あやめ、花しょうぶ、かきつばた、アイリスを簡単に見分ける2つのポイント

スポンサーリンク
似ている花の見分け方

「いずれ菖蒲(あやめ)か杜若(かきつばた)」のことわざは、優れたもの同士をたとえる表現。
元の意味は、どちらの美女も比べられないほど美しいと言われたことからきています。

たとえられたように、アヤメカキツバタはよく似ていますね。

初夏~梅雨時に咲く青紫系のお花で、葉っぱが細くてスッキリ立っている。

間違えやすいお花の代表ではないでしょうか。

スミレちゃん
スミレちゃん

花しょうぶ園にいるイメージですけど?

モモ先輩
モモ先輩

そのイメージは間違っているかもしれないわ

スミレちゃん
スミレちゃん

お手上げです
交通整理をお願いします

この記事では、初夏~秋まで咲いている花で、あやめに似ているお花を解説していきますね。

登場するのは、あやめ、花しょうぶ、かきつばた、アイリス、おまけに菖蒲湯のショウブです。

見分け方のポイントは大きくふたつ。
しっかり覚えれば、今年は「いずれ菖蒲(あやめ)か杜若(かきつばた)」の悩みが解消されますよ。

あやめ、花しょうぶ、かきつばた、アイリスの違い

  • あやめ:花びらに文目(あやめ)模様・乾地に生息
  • 花しょうぶ:黄色の線 菖蒲(ショウブ)とは別の植物
  • かきつばた(杜若):白の線 湿地に生息
  • アイリス:黄色の幅広な斑
スポンサーリンク

アヤメ(菖蒲)の特徴|名前の由来と生育場所


撮影者:スミレ
アヤメ科/アヤメ属
アヤメ 多年草

最初に種明かししておきますね。

アヤメ・花しょうぶ・カキツバタ・アイリス。
この4つは全て同じアヤメ科/アヤメ属の植物です。

アヤメの名前の由来は諸説あります。
ここでは、アヤメの見分け方になる由来をご紹介しますね。

アヤメの名前の由来

● 花びらに網目状の模様があるから
● 剣のように細い葉っぱの茂る様子を文目模様にたとえて

これは重要な手がかりですね。

スミレちゃん
スミレちゃん

アヤメとかショウブって
湿地の印象がありますが?

意外でした。
菖蒲園にはアヤメはいないというのです。

モモ先輩
モモ先輩

アヤメは乾いた土地にいるのよ

花が葉っぱの上に出て咲くのでスッキリした姿をしています。

アヤメは花びらに網目状の模様があり、乾いた土地に住んでいるのが特徴です。

<ちょっと耳より情報>

万葉集や源氏物語に出てくる「アヤメ」や「アヤメグサ」とは、サトイモ科の「ショウブ」のこと。

ギリシャ神話のアヤメ伝説

◆アヤメの伝説◆

ギリシャ神話のゼウス王には求愛話がたくさんありますね。

ゼウス王の求愛に困った侍女のイリス。
ゼウスの妻のヘラは、神のお酒を振りかけてイリスを虹の女神としました。
その時のお酒が、アヤメとなったという神話があります。

花しょうぶの特徴|大きなお花で花色豊富

お次は花しょうぶです。


撮影者:スミレ
アヤメ科/アヤメ属
ハナショウブ(花しょうぶ)
多年草

花びらの付け根に、縦に1本黄色い筋が入っているのがポイントです。

乾いた土地にも湿地にも住んでいます。

一番の特徴は、お花が大きい(約15センチぐらい)ことですね。
その割に葉っぱが細いです。

スミレちゃん
スミレちゃん

ちょっとバランス悪いかも?

花しょうぶの原種は赤紫色した野花菖蒲。
品種改良したものが花しょうぶです。

花しょうぶは日本の園芸品として世界的にも有名です。

花色は紫・濃紫・白・絞り・ピンクなど。

花しょうぶは菖蒲とも間違えられやすい

花の姿が似ているだけではありません。

アヤメと花しょうぶは文字でも間違いやすいのです。

漢字で書くと

  • 花しょうぶは花菖蒲
  • アヤメは菖蒲

ここにも間違えやすい理由がありました。

モモ先輩
モモ先輩

端午の節句
菖蒲湯のショウブとも間違えないでね

その上ショウブ(菖蒲という、全く別の植物まであったのです。

菖蒲湯のショウブとはサトイモ科の別植物

スミレちゃん
スミレちゃん

お花も漢字も混同しやすい!

個人的には、あやめ花しょうぶ菖蒲という表記が間違えにくいように思います。

カキツバタ(杜若)の特徴|完全湿地に住んでいる


撮影者:スミレ
アヤメ科/アヤメ属

カキツバタ(杜若) 多年草

浅い池や沼にも生息しているのがカキツバタ(杜若)です。
菖蒲園のイメージはカキツバタ(杜若)だったのかも。

モモ先輩
モモ先輩

カキツバタは水生植物よ

カキツバタのポイントは花びらが細いこと。
花びらの真ん中に白い筋が入ります。
大きさは中ぐらい(約12センチ)。

花の色はそんなにありません。

スミレちゃん
スミレちゃん

全体的にほっそりしていますね
野性味を感じます

カキツバタ(杜若)の一番のポイントは生育地。

アイリスの特徴|大きな黄色の斑点


撮影者:スミレ
アヤメ科/アヤメ属
ダッチアイリス 多年草

アイリスは大きく分けてふたつの品種があります。

  • オランダ出身のダッチアイリス
  • ドイツ出身のジャーマンアイリス

上の写真はダッチアイリスです。

ジャーマンアイリスはレインボーフラワー(虹の花)とも呼ばれています。
和名はドイツアヤメ

モモ先輩
モモ先輩

両方ともシンプルに

アイリスと呼ぶことが多いかな

アヤメ、花しょうぶ、カキツバタ(杜若)はThe・和の花という印象でした。

アイリスはヨーロッパ原産
名前通りのヨーロピアンな雰囲気をじませんか?

花色も青紫系だけではなく、赤やオレンジなど華やかなものもあります。

アイリスの特徴は真ん中に幅広の斑があること。

スミレちゃん
スミレちゃん

これは見分けやすいです!




あやめ、花しょうぶ、かきつばた、アイリスの見分け方まとめ

この記事では、アヤメ・花しょうぶ・カキツバタ・アイリスの違いを見分け方について、解説致しました。

開花時期は多少ずれていますが、それだけでは難しいというのが実感です。

わかりやすいポイント大きくふたつ、花びらの付け根の線の色と生育地です。

★ あやめ、花しょうぶ、かきつばた、アイリスを見分けるポイント
花名あやめ
(菖蒲)
花しょうぶ
(花菖蒲)
カキツバタ
(杜若)
アイリス
(ダッチアイリス)
科名/属名アヤメ科/アヤメ属
原産東北アジアヨーロッパ
開花時期5月上旬~中旬6月~7月上旬5月中旬~下旬5~6月
(秋咲きは10~11月)
花色青紫・白青・紫・白・黄・ピンク青・紫・白青・紫・白・黄・ピンク
オレンジ・赤
特徴花びらの付け根に
網目状の模様
花は小さい
葉っぱは濃緑
乾地に生息
花びらの付け根に
黄色い筋
花は大きい
乾地・湿地共に生息
花びらの付け根に
白い斑
花は中ぐらい
葉っぱが細い
湿地に生息
花びらの付け根に
幅広い黄色の斑
華やかな種類が多い
乾地に生息




<あわせて読みたい♪>

この他に、地中海原産の寒咲きあやめもありますよ。

寒咲きアヤメは初夏のアヤメとどう違うの?
アヤメ(菖蒲)・ハナショウブ(花菖蒲)・カキツバタ(杜若)と言えば・・・。 梅雨の頃に咲いているお花のイメージがありました。 ガーデニング初心者の「鏡花水月★花つむぎ」管理人のスミレです。 スミレちゃん ...

この時期、他にもよく似ているお花がありますよね。

ノースポールとマーガレット|小さな違いと簡単な見分け方
先日はマツバギクをマーガレットの仲間(キク科)と勘違いしたお話をご披露しました。 ガーデニングの先輩である、モモ先輩に不思議そうに言われてしまいました。 モモ先輩 マーガレットは、他にもっと似ているお花があ...

四季別にまとめたものはこちらです。

【四季別一覧】似ている花の違いと見分け方
「鏡花水月★花つむぎ」では身近なお花で姿形が似ている花、 名前を混同しやすいお花を取り上げてきました。 この記事では、似ているお花をワンポイントで見分ける方法をまとめて一覧にしております。身近なお花の見分け方スッキリ解決。 公園や庭園の花さんぽにお出かけする時に、活用いただけると嬉しいです。

「鏡花水月★花つむぎ」では、身近なお花の見分け方・初心者向きガーデニング・花さんぽの穴場スポットなどをご紹介しています。
またお立ち寄りくださると嬉しいです。

タイトルとURLをコピーしました