オオデマリと紫陽花の見分け方、コデマリと雪柳との違いとは?

スポンサーリンク
似ている花の見分け方

GWの公園でオオデマリを見かけた時は紫陽花だと信じて疑いませんでした。

「あれ?もう紫陽花が咲いている!」

そばにいたガーデニングの先輩にすぐ
「これはオオデマリよ」と訂正されたのでしたが・・・。

確かコデマリという花もあったはず。

そこで一気に疑問が渦巻いてきたのです。

● オオデマリ(大手毬)とアジサイ(紫陽花)の違いって何?

● オオデマリ(大手毬)とコデマリ(小手毬)は同じ花の仲間?

どうしたら見分けることができるのでしょうか。

この記事では、オオデマリに似ている紫陽花との見分け方、オオデマリと名前が似ているコデマリとの違いについて、お花初心者さんにもわかりやすくお伝えしていきます。
あわせてコデマリとユキヤナギとの関係もご紹介しますね

オオデマリと紫陽花、オオデマリとコデマリの違いについて

  • オオデマリはシンボルツリー
  • オオデマリとスノーボールの見分け方
  • オオデマリにそっくりな紫陽花の白い花(アナベル)
  • コデマリの見た目:オオデマリよりユキヤナギに似ている
  • 開花順:ユキヤナギ⇒コデマリ⇒オオデマリ⇒アジサイ
スポンサーリンク

オオデマリはシンボルツリー|名前の由来と特徴


撮影者:スミレ
レンプクソウ科/カマズミ属
オオデマリ 落葉低木

オオデマリは姿形が紫陽花とそっくりな花です。
白い花がてまりの様に丸く固まって咲きます。
花の大きさは直径10センチ程度です。

開花は紫陽花より早く4月頃~咲き始めます。

モモ先輩
モモ先輩

オオデマリは

早めの紫陽花と見間違いやすいわね。

名前の由来は、黄緑色~白に変化して雪の玉に見えるから。

秋になるとオオデマリの葉は紅葉します。

スミレちゃん
スミレちゃん

赤い実がつきます♪

春のお花、秋の紅葉と赤い実のお楽しみ。

オオデマリはお家のシンボルツリーに選ばれる樹木です。

<オオデマリの特徴>


撮影者:スミレ
レンプクソウ科/カマズミ属

オオデマリ 落葉低木

オオデマリは日本、中国、台湾に自生するヤブデマリの園芸品種です。
しっかり太い枝がありどんどん上に伸びていきます。
最終的には人の背丈を超えるほどに成長します。
約1~3mぐらいまで)

モモ先輩
モモ先輩

痩せた乾燥地はちょっと苦手。

オオデマリは草花ではなく樹木です。

オオデマリ
自然の中のオオデマリ
人の背丈を軽く超えていました。

1.枝の特徴

オオデマリは端正な樹木です。
自然に左右バランス良く伸びていきます。
剪定が少なくていいのもメリットのひとつですね。

2.花の特徴

紫陽花の花のように見えるのはガク。
ということはよく知られていますよね。
装飾花と呼ばれています。

オオデマリも装飾花です。
雄しべ雌しべが変化した花弁(花びら)が
手毬のように固まって咲いています。

紫陽花と同様、オオデマリも花色に変化があります。
咲き始めは薄緑色で徐々に純白に変化していきます。

3.葉の特徴

丸くてフチがギサギサな葉っぱです。
葉脈がはっきり線になって見えています。

オオデマリは秋になると紅葉する落葉低木樹です。

★ オオデマリ 5月28日誕生花
科名/属名レンプクソウ科/カマズミ属
原産日本・中国
学名Viburnum plicatum f. plicatum
英名Snow ball
別名手毬花(テマリバナ)
ジャバニーズ・スノーボール
花言葉「絆」
開花時期4月後半~6月
花色白・ピンク
特徴・落葉低木(1~3m)
シンボルツリーに適している

オオデマリが玄関脇に植えられていることを見たことはありませんか?

純白な花色で、和風庭園にも洋風ガーデンにも合うところが人気の秘密でしょう。
近年ではピンク系のオオデマリも出てきています。

育てやすく、すくすく伸びるオオデマリはシンボルツリーにうってつけの樹木です。

お家と一緒に成長するオオデマリ、家族の歴史が感じられていいものです。

オオデマリの花とそっくりなスノーボール

実は「鏡花水月★花つむぎ」管理人
白い紫陽花とオオデマリの見分けがついた頃、またまたそっくりなお花を見つけて悩んでいました。

手毬のように固まって咲く白い花。
それがオオデマリとそっくりなお花のスノーボールです。

お花を見て違いを見分けるのは、お花初心者には正直難しいです。

オオデマリスノーボール

オオデマリと白い紫陽花アナベルは開花時期によって見分けることもできます。

ところがスノーボールは初夏、5月始め頃に咲いていたのです。

スミレちゃん
スミレちゃん

なんてお花初心者泣かせなんでしょう。

モモ先輩
モモ先輩

強力な見分け方を教えてあげるから

安心してね。

オオデマリとスノーボールの違いは葉っぱを見ると簡単です。

オオデマリスノーボール
オオデマリスノーボール

オオデマリは卵型の葉で、縁がギザギザ、葉脈クッキリ。
樹木の葉らしいしっかり固めの葉っぱです。

ノースポールは朝顔みたいな切れ目のある、柔らかな葉です。

スミレちゃん
スミレちゃん

葉っぱは全然違いますね。
これなら見分けられます!

<ちょっと耳より情報>

オオデマリのそっくりさんスノーボール。
お花単体だと見分けるのが困難なぐらい似ています。

スノーボールスイカズラ科/ガマズミ属
レンプクソウ科/カマズミ属のオオデマリとは科が違うんですね。

スミレちゃん
スミレちゃん

ガマズミ属というのが
お花が似ている理由なのかなぁ?

モモ先輩
モモ先輩

ガマズミ属の園芸品種は多く
ビバーナムという名前で流通しています。

★ スノーボール 5/20、7/27誕生花
科名/属名スイカズラ科/ガマズミ属
スノーボール
原産ヨーロッパ 北アフリカ
学名Viburnum opulus
英名Snowball
別名西洋カンボク 手毬カンボク
花言葉「誓い」
開花時期4~5月
花色
特徴・落葉低木(1~5m)
・3つの切れ込みのある葉
花嫁のブーケにも人気

オオデマリと似ている白の紫陽花

アナベル
撮影者:スミレ
アジサイ科/アジサイ属
アジサイ(アナベル)

こちらは白の紫陽花の代表選手のアナベルです。

先に紫陽花の1品種であるアナベルを知っていました。
その後でオオデマリの存在を知ったのですね。

スミレちゃん
スミレちゃん

オオデマリと白の紫陽花のアナベル。
どこが違うんだろうと悩みました。

こんなに共通点があるんですよ。

  • 花が装飾花(固まって咲く)
  • 黄緑色~白に変化していく
  • 別名:手毬花(テマリバナ)

昔の日本人が、オオデマリ、コデマリ、紫陽花を、
み~んな「テマリバナ」と呼んでいたのは無理もない!

オオデマリはレンプクソウ科/カマズミ属。
紫陽花はアジサイ科/アジサイ属。

親戚でさえもなかったんです。

私たちはこんなヒントで見分けていきましょう。

オオデマリと紫陽花(アナベル)の見分け方

●樹木の高さの違い
オオデマリは1~3m位の太い枝の樹木
紫陽花(アナベル)は1m位までで枝も細い

●  葉の違い
オオデマリのは縁がギザギザ、葉脈がはっきり見える葉
紫陽花(アナベル)は柔らかな薄い葉

●  開花時期の違い
オオデマリは4月後半~6月(晩秋~初夏)
紫陽花(アナベル)は5月後半から8月(初夏~夏)

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました