あわじ花さじきの秋|コスモスの花畑のおすすめポイント

兵庫

兵庫県明石海峡大橋を渡ると瀬戸内海で最大の島、淡路島に到着します。

淡路島は2000年に「淡路花博」を開催した花の島
どの季節に訪れても四季折々の花が迎えてくれます。

もし、秋の淡路島観光ならどのスポットがオススメでしょうか?

お花中心にまわるとしたら、
「鏡花水月★花つむぎ」の独断で選んだのはこの3カ所のコスモスです。

日帰りなら1カ所~2カ所、1泊2日なら全部まわって来てくださいね!

淡路島のお花畑&公園「鏡花水月★花つむぎ」的ベスト3

 * 淡路島ファームパークイングランドの丘

 * 国営明石海峡公園の花の丘

 * 淡路花さじき ←今回ご紹介します

明石海峡公園の花の丘のコスモス、
淡路島ファームパークイングランドの丘のコスモスについては、
既にご紹介してきました。

淡路島のコスモスで、絶対に外してほしくない場所が「あわじ花さじき」なのです。

今回は「あわじ花さじき」への行き方や特色についてもご案内しますね。

スポンサーリンク

兵庫県立「あわじ花さじき」は山の上のお花畑


撮影者:スミレ

淡路島のお山のてっぺんにある、県立「あわじ花さじき」のお花畑。

標高230m超で面積は約15ha!
敷地は甲子園球場の約4倍の広さです。

広大で素朴なお花畑は、季節毎にお花が植え替えられています。

あわじ花さじき 季節毎の代表的見頃の花

  • 春:菜の花・ムラサキハナナ・ポピー
  • 夏:ひまわり・ブルーサルビア
  • 秋:コスモス・サルビア・ソバの花
  • 冬:ストック・・・etc

見渡す限り花の絨毯。
山の頂上で見晴らしが良く、ぼーっと花を眺めるにいいところです。

秋の始め頃だったら
涼し気なブルーサルビア(9~10月)と赤いサルビア(8月下旬~11月)の両方が見られるかも。
あまり都会では見かけない、白いソバの花の群生(7月と9月上旬の2回咲く)が見られるのも嬉しいです。

そして秋本番。
秋はやっぱりコスモスですね~。

白やピンク、約40万本のコスモスが迎えてくれます。

2019年コスモスイベント

コスモスまつり(あわじ花さじ)
期間:10月5日(土)~11月4日(月)

海をバックにコスモスと記念写真が撮れるところ、貴重だと思いますよ。
まさにインスタ映えスポットですね!

この広い花畑を管理されているのは近くの農学校の方々です。

「あわじ花さじき」へのアクセス方法


明石海峡を高速バスで渡る

<公共交通機関でのアクセス>

大阪・神戸方面から高速バス乗車
(本四海峡バス「大磯号」HP

JR舞子⇒「高速舞子」バス⇒「東浦バスターミナル」バス亭下車⇒タクシー利用で約10分

<車でのアクセス>

淡路IC⇒交差点直進⇒県道157沿い南へ約12分 (約7km)

季節の花の見頃時期の日曜祝日は、道路は結構渋滞しています。
高速降りたら一本道になるのでしかしないですね。

「あわじ花さじき」は丘陵地帯。
県道157号線から細い山道を登っていきます。

迷うことはないのですが、どこまで登るのという気分になるかも?
落ち着いて安全運転してくださいね。

到着したら疲れも吹き飛ぶ景色が待っています。

時間帯によって駐車場も混雑している時があります。

開園すぐ(9時~)かもしくは夕方。
休日でも比較的空いている時間帯です。

「あわじ花さじきは」は入場料無料!

cosmos

「あわじ花さじき」は学生さんにも優しいデートスポットです。

こんなに広くて伸び伸びできるのに入園料無料!

「あわじ花さじき」は平日なら結構のんびりできます。
空気感が全然違うので、平日にお休みを取って行くのがおすすめです。

家族の一員のペットも入園OK!
リード付きの犬も一緒に過ごせます。
ワンチャンもこの広大な景色に、普段のストレスから解放されそう。

「あわじ花さじき」ではお弁当持参OK!
コスモスと海の雄大な景色を見ながらランチができます。

お弁当を忘れたら?

小さな売店もあり、お土産や地元の特産物を販売しています。
地元名産の天ぷらもあります。

  • タマネギの天ぷら
  • 穴子の天ぷら

これを強引にお昼がわりにしましょうか。

そして2020年3月オープンのテラスハウスで、
お食事はお買い物もしやすくなりましたよ。

近くのハーモニー牧場から馬に乗って花さじき散歩の人々も。
いいなぁ~、気持ち良さそう~♪
馬の背中の高いところから見る景色も、また違って見えるでしょうね。

曳き馬で花さじきまでのお散歩

「あわじ花さじき」の滞在時間(所要時間)は、さっと見渡すだけなら1時間。
(無料で気軽に再訪しやすいですよね。)

・犬とお散歩する。
・花と海を眺める。
・お花を愛でながらランチ。
・展望デッキで撮影タイム。

となれば2~3時間、もっとそれ以上?
心ゆくまでどうぞ♪

出典:SankeiNews

お天気が良ければ、明石・神戸~和歌山まで大阪湾が一望できます。

「あわじ花さじき」を訪れる時の注意点

「あわじ花さじき」を訪れるなら、ちょっと覚えておいた方がいいこと。
私の実体験を交えてお教えしましょう。

1.時期により、花が咲いていない場所が目立つことも。

今から植えるのかなという空き地みたいなところ、結構あります。
これだけの広さで無料なんですから、無理を言ってはいけません。
タイミングによってはそんな時もあること、頭の片隅に入れておいてくださいね。

私たちの方でコスモスの見頃を狙っていきましょう!

「あわじ花さじき」のコスモス。
例年の見頃は10月上旬~11月上旬です。

2.高度が高いので思ったより肌寒いです。

標高が高いので、意外に寒いのにご用心。
展望デッキからの眺めは素晴らしかったのですが、思いのほか風が強くて。
写真を撮って早々に退散した時もありました。
温度調節できる羽織ものの用意を。

3.雨が降ったら潔く諦めるのも手。

何も遮るもののない広大なお花畑です。

雨が降ったら「あわじ花さじき」に行くのは諦めた方がいいかも。

私は小雨の時に行ったことがあります。

雨に打たれてしおれた花がとても寂しげに見えました。
名物のソフトクリームも寒くて諦めた思い出が・・・。

明石海峡公園やイングランドの丘など。
淡路島には他にも花が見られる場所はたくさんあります。
当日の天候で臨機応変に。

無理せず次回のお楽しみに取っておくのが得策です。




「あわじ花さじきへ」秋のコスモス観光まとめ

「あわじ花さじき」の花いっぱいの風景は、結婚式の前撮りにも人気の場所です。
(事前許可制です。)

また朝ドラ「朝がきた」のラストシーンの菜の花畑。
「あわじ花さじき」で撮影したものなんですよ。
広々としていて電線など余計なものもないので、良い撮影スポットなんですね。

この記事では、秋の淡路島に観光するなら絶対外してほしくない場所。

「あわじ花さじき」への行き方や特色についてご案内しました。

「あわじ花さじき」詳細データ

★ 「あわじ花さじき」はこんな所♪
アクセス住所:兵庫県淡路市楠本2865-4
電話:0799-74-6426
高速バス:「高速舞子」⇒「東浦バスターミナル」バス亭下車
⇒タクシー利用約10分
車:淡路IC⇒交差点直進⇒県道157号南へ約12分(約7km)
駐車場無料
営業時間9:00~17:00(最終16:30入園)
休園日年末年始
入園料無料
公式サイトあわじ花さじきHP
地図




淡路島の他のオススメの公園についても個別に体験記事を書いています。

1泊2泊なら3カ所全部はしごも可能です。

「鏡花水月★花つむぎ」では、植物の豆知識から、花言葉、
初心者でもできる鉢植えの育て方、花さんぽのスポットまでご紹介しています。
また、お立ち寄りくださいね。

タイトルとURLをコピーしました