桔梗寺の谷性寺(こくしょうじ)と5万本のききょうの里

キキョウ京都

桔梗は日本女性に人気のある花だそうです。
桔梗の花は華やかに存在を主張するというよりも、

  • すっきりとした立ち姿
  • 5枚の可憐な花びら
  • 涼しげな紫色が代表格

でちょっと古風な印象があります。
お寺の片隅でひそやかに咲いているのを見かけますね。

キキョウ

私も桔梗は大好きな花のひとつですが、
お花見スポットが少ないのが寂しいかぎりなんです。

この記事では、関西でどこに行けばたくさんの桔梗に会えるのか、
ご案内しますね。

ヒントは桔梗の家紋にゆかりの戦国武将です。
誰か思い浮かびますか?

スポンサーリンク

谷性寺(こくしょうじ)は通称光秀寺

 

たくさんの桔梗が咲いている様を見たいと願うなら、
京都府亀岡市にある谷性寺(こくしょうじ)と「ききょうの里」はいかがでしょうか。

桔梗の家紋の戦国大名と言えば明智光秀。
谷性寺(こくしょうじ)は、明智光秀の首塚をまつるお寺なのです。
ご本尊は明智光秀が尊信していた不動明王です。

命日にあたる6月14日前後の日に法要がいとなまれています。

谷性寺(こくしょうじ)は通称、光秀寺とも桔梗寺とも呼ばれています。
境内には、光秀をしのび家紋の桔梗が植えられています。

谷性寺(こくしょうじ)は、田園風景の中の細道を歩いて行くと山門が見える、
のどかな地元のお寺といった風情のお寺です。

たくさんの桔梗を見る目的なら、関西では京都府亀岡市にある、
谷性寺(こくしょうじ)の「ききょうの里」が一番の規模ではないでしょうか。

境内にある桔梗だけでなく、その外、
門前や周辺畑にも桔梗が一面に咲いているのです。




谷性寺(こくしょうじ)の「ききょうの里」見頃は初夏

光秀寺の門前の「ききょうの里」約7000㎡の花畑です。

平成15年から、光秀のゆかりにより、
近くの田畑で約1万5千本の桔梗が植えられ、年々増えていきました。
今では初夏になると、約5万本の見事な桔梗が咲き乱れています。

紫・白・ピンクの桔梗に加え、珍しい八重の桔梗も見られますので、
桔梗を堪能できるのは間違いないですよ。

また、桔梗だけではなく季節のお花も植えられています。
桔梗と一緒に見られるのは、ユリハンゲショウど。

村おこしの一環としても頑張っていらっしゃるようです。
年々、お花の種類も数も増えていっています。
他の季節ですと、藤・紫陽花・向日葵などが見られるかも。

谷性寺(こくしょうじ)境内の桔梗の見頃は初夏

「ききょうの里」は期間限定です。
例年は6月中旬~7月中旬まで開催されています。

「ききょうの里」開催期間中には、
谷性寺(こくしょうじ)にて光秀公尊像の一般公開があります。
桔梗を訪ねるなら、この期間中がおすすめですね。

<開催期間中のその他イベント>

  • 朝採り野菜の販売
  • 桔梗の鉢植えの販売
  • 亀岡市物産品の販売
  • 亀岡市観光写真コンテスト

谷性寺(こくしょうじ)詳細データ

★谷性寺(こくしょうじ) 通称光秀寺・桔梗寺
アクセス住所:亀岡市宮前町猪倉土山39
電話:0771-26-2054
最寄り駅:JR嵯峨野線 亀岡駅からバスで約30分
京阪京都交通バス 猪倉バス亭 北へ徒歩5分
車:京都縦貫自動車道 亀岡IC~約15分
駐車場あり
営業時間 9:00~17:00
入園料大人600円 小学生以下無料
イベント2019年度「ききょうの里」は6月22日(土)~7月21日(日)開催
公式サイトぶらり亀岡 http://www.kameoka.info/seeing/kokushouji.php
地図

谷性寺(こくしょうじ)とききょうの里まとめ

今回は関西でたくさんの桔梗を見るなら、という観点でご案内致しました。

京都府亀岡市にある谷性寺(こくしょうじ)の境内の桔梗と、
その門前にある花畑、期間限定「ききょうの里」の5万本の桔梗が見応えがあります。

村おこしも兼ねた取り組みで、桔梗だけではなく季節の花もたくさん見られる場所に、
年々発展してきています。

京都府亀岡市の「ききょうの里」は関西有数の規模だと思います。

桔梗の花は絶滅危惧種。

残念ながら、桔梗のお花見スポットは全国的にも少ないですよね。
(桔梗好きな皆様、ココもいいよと言う場所がありましたら、
ぜひコメントで教えてくださいね。)

<あわせて読みたい♪>

桔梗(キキョウ)と竜胆(リンドウ)を簡単に見分ける方法はこちらです

桔梗(キキョウ)と竜胆(リンドウ)を簡単に見分ける方法
桔梗と竜胆とトルコ桔梗の見分け方。 トルコ桔梗はリンドウ科なんです。

桔梗(キキョウ)の名前の由来と花言葉の物語をご紹介しました

桔梗(キキョウ)|名前の由来と哀しい花言葉の物語
「清楚で可憐で凛として」 桔梗にはこんな言葉で形容するのが似合います。 日本古来から自生しているからでしょうか。 ちょっと古風な趣もある桔梗。 この記事では、日本女性に人気の桔梗について、花言葉から人気の秘密を探っていきますね。...


「鏡花水月★花つむぎ」
では、花の別名の由来・花言葉・初心者でもできる鉢植えの育て方、花さんぽのスポットまでをご紹介しています。
またお立ち寄りくださると嬉しいです。

タイトルとURLをコピーしました