スノードロップの花言葉と怖い伝説・優しい物語

名前の由来と花言葉

鈴蘭(スズラン)によく似たお花に、鈴蘭水仙(スノーフレーク)とスノードロップがあります。

この3種類のお花を開花順に並べると

  • 2~3月 スノードロップ(待雪草)
  • 3~4月 スノーフレーク(鈴蘭水仙)
  • 4~5月 スズラン(鈴蘭)

となり、季節は少しずつ重なりながら咲いていきます。
3種類のお花の見分け方については、こちらに詳しくご紹介しています。

>関連記事 スズランに似た花、鈴蘭水仙(スノーフレーク)とスノードロップの違いとは

この記事では、春を告げるスノードロップの別名と花言葉の由来、スノードロップにまつわる物語を取り上げます。

スノードロップの花言葉の物語

  • スノードロップは早春のお花
  • スノードロップの花言葉の由来
  • スノードロップの悲しい伝説・優しい伝説
  • スノードロップと「森は生きている」
  • スノードロップの種類
スポンサーリンク

スノードロップは春を告げる花、別名待雪草

snowdrop

スズラン、スノーフレーク、スノードロップ。

中で一番早く咲き始めるのがスノードロップです。
スノードロップの名前の由来はイヤリングから、
ドロップ型のイヤリングをイメージしたのでしょう。

和名:待雪草(マツユキソウ)

綺麗な名前ですね。
雪を待っているみたい?

いえいえ、雪の下で春を待っているお花。
春の目覚めを一番に告げる早春のお花なのです。

うつむくよう咲き、日が暮れると閉じてしまうのにも可憐さを感じますね。




スノードロップの花言葉の由来

snowflake

スノードロップの花言葉:「希望」「慰め」

アダムとイブがエデンの園から追放されたお話に由来します。
こんなお話です。

スノードロップの花言葉の由来

アダムとイブは天国の楽園、エデンの園から追放されてしまいました。

その年の厳しい冬。
いつ終わるとも知れない雪。
イブは絶望してさめざめと泣きます。
それを見た天使がイブを慰めようとしたことは?

天使が雪に息吹を与え、雪は大地に舞い降りて花となりました。
それがスノードロップの花だったのです。

厳しい冬にも必ず終わりがあります。

春を待つ希望の星。
それがスノードロップなのです。




スノードロップの怖い伝説と可愛い別名

snowdrops

可憐な白い花スノードロップ。
プレゼントに贈りたくなりますね。
日本では雪の下で待っている待雪草のイメージだと思います。

ただし、土地によってお花のイメージは異なります。
お花をプレゼントする前には、その土地でのお花のイメージを確認する方が安心です。

たとえば、英国で一部の地域でのスノードロップ。
死をイメージする花として認識されています。

びっくりですよね。

それはこんなお話からでした。

◆英国の一地域の伝説◆ スノードロップと死のイメージ

むかしむかし、恋人の死を知ったケルマは、その死を嘆き、
遺体の傷の上にスノードロップを置きました。
恋人は蘇ることはありませんでしたが、
スノードロップの花の姿となったと言われています。

それから、その地方ではスノードロップは死をイメージする花となってしまったのです。
春咲きにスノードロップを見つけてもお家には持って帰らないそうです。
また、スノードロップの花をプレゼントするのは「あなたの死を望みます。」という意味になり、大変失礼になるのだとか。

同じ花を見てもイメージが随分違うのは、言い伝えによるのですね。

これは英国の一地域でのお話でした。

ヨーロッパ全体ではこちらの伝説の方が有名です。

◆ヨーロッパの伝説◆ スノードロップと白い雪

むかしむかし、雪には色がありませんでした。
雪は自分にも色が欲しくて周りのお花たちに頼みますが、
全部断られてしまいます。

雪を可哀そうに思ったスノードロップだけが
自分の白い色を分けてあげました。

それで雪は白いのです。

真っ白なスノードロップと優しいエピソードがぴったりの伝説ですね。

多くの国・地域では、スノードロップには良い印象の方が多いです。

ヨーロッパでのスノードロップの別名もいっぱいありますよ。

「マリアの花」「雪の花」「ツグミの花」「小さな雪の瞳」「春の白さ」「可愛い瞳」

あなたがスノードロップを可愛いと思ったなら、
花言葉の「希望」を添えればプレゼントしても大丈夫です。

タイトルとURLをコピーしました