紅葉・黄葉(こうよう)の仕組みと紅葉狩りにベストな時期

植物トリビア

秋の収穫はぶどう狩り・なし狩りから始まってイモ掘りにキノコ採り・・・。

食べ物が美味しい季節ですね。

そして自然に親しむ秋で忘れてはいけないのが紅葉狩り(もみじがり)です。

いつ頃が紅葉狩り最適なシーズンになるのでしょうか?

 

この記事では、紅葉の仕組みと紅葉狩りにベストな時期を探っていきますね。

今日のテーマ

  • 紅葉・黄葉の仕組みってどうなっているの?
  • 紅葉する気温はいつ頃?
  • 紅葉狩りのベストシーズン期間は?
スポンサーリンク

秋になると紅葉するメカニズムとは?

秋になるとどうして緑の葉っぱが赤や黄色に変化するのでしょう?

落葉樹の楓(カエデ)楢(ナラ)クヌギ・などが紅葉する樹木です。

代表的な色はカエデの赤い葉やイチョウの黄色の葉ですね。

どちらも音読みで紅葉(こうよう)・黄葉(こうよう)と呼びます。

一般的には、全てひっくるめて紅葉と表現することが多いです。

 

緑の葉っぱの色の変化は葉緑素に関係しています。

 

植物は冬が来る前に体力温存をはかります。

葉っぱの葉緑素を枝や幹に移していくのです。

 

緑色の色素の素はクロロフィル

夏の間は緑のクロロフィルの要素が強く緑色の葉っぱ。

秋になると緑色が抜けた後に、他の色素が強くなるのです。

 

カロテンキサントフィルが強い葉っぱは黄葉(こうよう)

フロバフェンを含む葉っぱは茶色になっていきます。

アントシアニンの色素が強い葉っぱは、糖分と結びついて赤や紫色になるのです。




紅葉するのはいつ頃から?気温は何度?


秋になると、わたしたちは紅葉狩りを楽しみにし始めます。

でも、紅葉狩りを楽しめるのは晩秋まで待たなくてはいけません。

落葉樹が紅葉し始めるのは1日の最低気温が8℃以下の頃。

随分寒いですよね。

 

秋=紅葉のイメージが強いです。

本当のところ、紅葉は冬の訪れを感じる季節なのです。

 

また、年によって紅葉の色づき具合も随分違いますよね。

これには天候が関係しています。

鮮やかな紅葉になる条件です。

  • 暖かくて日照時間が長い日が多い。
  • 日中の気温と夜の気温で寒暖差がある。
  • 適切な湿度があり瑞々しい。
タイトルとURLをコピーしました