街さんぽで出逢う植物

ワルナスビは侵略的外来種|茄子に似た可愛い花のトゲと毒

雑草と言われる野草はたくさんあります。園芸家にとっては除草の対象。花壇のお花を守るためには致し方のないところもあります。 そんな雑草たちも中身を知れば、薬草であったりお茶にできたりと活用法がありました。ところがこのワルナスビはやっかいもの。最強の侵略的外来種かもしれません。毒があるので見つけても触れないようにしてくださいね。
2021.02.11
似ている花の見分け方

初夏のピンクの草花|ヒルザキツキミソウ(昼咲月見草)とアカバナユウゲショウ(赤花夕化粧)の違い

初夏の空き地で見つけたお花はヒルザキツキミソウ(昼咲月見草)。 見つけた場所が場所だから雑草扱いされている草花でしょうか。 お花の直径は4~5㎝ほど。 雑草にしたら立派すぎるほどの大きさです。 その少し前の日に、もうひとまわ...
2020.08.02
家庭菜園ひとかじり

三度豆(インゲン)の栽培|ふかふかの土の謎~初収穫まで

ここ数年、ありがたいことに家庭菜園のお野菜をいただく常連でした。 お花がない緑だけの公園さんぽも好きですし、お野菜も大好き。 道端のお花の名前への興味から、食べられる野草に興味が広がり、 とうとう家庭菜園見習いを決意するまでに...
2020.07.10
街さんぽで出逢う植物

ツユクサ(露草)|万葉の恋に歌われた薬草

透明感のある青い露草色。 今年も無事ツユクサ(露草)を見つけました。 青い花びらが2枚。 雄しべと雌しべの下に小さな白の花びらが1枚。 露草には合計3枚の花びらがあります。 露草の花の形は特徴的でわかりやすいですね。 ...
2021.02.11
名前の由来と花言葉

クチナシ(梔子)の白い花|香りだけではなく生薬や染色にも大活躍

初夏の山を歩くと、クチナシ(梔子)の花が自生しているのを見つけたことはありますか? クチナシ(梔子)は万葉集の昔から日本に自生していました。 純白の花びらが6枚の素朴なお花です。 渡哲也さんが歌われた昭和歌謡「くちなしの花」 ...
2020.08.02
タイトルとURLをコピーしました