コスモス(秋桜)の別名・花言葉と色別特徴を徹底解説!

名前の由来と花言葉

秋の青空の空色にはコスモスのピンクの花色が似合います。
コスモスは秋を代表する花のひとつですね。

実はコスモスの開花時期は6~11月
品種が豊富なので長く楽しめるお花なんです。

定番の秋咲きの見頃は9月下旬~10月頃。

ひまわり畑を見に行ってコスモスを発見したことはありませんか?
8月から咲いている夏咲きコスモス早咲きコスモスも珍しくなくなってきました。

コスモスの花は、明るい方に向かって咲くのが特徴です。

この記事では、コスモスの色別の花言葉と特徴を、わかりやすくまとめていきますね。

コスモス(秋桜)の別名・色別花言葉・色別特徴

  • コスモスの花の定番3色・3分類
  • コスモスの名前の由来
  • コスモスの色別花言葉(白・赤・ピンク・赤紫)
  • キバナコスモスの花言葉
  • チョコレートコスモスの花言葉
  • Mr.Children(ミスチル)のコスモスの「花言葉」
スポンサーリンク

コスモスの花の定番3色

cosmos

撮影者:スミレ 徳島にて

コスモスはキク科のコスモス属。
人気の高いお花で品種改良も盛んです。

コスモスの品種を色別にすると3種類。

  1. コスモス(白・赤・ピンク系)
  2. キバナコスモス(オレンジ・黄色系)
  3. チョコレートコスモス(褐色系)

全てキク科のコスモス属です。




コスモス(秋桜)の名前の由来は宇宙的

撮影者:スミレ 淡路島にて

Cosmos(コスモス)には「調和」「秩序」「美」という意味があります。
名前の由来はギリシャ語のKosmosから。
宇宙の語源となったKosmosに由来しています。

端正な花びらの形のコスモス。
「美」の意味にふさわしいですね。

コスモスは日本の風景に溶け込んでいます。
しかし、その歴史は意外に新しいものでした。
コスモスが本格的に入ってきたのは明治以降なのです。

コスモスは丈夫で育てやすいため、またたく間に広まりました。

日本で付けられた別名(和名)です。

  • 秋桜(アキザクラ)
  • 大春車菊(オオハルシャギク)

和名の由来は、桜に似ていて秋に咲くから秋桜(アキザクラ)。

ふたつの和名は、秋桜(アキザクラ)の方が有名ですね。

パソコンで「コスモス」と入力して変換すると「秋桜」と出てくるんですよ。
日本でのコスモス人気を垣間見られる様な気がします。

「オオハルシャギク」の名前は、元々コスモスを代表する1品種名でした。
今では、コスモスそのものを指す別名として使われています。

日本で品種改良されたコスモスも多いです。
総称して「ジャパニーズコスモス」と呼ぶこともあります。

タイトルとURLをコピーしました