【2020】あわじ花さじき再開|クレオメと三尺バーベナの初夏の丘に行ってきました!

兵庫

淡路島は2000年に「淡路花博」を開催した花の島です。

本州とは兵庫県明石海峡大橋、四国とは鳴門海峡大橋で繋がっています。
瀬戸内海で最大の島の淡路島です。
国生み伝説の場所としても知られていますね。

20年目を迎える2020年の春と秋。
「淡路花博20周年記念 花みどりフェア」が行われる予定でした。

2021年の春と秋に延期が決まっています。

スミレちゃん
スミレちゃん

中止にならなくて良かったです

花の島、淡路島を訪れたら絶対に外してほしくない場所があわじ花さじき」です。

あわじ花さじきの2020年3月のリニューアルオープンを楽しみにしていました。

テラスハウスも完成した3月20日のリニューアルオープンしたのもつかの間、
4月14日~臨時休園となっていたのです。

5月25日から開園再開となったあわじ花さじきに行ってきました。

この記事では、リニューアルオープン後の初夏のあわじ花さじきについてお話しますね。

あわじ花さじきの初夏

  • あわじ花さじきへのアクセス方法
  • 初夏のクレオメと三尺バーベナ
  • あわじ花さじきのおすすめポイントとテラス館
スポンサーリンク

あわじ花さじきへのアクセス方法


撮影者:スミレ

あわじ花さじきのある淡路島。
本州方面からも四国方面からも橋を渡る必要があります。
島内は交通不便なので車をおすすめします。

車でのアクセス

● 大阪・神戸方面から

淡路IC⇒交差点直進⇒県道157沿い南へ約12分 (約7km)

● 四国方面から

東浦IC⇒約10分(約4Km)

季節の花の見頃時期の日曜祝日は、道路は結構渋滞しています。
高速降りたら一本道になるので仕方がないのです。

「あわじ花さじき」は丘陵地帯。
県道157号線から細い山道を登っていきます。

時間帯によって駐車場も混雑している時があります。

開園すぐ(9時~)かもしくは夕方。
休日でも比較的空いている時間帯を狙います。

選べるなら人出が少ない平日がおすすめです。

淡路ICからスムーズに10分で「あわじ花さじき」に到着しました。

あわじ花さじきはリニューアルオープンの3月から駐車場有料になっていました。
ゲートがあるのではなく、こちらの券売機で駐車券を購入します。


撮影者:スミレ
券売機

出口で係の方に券を渡すシステム。

スミレちゃん
スミレちゃん

なんとなく牧歌的で
ほっこりします

参考までに公共交通機関での行き方も載せておきますね。

公共交通機関でのアクセス

● 大阪・神戸方面から高速バス乗車
本四海峡バス 淡路方面行
淡路交通バス 時刻表・運賃表

● 四国方面から高速バス乗車
  本四海峡バス 大阪・神戸方面行

「高速舞子」バス亭下車⇒「東浦バスターミナル」バス亭下車⇒タクシー利用で約10分

あわじ花さじきの初夏|7月のクレオメと三尺バーベナ


撮影者:スミレ

淡路島のお山のてっぺんにある、県立「あわじ花さじき」のお花畑。

標高230m超、面積は約15ha!
敷地は甲子園球場の約4倍の広さです。

見渡す限り花の絨毯。
山の頂上で見晴らしが良く、ぼーっと花を眺めるにいいところです。

広大で素朴なお花畑は、季節毎にお花が植え替えられています。

あわじ花さじきで有名なのはこちら。

あわじ花さじきで代表的なお花

春:菜の花・ムラサキハナナ・ポピー

夏:ひまわり・ブルーサルビア

秋:コスモス・そば

冬:ストック

この時期に行けば間違いなくいいんです。

今回はちょっとだけマイナー?
初夏のクレオメ三尺バーベナを見に行きました。

リニューアルオープン直後に行けなかったので、
あわじ花さじきのお花を見られることだけで嬉しかったのです。

スミレちゃん
スミレちゃん

再開後の姿を早く見たくて

あわじ花さじきの初夏の花

● アイスランドポピー(~5月下旬)

● キンギョソウ(~6月中旬)

● 三尺バーベナ(6~7月上旬・9~10月中旬)

● クレオメ(7~8月中旬)

今回は三尺バーベナとクレオメの花畑でした。

爽やかな感じでしたよ。


撮影者:スミレ
クレオメと海

 


撮影者:スミレ
クレオメの花 白・ピンク・濃いピンク

アップにするとこんな花ですね。

 

