チューリップの花びらを押し花にする簡単な方法

スポンサーリンク
押し花チューリップ

チューリップの花の命は1週間だとガーデニングの先輩に聞いていました。

初心者ガーデニングは3年目、
チューリップを育てたのは初めての「鏡花水月★花つむぎ」管理人です。

12日間も楽しませてくれた初めてのチューリップ。

チューリップの花びらの色があまりにも美しくて。
なんとか思い出にできないかなぁと押し花を思いつきました。

スミレちゃん
スミレちゃん

押し花なんて小学校低学年以来です。

プロみたいにスゴイ芸術作品でなくていい。
昔ながらの簡単なやり方で思い出のチューリップの押し花に挑戦です。

この記事では、童心に戻って簡単に押し花を作るポイントをお伝えします。

カンタンにチューリップの花びらで押し花を作ろう!

  • 押し花に向いている植物とは?
  • お家にあるもので作る押し花
  • ちょっとひと手間で色持ち良く
  • 押し花をしおりにする
スポンサーリンク

押し花に向いている植物とは?

どんなお花が押し花に向いているのでしょうか?

過去に押し花にしたことのある植物を思い出してみました。

スミレちゃん
スミレちゃん

押し花ではなくて
押し葉の体験ならあります。

紅葉(モミジ)や銀杏(イチョウ)

紅葉した葉っぱを本の間にいれていた記憶が。

押し花に向いている植物
● 花びらが立体的でないもの
● 花びらが薄いもの
● 水分量の多くないもの
モモ先輩
モモ先輩

葉っぱで出来る押し葉や
小さな草花が簡単よ。

押し葉は平面的で栞にしやすいですよね。
お花ならスミレなどの小さな草花は比較的簡単。

たとえばチューリップや薔薇のような、
立体的で華やかなお花は押し花にするのは難しそうです。

こんな風に重なっているんですから。


撮影者:スミレ

チューリップの重なり合う花びらや優美な葉っぱのライン
全部を押し花にするなら確かに難しいでしょう。

大丈夫。
チューリップとの思い出に残すのなら花びら1枚でも充分です!

植物の姿全体を残す本格的な押し花ではなくて、花びら1枚の押し花に挑戦しました。

お家にあるもので簡単に押し花を作る


撮影者:スミレ

チューリップのお花は一輪だけ。

今回は昔ながらの素朴なやり方。
時間をかけて乾燥させていく方法で押し花を作ることにしました。

スミレちゃん
スミレちゃん

懐かしさで選んだの。

花びらの押し花の手順

  1. 段ボール紙(厚紙)の上にティッシュを数枚置く
  2. 花びらを平面になるように整えて置く
  3. 花びらの上をティッシュ数枚ではさむ
  4. 厚紙でサンドする
  5. その上に本で重石をする
    重い本なら本に直接はさんでもOK

要は、花びらの水分を取って乾燥させていくのですね。
(ティッシュの替わりにキッチンペーパーも可)

後は1週間位でティッシュを替えて様子を見ていきます。

美しい押し花を作るために

さてここで、綺麗な押し花を作る為の極意をお教えしましょう。

モモ先輩
モモ先輩

押し花作りがメインなら
花盛りの時に摘み取るのが鉄則。

芸術家気質の人なら当たり前の判断ですね。

「鏡花水月★花つむぎ」管理人の場合は育てることがメインだったのです。

チューリップとの思い出としての押し花。

12日咲き続けたチューリップの花びらが落ちた日に、押し花作りを思い立ちました。

すでに花びらの先の方は色が変わってきていますね。

スミレちゃん
スミレちゃん

色の変化も美しいと感じたから
わたしはこれでいいの。

押し花が完成したら市販の押し花保存袋に入れると持ちがいいですよ。

お家にあるものを利用するなら、密封した袋に入れて乾燥剤に入れるのも手。
美しい色の退色を防ぐことができます。

うまくいってもいかなくてもいい。
そんな心境でした。

押し花作りの時短ワザ

最近では押し花作成も色々と便利になっています。

即効で作る押し花の技の色々

  • 市販の押し花キットを使う(初~上級まで)
  • 電子レンジでチン!(上級者向)
  • アイロンでシュッ!(上級者向)

レンジやアイロンはあっという間にできます。

ただし修正がききません。
お花が一輪しかない場合はリスクが高いです。

ご自身が器用な方であると自覚している方、
たくさんお花があって失敗する余裕がある方は、
時短で押し花ができますので試してみてくださいね。

押し花をしおりにする便利ワザ


撮影者:スミレ

これは押し花にして3週間後のチューリップです。

花びらの先が丸まっていたところは切れているものもあります。
そこはご愛敬。
綺麗に水分がとんでいました。

昔はこのまま本にはさんでいたんだけどな~。
そこでふと思いついたんです。

スミレちゃん
スミレちゃん

アイロンでできるものなら
ラミネート加工しても大丈夫なんじゃないかしら


B5用紙の上に花びらを4枚並べました。

ラミネートは高温です。
どうなるのかわかりませんが、なんでもやってみよう!

大丈夫でした!
4分割にして穴を空け、ひもを通してしおりの完成です。

チューリップの花が終わった時には、この結末を想像していませんでした。

名残惜しくて思いついたことがこんな栞になるなんて。
初めてのチューリップの思い出ができました。

身の周りにあるものだけを使って、チューリップの花びらの押し花のしおりを作る。

スミレちゃん
スミレちゃん

手作りなんてしたこともない私でもできました。
感激です!

追記:1年後の栞はかなり退色していました。
それでも長い間一緒にいられたので良しとします。
また今年のチューリップに会えますから♪

チューリップの花びらを押し花にする まとめ


撮影者:スミレ

チューリップの押し花を簡単に

  • 押し花に向いている植物:葉っぱ(押し葉)や平面的な草花
  • 用意するもの:厚紙・ティッシュ・厚い本
  • 押し花作りのポイント:退色を防ぐ
  • 押し花作りの時短技:押し花キット、電子レンジ、アイロン
  • 押し花のしおりを作る:ラミネートを利用


厚紙で挟んだ上にしっかりした本で重石を

この記事では、童心に戻って簡単に押し花を作るポイントをお伝え致しました。

チューリップの花終わりに試してみてくださいね。
素敵な思い出ができますよ。

<あわせて読みたい♪>

No初めてのチューリップで1年間にしたこと
【初心者向き】チューリップ球根の植えつけ~彫り上げまでの楽しい1年間♪

【初心者向き】チューリップ球根の植えつけ~彫り上げまでの楽しい1年間♪
チューリップはガーデニング初心者さんにも育てやすいお花です。実際に育ててみると芽がふたつ出てきたりお花の終わりに迷ったり。この記事では、初めてチューリップを育てる人でも安心、チューリップ栽培の1年間を時系列でまとめました。晩秋の球根の植えつけからスタートです!

1年間を凝縮してコンパクトにまとめたご紹介記事です。

初心者でも簡単!チューリップの球根|晩秋の植え付け作業手順

初心者でも簡単!チューリップの球根|晩秋の植え付け作業
チューリップの球根を植えるなら晩秋までに。 球根選びから実際の植え付けまで。 初心者でも簡単です。 寒風に当てて春のチューリップを待ちましょう。

チューリップの球根を購入して最初にすること。

チューリップの球根から2つの芽が出た立春

チューリップの球根から2つの芽が出た立春
チューリップの球根からふたつの芽が出てきました。 お花は咲くの?何かすることはあるの? 初心者の疑問を先輩に解決していただきました。

ひとつの球根からふたつの芽には期待してしまいました。

【写真で見る】チューリップ観察記録|花の命は1週間

【写真で見る】チューリップ観察記録|花の命は1週間
初めてお花の存在を意識したのはいつの頃でしょうか。 生まれて初めて覚えたお花の名前がチューリップです。 この記事はガーデニング初心者が初めてチューリップの栽培観察日誌です。 開花までの様子や1日の変化など写真メインにまとめています。 チューリップの花が咲くまでのワクワク感をご一緒にお楽しみくださいね。

開花日を時間ごとに観察して12日間楽しみました。

チューリップの花が終わったら|来年も花を咲かせるために必要なこと

チューリップの花が終わったら|来年も咲かせるために必要なこと
チューリップの花が終わったらその後にすることとは? 来年の花のために球根を太らせる作業が必要です。 この記事では、春のチューリップが咲いた後、途方にくれているお花初心者さんに向けてお届けしました。

花びらが散り始めたらどうしたらいいのでしょうか?

チューリップの花びらを押し花にする簡単な方法

この記事です。
チューリップの花びらを押し花にしました。

初心者でも簡単!チューリップの球根|初夏の掘り上げ作業手順

初心者でも簡単!チューリップの球根|初夏の掘り上げ作業手順
チューリップの花が終わった後は球根を大きくする時期です。 夏前には球根の「掘り上げ」を行います。 この記事ではチューリップの球根の「掘り上げ」方法を写真と共にご紹介します。 初心者さんでも簡単ですよ♪

来年のチューリップのために球根の掘り上げ」を行いました。

 チューリップの魅力の理由とチューリップマニアの歴史を探る

チューリップの魅力の理由とチューリップマニアの歴史を探る
誰もが知っている春の花、チューリップ。 なぜ、チューリップは世界中の人々から愛される人気のお花なのでしょうか? この記事では「鏡花水月★花つむぎ」管理人がチューリップの魅力の理由を語ります。

世界中で愛されるチューリップのトリビアです。

「鏡花水月★花つむぎ」では、身近なお花の見分け方・初心者向きガーデニング・花さんぽの穴場スポットなどをご紹介しています。
またお立ち寄りくださると嬉しいです。

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました