 日々の幸せを感じる「猫じゃらし」の歌
スポンサーリンク

ネコジャラシの本名はエノコログサ|名前の由来は犬と狐と猫


撮影者:スミレ
エノコログサ
イネ科 / エノコログサ属

エノコログサ(狗尾草)の名前の由来

● ふさふさした穂を犬の尻尾に見立てたところから。
狗は犬のこと。犬ころ草が語源。

● 英名もキツネのシッポに由来。

一般的にはエノコログサ(狗尾草)よりネコジャラシの名前の方が浸透していると思います。

ネコジャラシの名前にも由来があるのでしょうか?

「鏡花水月★花つむぎ」管理人が子どもの頃の体験です。

あるお宅にあそびに行った時、ネコジャラシで猫を遊ばせているところに遭遇しました。
ふわふわの穂先を振ると猫が喜んで飛びつくのです。

それはまるで獲物を狙うように素早い動きでした。

スミレちゃん
スミレちゃん

正直こわかったです・・・

ネコジャラシの名前の由来は「鏡花水月★花つむぎ」管理人の体験そのもの。

別名ネコジャラシになった由来

猫の目の前でエノコログサを振ると猫がじゃれるから

でした。

エノコログサ(狗尾草)|子どもの遊びが花言葉の由来


撮影者:スミレ
エノコログサとヒメジョオン

エノコログサ(狗尾草)は子どもが遊ぶのにちょうどいいサイズです。

穂だけではなく茎から抜くにはちょっとしたコツがあります。
葉の上から引っ張ると面白いようにスっと抜けるんですよ。

スミレちゃん
スミレちゃん

子どもの頃に自然に覚えたけど
今の子どもは遊んでいるのかな?

エノコログサ(狗尾草)遊び

● 猫じゃらしに。
● 穂先だけをちぎって毛虫に見立て。
● 茎から抜いてくすぐり遊び。
● 茎も穂もしなるので工作の材料に。
● 穂の中にある種は食用可。火であぶると香ばしい。

モモ先輩
モモ先輩

排気ガスがかかっているから
あんまり食べたいとは思わないけどね

こんな風に色々遊べるエノコログサ(狗尾草)。

花言葉はそのものズバリ!

「遊び」「愛嬌」

でした。

身近な野草で遊ぶ素朴な幸せ、ネコジャラシ、本名エノコログサ(狗尾草)。

子どもの頃に遊んだ雑草も、今では見かけなくなっていることも多いです。

今も変わらずあちらこちらで見かけるエノコログサ。
ノスタルジーと元気をもらっています。

モモ先輩
モモ先輩

エノコログサは秋の花粉症の原因のひとつ
気をつけてね

日々の幸せを感じる「猫じゃらし」の歌


撮影者:スミレ
イキイキ!雨上がりのエノコログサ

子どもの頃から親しみを持っていた雑草、ネコジャラシ。
本名エノコログサよりも、やっぱりネコジャラシと呼びたくなるんです。

ネコジャラシの記事を書きながら聴いていた曲を、最後にご紹介しましょう。

ズバリ「猫じゃらし」という曲なんですよ。

「猫じゃらし」は2020年キリン午後の紅茶のCMで使われている曲です。
野田洋次郎(RADWIMPS)さんの穏やかな声。
1回聴いたら心に残る、繰り返し聴きたくなる楽曲ですね。

私は「この言葉ばかりに頼りきった日々」とういう出だしで、ズーンと心つかまれました。

静かなメロディに載せて対句のような歌詞が紡がれていきます。

いざ僕らで行こうぜ はじめましての今日へ

ドレスコードは君も知らない 君だけさ

「猫じゃらし」より

このキリン午後の紅茶のCMの深田恭子さん編のテーマは、そばにある幸せだそうです。

ネコジャラシのある風景にピッタリな感じがしませんか?

スミレちゃん
スミレちゃん

日々の暮らしの中で
今日という新しい日を感じたいですね♪

 RADWIMPSさんのHP
「猫じゃらし」の歌はCMバーションと配信バージョンがあります。
HPではMVも視聴できます。




エノコログサ(狗尾草)の名前の由来と花言葉まとめ

この記事では、ネコジャラシの本名エノコログサの名前の由来と花言葉、
あわせて、日々の幸せを感じる「猫じゃらし」の曲もご紹介致しました。

エノコログサ(狗尾草)の名前の由来と花言葉

  • ネコジャラシの本名エノコログサ:名前の由来は名前の由来は犬と狐と猫
  • エノコログサ(狗尾草):子どもの遊びが花言葉の由来
  • 日々の幸せを感じる「猫じゃらし」の歌
★ エノコログサ(狗尾草) 10/4 誕生花
科名/
属名
イネ科 / 属
原産アジア、ヨーロッパ、アメリカ など世界各地
学名Setaria viridis
別名ねこじゃらし
英名Foxtail grass
花言葉「遊び」」愛敬」
開花時期7~11月
花色緑・黄色
特徴1年草

街歩きで見つけた公園の樹木、草花にも色々ありますね。

<あわせて読みたい♪>

露草|名前の由来と万葉の恋の歌

露草の特徴|名前の由来と万葉の恋の歌
透明感のある青い露草色。 今年も無事ツユクサ(露草)を見つけました。 青い花びらが2枚。 雄しべと雌しべの下に小さな白の花びらが1枚。 露草には合計3枚の花びらがあります。 露草の花の形は特徴的でわかりやすいですね。 ...

ワルナスビ|茄子に似た可愛い花のトゲと毒

ワルナスビは侵略的外来種|茄子に似た可愛い花のトゲと毒
雑草と言われる野草はたくさんあります。園芸家にとっては除草の対象。花壇のお花を守るためには致し方のないところもあります。 そんな雑草たちも中身を知れば、薬草であったりお茶にできたりと活用法がありました。ところがこのワルナスビはやっかいもの。最強の侵略的外来種かもしれません。毒があるので見つけても触れないようにしてくださいね。

初夏のピンクの草花|昼咲月見草と赤花夕化粧の違い

初夏のピンクの草花|ヒルザキツキミソウ(昼咲月見草)とアカバナユウゲショウ(赤花夕化粧)の違い
初夏の空き地で見つけたお花はヒルザキツキミソウ(昼咲月見草)。 見つけた場所が場所だから雑草扱いされている草花でしょうか。 お花の直径は4~5㎝ほど。 雑草にしたら立派すぎるほどの大きさです。 その少し前の日に、もうひとまわ...

「鏡花水月★花つむぎ」では、花の別名の由来・花言葉・初心者でもできる鉢植えの育て方、花さんぽのスポットまでをご紹介しています。
またお立ち寄りくださると嬉しいです。

タイトルとURLをコピーしました