こちらは三色バーベナの花畑です。

遠目に見た方がわかりやすく綺麗なように思いました。


撮影者:スミレ


撮影者:スミレ
三尺バーベナのアップ

ひとつひとつは小さなお花ですね。

広い花畑を管理されているのは近くの農学校の方々です。

あわじ花さじき|おすすめポイントとテラス館


撮影者:スミレ

平日の「あわじ花さじき」は、広大な敷地内で込み合いません。
観光というより気軽なおさんぽ感が強いです。

「あわじ花さじき」ではお弁当持参OK!
海の見ながらのランチデート、素敵でしょう。

ペットも入園OK!
リード付きの犬は一緒にすごせます。
ここもポイント高いですよね。
遠くにリード付きの犬とのさんぽも見かけましたよ。

また「あわじ花さじき」は学生さんに優しいデートスポットです。
こんなに広くて伸び伸びできるのに入園無料なんです。
駐車場は有料化されたとはいえ、普通車で200円。
嬉しいじゃないですか。

学生さんだけではありません。
高齢者にも優しいんです。
車いすを押せるデッキからも雄大な景色を眺めることができます。

「あわじ花さじき」はみんなに親切なお花畑なんです!


撮影者:スミレ
デッキからお花畑と海を眺められる

あわじ花さじきテラス館

お弁当にはちょっと気候が厳しいかな・・・。

そんな時には2020年3月オープンのテラスハウス2階に行きましょう。


撮影者:スミレ
カフェレストラン・ギャラリ

オシャレな北欧郷土料理オープンサンドが楽しめます。


撮影者:スミレ
テラス席からの眺めも絶好!

食事後はテラスハウス1階の産地直売所へ。
種類が増えてお買い物の楽しみも増えました。

お天気が良ければ、明石・神戸~和歌山まで大阪湾が一望できます。




あわじ花さじきの初夏|7月のクレオメと三尺バーベナまとめ


撮影者:スミレ
クレオメ畑からテラスハウスを望む

2020年3月リニューアルオープン後、5月に再開した「あわじ花さじき」に行って来ました。

あわじ花さじきと言えば、春の菜の花・秋のコスモスが有名です。
初夏のクレオメと三尺バーベナは地味に感じられるかもしれません。

過ごしやすい気候、爽やかな風景の初夏の「あわじ花さじき」でした。

スミレちゃん
スミレちゃん

大満足でした!

ぜひ、みなさんも新装オープンのテラスハウス込みで楽しんできてくださいね!

 

るるぶトラベルで探すなら⇒ビジネス、高級旅館!国内宿泊なら、るるぶトラベル!

「あわじ花さじき」詳細データ

★ 「あわじ花さじき」はこんな所♪
アクセス住所:兵庫県淡路市楠本2865-4
電話:0799-74-6426
高速バス:「高速舞子」⇒「東浦バスターミナル」バス亭下車
⇒タクシー利用約10分
車:淡路IC⇒交差点直進⇒県道157号南へ約12分(約7km)
駐車場 普通車200円
営業時間9:00~17:00(最終16:30入園)
休園日年末年始
入園料無料
連絡先公園管理事務所 0799-74-6426
カフェレストラン・ギャラリ 0799-75-3710
公式サイトあわじ花さじきHP
地図

淡路島訪問なら絶対に外してほしくない「あわじ花さじき」です。
その他にも「鏡花水月★花つむぎ」おすすめ公園もありますよ。

<あわせて読みたい♪>

淡路島の3つのおすすめ公園です

あわじ花さじき、明石海峡公園、イングランドの丘、目的別おすすめ理由
淡路島のおすすめお花畑と公園厳選3選 「あわじ花さじき」「淡路島明石海峡公園」「イングランドの丘」 甲乙付けがたい魅力を独自視点で比較、目的別にオススメしました。 淡路島観光、淡路島へのお出かけの参考にしてくださいね。

秋のあわじ花さじきのコスモスは有名です

あわじ花さじきの秋|コスモスの花畑のおすすめポイント
「あわじ花さじき」は海をバックにコスモスが撮れるのがポイント高し! お弁当持ち込みOK!犬のお散歩OK! 入場料も無料、リピート必須のお花畑です。

春のあわじ花さじきといえば菜の花ですね

2020年テラス館オープン♪あわじ花さじきの菜の花畑
2020年3月にテラス館オープンの「あわじ花さじき」 3月上旬現在、ちょうど早咲き菜の花が満開ですよ。 海をバックに菜の花の絨毯で写真を撮りましょう。 犬のお散歩OK!のおすすめスポットです。

「鏡花水月★花つむぎ」では、植物の豆知識から、花言葉、
初心者でもできる鉢植えの育て方、花さんぽのスポットまでご紹介しています。
また、お立ち寄りくださいね。

タイトルとURLをコピーしました