リンドウ(竜胆)|繊細なお花の強い薬草伝説

スポンサーリンク
リンドウ名前の由来と花言葉

リンドウ(竜胆)の花が華やかに開いている様に遭遇したことはありますか?

一面に咲き誇るリンドウ(竜胆)の花・・・。
あまり見かけない印象ですよね。

スミレちゃん
スミレちゃん

リンドウのつぼみや
小さく開いているのはありますけど。

モモ先輩
モモ先輩

リンドウはちょっとした刺激で閉じてしまうのよ。

繊細なお花リンドウ(竜胆)は洋の東西を問わず、薬草として使われてきた歴史があります。

この記事では、リンドウ(竜胆)の特徴、名前の由来と薬草伝説をご紹介します。

リンドウ(竜胆)

  • 特徴:秋の野山に自生・園芸品種も多い
  • 名前の由来:龍の肝にたとえた苦味から
  • 薬草伝説:「聖ラディアス王と薬草」「日和山 二荒縁起」
  • 花言葉:「正義」「悲しんでいるあなたを愛す」「誠実」
スポンサーリンク

リンドウ(竜胆)は自生種だけでも約400種ある

リンドウ
撮影者:スミレ
リンドウ属/リンドウ科
ピンク色したリンドウの園芸種

リンドウの花は朝には閉じます。
切り花のリンドウの花束を買っても、つぼみのまま枯れていくこともよくあること。

お友達にリンドウ愛を語っていたら
「つぼみのまま開かないお花だと思っていたわ。
と言われてビックリ!

でも、無理もないかもしれません。

リンドウは少しの刺激でもすぐに閉じてしまう、繊細なお花なのです。

秋の里山に自生しているリンドウ。

青紫の花と緑の細長い葉っぱが清々しく映えますね。

大きく開くお花ではないので、咲いているのを見つけるとhappyな気分に♪

スミレちゃん
スミレちゃん

リンドウはキキョウと同じく
青紫イメージでした。

モモ先輩
モモ先輩

実際には種類が多いわよ。
品種改良されたものもあるし。

実はリンドウの種類は自生種だけでも400種ほどあります。
人気のもの、代表的なものを上げました。

代表的なリンドウの仲間
・フデリンドウ
・ハルリンドウ
・ミヤマリンドウ
・エゾリンドウ
・タテウアマリンドウ

品種改良されたものは、一見リンドウとはわからないぐらいに変化しています。

「鏡花水月★花つむぎ」管理人が個人的にビックリしたものは、
ご近所さんの玄関先で可愛いくて目を引いた「カビサンリンドウ」です

これをリンドウの仲間とわかるのは正直難しいですね。
(写真を撮るのを忘れたのが残念)

スミレちゃん
スミレちゃん

とても小さくてピンク色でした♪

リンドウ(竜胆)の名前の由来は薬効から

   リンドウ
リンドウ属/リンドウ科
リンドウ

秋の野山に咲くリンドウには寂しげな風情があります。
透明感のある青紫に引き寄せられます。

袋状に咲くリンドウは最盛期でも開きは小さく可憐なまま。
決して派手なお花ではありません。
静かな秋の野原に合うお花ですよね。

なのに、漢字を見るとちょっと怖く感じませんか?

「竜胆」だなんて!

どんな由来があるのでしょうか?

平安時代の別名は「たつのいぐさ」太豆乃伊草)とも呼ばれていました。

リンドウの根っこには苦味があります。
竜(たつ)とい(熊の肝)の肝臓が苦いところから名付けられたのですね。

中国の漢方の書物「神農本草経」には、リンドウは味苦く五臓の虫を殺すとあります。

リンドウの和名は「えやみぐさ」
疫病の治療に使われていたそうです。

リンドウに薬効があることは、洋の東西を問わず広く知られていました。

リンドウの苦味成分はゲンチアニン
ゲンチアニンには殺菌力があり、健胃剤として使われていました。

英名「ゲンチアン」

これは、リンドウを医療に役立てたイリュリア王ゲンチウスに(古代ローマの王)にちなんで、つけられたといわれています。

モモ先輩
モモ先輩

もっと苦いのはリンドウ科のセンブリね。

スミレちゃん
スミレちゃん

聞いたことあります。
千回振っても苦いんですよね

リンドウの名前の由来

● 苦さを竜胆(龍の肝臓)に例えたことから

リンドウ(竜胆)の伝説「聖ラディアス王の薬草」

ハンガリーにはリンドウの薬効に因んだこんな伝説があります。
簡単にご紹介しましょう。

◆聖ラディアス王の薬草伝説◆


むかしむかし、ハンガリー国で死の病と呼ばれた「ペスト」が蔓延していました。
何も対処法がない時代です。
次々と亡くなっていく民衆を前に、ラディアス王はどうすることもできませんでした。

ラディアス王は山に入り神に祈ります。

「神よ、どうぞ病を治す薬草にこの矢をお導きください。」

ラディアス王の放った矢が当たったのはリンドウの根っこでした。

王はリンドウの根っこを持ち帰って処方し病気の民に与えます。
民衆は元氣を回復していきました。

元氣になった民衆は、感謝をこめてラディアス王を称えます。

その時からリンドウは「聖ラディアス王の薬草」と呼ばれるようになりました!

日本にもリンドウの薬効話がありますよ。

ウサギに教えてもらった薬効伝説が残っています。
親孝行な役小角(えんのおづの)さんのお母さんの病気が治るお話です。

「日和山 二荒縁起」

スミレちゃん
スミレちゃん

ウサギとお話できるなんて
ほのぼのした昔話ですね。

モモ先輩
モモ先輩

このウサギは二荒神の化身だったとされています。

リンドウ(竜胆)の花言葉「悲しんでいるあなたを愛す」

リンドウ
撮影者:スミレ

リンドウの花言葉はいくつかあります。

薬効からからきているのでしょう。
「正義」なんて強い花言葉もありますね。

リンドウの花のイメージにピッタリの花言葉もあります。

「誠実」

そしてもうひとつ。

「悲しんでいるあなたを愛す」

なんだか深いですね。

スミレちゃん
スミレちゃん

1番リンドウらしいと思う花言葉です。

リンドウの青紫の花色のイメージからきているように思います。

また、リンドウは群生しないところからにも感じます。
ひとりで立って生きていけるように見守る愛でしょうか。

花言葉は花の姿形や特性からできたものです。

これはわたしの個人的なイメージです。

あなたはリンドウの花言葉をどんな風に感じられましたか?

リンドウ(竜胆)の特徴・名前の由来と花言葉のまとめ

リンドウ

この記事では、リンドウ(竜胆)の特徴~名前の由来と薬草伝説をご紹介致しました。

リンドウ(竜胆)

  • 特徴:秋の野山に自生・園芸品種も多い
  • 名前の由来:龍の肝にたとえた苦味から
  • 薬草伝説:「聖ラディアス王と薬草」「日和山 二荒縁起」
  • 花言葉:「正義」「悲しんでいるあなたを愛す」「誠実」
★リンドウ(竜胆) 9/16・10/20 誕生花
科名/属名リンドウ属/リンドウ科
原産日本・中国
学名Gentiana scabra
別名ササリンドウ・エヤミグサ
英名ゲンチアン
花言葉「悲しんでいるあなたを愛す」
「誠実」
開花時期9~10月
花色青紫
青・紫・白・ピンクなど(園芸品種)
特徴多年草
根に薬効(健胃作用)あり

リンドウもキキョウも秋の風情があるお花ですよね。

迷ったことはありませんか?

<あわせて読みたい♪>

桔梗(キキョウ)と竜胆(リンドウ)を簡単に見分ける方法

桔梗(キキョウ)と竜胆(リンドウ)を簡単に見分ける方法
桔梗と竜胆とトルコ桔梗の見分け方。 トルコ桔梗はリンドウ科なんです。

桔梗(キキョウ)|名前の由来と哀しい花言葉の物語

桔梗(キキョウ)|名前の由来と哀しい花言葉の物語
「清楚で可憐で凛として」 桔梗にはこんな言葉で形容するのが似合います。 日本古来から自生しているからでしょうか。 ちょっと古風な趣もある桔梗。 この記事では、日本女性に人気の桔梗について、花言葉から人気の秘密を探ります。 ...

秋の七草の名前の覚え方と選ばれた理由

秋の七草の名前の覚え方と選ばれた理由
秋の七草は7種類だけではありません。春の七草との違いとは何でしょうか? 古来から愛された秋の草花の風景。 秋の七草の選ばれた理由と覚え方についてご紹介しています。

「鏡花水月★花つむぎ」では、花の別名の由来・花言葉・初心者でもできる鉢植えの育て方、花さんぽのスポットなどをご紹介しています。
またお立ち寄りくださると嬉しいです。

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました