【淡路島】お薦め花スポットベスト3|あわじ花さじき・明石海峡公園・イングランドの丘

スポンサーリンク
季節のおすすめ花さんぽ

温暖な瀬戸内海に浮かぶ一番大きな島が淡路島です。

淡路島にはあわじ花へんろ」という花の札所があります。

スミレちゃん
スミレちゃん

島全体がお花スポットなんです。

淡路島の花の札所のどこを訪れても、がっかりすることはないと思います。
1年中きちんとお手入れされていてお花への愛を感じます。

1泊2日の淡路島観光。
見頃のお花をねらうならこの3カ所を推します!

 ◆淡路島のお花畑&公園ベスト3

 * 淡路花さじき

 * 国営明石海峡公園の花の丘

 * 淡路島ファームパークイングランドの丘

このベスト3は甲乙付けがたい順不同。
目的によっておすすめの場所が若干変わります。

  • 明石海峡公園の花の丘
  • 淡路島ファームパークイングランドの丘
  • あわじ花さじき

これまでは個別にご紹介してきました。
この記事では「鏡花水月★花つむぎ」管理人の独断で目的別におすすめ致します。

スポンサーリンク

淡路島お花畑&公園厳選3スポット

1.県立「あわじ花さじき」のおすすめポイント


出典:SankeiNews

「あわじ花さじき」は標高が高く、淡路島屈指のビューポイント!

季節のお花マニアなら外せない王道の場所。

こんな目的の時にどうぞ。

あわじ花さじきはこんな方におすすめ

  • 花の絨毯を見たい
  • 雄大な自然の中のお花を見たい
  • 海とお花の写真を撮りたい
  • 季節のお花を気軽に楽しみたい

かなり広い敷地です。

全部回るのでしたら元気な若者、健脚向きです。

ピンポイントに絞っても満足度は高いです。

スミレちゃん
スミレちゃん

場所を絞れば体力的に不安な方も大丈夫。

2.国営「淡路島明石海峡公園」のおすすめポイント


撮影:スミレ「花火鳥」

「明石海峡公園」は、綺麗に区画分け整備された花と緑の公園です。
都会のハイセンスな公園という感じでしょうか。

明石海峡公園はこんな方におすすめ

  • 色々なお花の種類を楽しみたい
  • ホテルレストランやショップなど施設も楽しみたい
  • 淡路夢舞台(奇跡の星の植物館)にも行ってみたい

オシャレな公園デートが希望、盛りだくさんが好きな方におすすめです。

ギュッと凝縮してピンポイントでまわれば、「あわじ花さじき」と「淡路島明石海峡公園」を1日で回ることも不可能ではありません。

「あわじ花さじき」と「淡路島明石海峡公園」は、国道28号を経由して約25分(約15km)で移動することができます。

スミレちゃん
スミレちゃん

本当は1泊2日で1日ずつ時間を取ってほしいですね。
それ位、質量共にボリュームがあるんです!

3.「イングランドの丘」のおすすめポイント


撮影:スミレ イングランドの丘の施設

園内全体がイングランドのテーマパークの様な雰囲気。
季節のお花もいいんですけれど、他のお楽しみも豊富です。

イングランドの丘はこんな方におすすめ

  • コアラ・ヒツジ・ウサギ・ワラビーなど、動物を見たい、触れたい
  • パン作りなど体験イベントを楽しみたい
  • イングランド郊外の雰囲気に浸りたい
  • 当日の天候が雨模様

イベントや体験が豊富で、コアラ館などの動物と触れ合える施設が充実しています。

スミレちゃん
スミレちゃん

小さなお子さん連れなら、
総合的に色々楽しめるのでイチ押し!

雰囲気もいいのでデートにもGood!
♡(ハート)の花モニュメントで写真を撮って来てくださいね。

高齢のスタッフさんが多くてしかも感じが良いのです。
「イングランドの丘」が居心地の良くのんびりできる理由でしょうか。

淡路島の花の見所はこれだけではない

最後に余談をひとつ。

私は最初、淡路島の「あわじ花さじき」「淡路島明石海峡公園」を混同していました。
(淡路島でコスモスが見られる公園というざっくりした認識)。

淡路島というひとつの小さな島に、こんなに広くて立派なお花の公園が、
2カ所もあるとは思いませんでした。

スミレちゃん
スミレちゃん

さすが2000年に「淡路花博」を開催した花の島です!

淡路島観光に行くなら、どこか1カ所はお花スポットを計画に入れることをオススメします。

淡路島のお花畑と公園|ベスト3スポットのまとめ

この記事では、淡路島のお花畑と公園を「鏡花水月★花つむぎ」管理人の独断で厳選3スポットを選びました。

鏡花水月★花つむぎ」管理人が選ぶ~淡路島の花観光ベスト3~

あわじ花さじき:季節のお花+海と空の眺望も楽しみたい人へ

淡路島明石海峡公園:季節のお花+温室、ホテルレストラン、ショッピングも楽しみたい人へ

イングランドの丘:季節のお花+動物との触れ合いやイベント、異国情緒も楽しみたい人へ

どこも甲乙つけがたい魅力なので目的別にオススメ致しました。

それぞれの詳しい情報は、個別の体験談記事もご覧くださいね。
淡路島観光の参考にしていただければ嬉しいです。

<あわせて読みたい♪>

* 「あわじ花さじき」と秋のコスモスの花畑

あわじ花さじきの秋|コスモスの花畑のおすすめポイント
「あわじ花さじき」は海をバックにコスモスが撮れるのがポイント高し! お弁当持ち込みOK!犬のお散歩OK! 入場料も無料、リピート必須のお花畑です。

* 「あわじ花さじき」初夏のテラス館

テラス館オープン♪あわじ花さじきの菜の花畑
2020年3月にテラス館オープンの「あわじ花さじき」 3月上旬現在、ちょうど早咲き菜の花が満開ですよ。 海をバックに菜の花の絨毯で写真を撮りましょう。 犬のお散歩OK!のおすすめスポットです。

* 「淡路島明石海峡公園のコスモスの丘、駐車場はどこが便利?

淡路島明石海峡公園の花の丘|コスモスに近い便利な駐車場はどこ?
国営淡路明石海峡公園の花の丘に近い駐車場は? アクセス・駐車場・見頃の花を見に行くルートをご紹介しました。 ヒマワリやコスモスの摘み取り体験日もある、綺麗にお手入れされている公園です。

* 「イングランドの丘」の秋、コアラとコスモスの花畑オススメ1周コース

イングランドの丘の秋|コアラとコスモスの花畑オススメ1周ルート
瀬戸内海で一番大きな島の淡路島は、イザナギ・イザナミが日本で一番はじめに作ったという国生み伝説の島です。 2000年に淡路花博が開催された花の島で、どの季節の花に行っても外れがありません。 その中でも「鏡花水月★花つむぎ」管理人イチ押し、秋の「淡路ファームパークイングランドの丘」をご紹介します。

「鏡花水月★花つむぎ」では、植物の豆知識から、花言葉、初心者でもできる鉢植えの育て方、花さんぽのスポットなどをご紹介しています。
また、お立ち寄りくださいね。

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました