ぬかた園地の紫陽花は生駒山ハイキング感覚で

スポンサーリンク
大阪

梅雨の時期にはお外に出たくない。
そんな声を爽やかに吹き飛ばしましょう。
雨に濡れた瑞々しいあじさいを見るだけでリフレッシュ。
この記事では、関西からハイキングで紫陽花を楽しめるスポットをご紹介します。

今回は大阪編です。

スポンサーリンク

1.ぬかた園地(大阪府民の森)

ぬかた園地の紫陽花の特徴

大阪府民の森の園内散策に時間制限はありません。
出入り自由の入園無料。

ぬかた園地は生駒山の中を利用して作られました。
約1500メートルの遊歩道 あじさいプロムナードがあります。
30数品種を超える、約2万5千株の大規模なあじさい園です。

自然そのままに近い紫陽花散策が楽しめます。

ぬかた園地の紫陽花のおすすめポイント

ぬかた園地の紫陽花のおすすめポイントです。

・関西最大級の規模の紫陽花園。
・生駒山ハイキングの延長で紫陽花を見られる。
・広い場所でたくさんの紫陽花を無料で見られる。

こんな方に向いています。

・ウォーキング・ハイキングが大好き。
・地元の紫陽花を見逃してしまった。
(標高が高いので、通常より2.3週間後です。
6月中旬から7月中旬でも間に合います。)

ぬかた園地のあじさい園までのルート

最寄り駅は3つあります。
ここでは一番近い生駒ケーブルを使う方法をご案内しますね。
それでも、生駒山上駅から約1.5㎞です。

生駒山上駅には、あじさい園への生き方の看板があります。
途中、ところどころ矢印もあるので、ハイキング初心者には助かります。

健脚向きなコースです。

  1. 生駒山上遊園地から、左の道に沿って歩いて行きます。
  2. 案内所の入り口にたどり着くまで、ちょっとした山道です。
  3. 分かれ道の案内図の看板まで、慌てず進みます。
  4. 案内図まで来たら右側へ、階段を降りていきます。
  5. 信貴スカイラインのトンネルをくぐります。
  6. 右手にあじさい園の案内が出てきます。

あじさい園に到着しました!
ここまで徒歩で20分~25分ぐらいです。




ぬかた園地のあじさい園の見どころ

あじさいロードは4つのヘアピンカーブの道です。
道は舗装されていて歩きやすいです。
小鳥のさえずりを聞きながらの紫陽花ロード。

人間の身長を超えるほどの紫陽花が両側に。
随分育っていますね~。
青・水色・ピンク・白と色とりどりの紫陽花のトンネルです。
幻の紫陽花と言われている、七段花も見ることができますよ。

カーブのところはちょっとした広場になっていて、小休憩ができます。
紫陽花のトンネル広場でお弁当を食べたら極楽ですね。

生駒駅からケーブルで登ってきただけで、こんなミニトリップ気分が味わえるんです。

この記事では、紫陽花大好き&ウォーキング大好きなファミリーへ

・関西最大級の規模の紫陽花園。
・生駒山ハイキングの延長で紫陽花を見る。
・広い場所でたくさんの紫陽花を無料で見る。

以上の観点からご紹介致しました。

タイトルとURLをコピーしました