姫路城好古園で晩秋の紅葉散策デート

好古園兵庫

紅葉狩りは、花さんぽに比べて時期が長いのが嬉しいところです。
見逃しにくいので、あちこち楽しめますよね。

関西ちょっと穴場な紅葉狩りの名所の中でも、特にお気に入りの場所。

そのひとつが姫路城西御屋敷跡庭園好古園です。

世界遺産の姫路城を知っている人はたくさんいるでしょう。
でも、その隣にある好古園の存在は知らない人の方が多いのでは?

初めて姫路城を訪れるなら、姫路城だけで充分堪能できると思います。
今回は好古園の紅葉だけを観に行って来ました。

どんなところがご紹介しますね。

スポンサーリンク

姫路城西御屋敷跡庭園好古園へのアクセス

撮影者:スミレ 姫路城(白鷺城)

1993年、姫路城は日本で初の世界遺産になりました!

2009年~ 平成の大修理。
2015年~ 一般公開再開。

以前よりも白くなったことに違和感の声もあります。
ご心配なく。
徐々に元の様なグレイッシュな色に戻っていくそう。

好古園は、この国宝姫路城の左隣にあります。

姫路駅から歩いて行けますので、公共交通機関を使うのがおすすめです。

最寄り駅はJR姫路駅で徒歩約10分
駅からすぐに姫路城が見えています。
大通りをのんびり歩いていくと、姫路城へ近づいていくワクワク感が高まりますよ。

私も、もちろん晴天の下、大手前通りをテクテク歩いて行きました。
姫路城の目の前まで着いたら、左側に好古園があります。
(もし、バスに乗るなら姫路城大手門前下車徒歩約5分です。)

「鏡花水月★花つむぎ」花さんぽおすすめスポットは、公共交通機関で行ける場所率高し。

どんなに素敵なところでも、交通不便で諦めてしまうことってありますよね。
ひとりで気軽に日帰りできる、穴場スポットをメインにご紹介しています。
姫路好古園のそのひとつなのです。

好古園は姫路市制100年記念の新しい庭園

撮影者:スミレ 入ってすぐの池

好古園は、なんといっても、あの国宝姫路城を借景という贅沢なお庭です。
できたのは意外に新しくて1992年
世界遺産になる1年前なんですね。

好古園だけで充分に広いので、私は今回好古園だけに絞りました。
もし、遠方から来られる方で姫路城とセットの方は、セット券1,050円の利用がお得です。

好古園は池泉回遊式の庭園です。
お庭を作るにあたって発掘調査をしたところ、西御屋敷、武家屋敷、通路などの遺構が発見されました。

好古園の中に入ると、それらを活かした9つの庭園がある趣向です。
庭から庭へと歩く道のは、武家屋敷の様な塀の間を歩きます。

時代劇の登場人物になったみたい♪

と思ったら、実際に、時代劇や大河ドラマの撮影もされているそうです。

撮影者:スミレ 今回紅葉が一番綺麗だった場所

好古園のこの9つの庭園は全部で約3.3haとかなり広いです。
人混みに遭遇せずにのんびりできるのがいいところ。
私は特に休憩せず1周しました。
所要時間1時間強ぐらいだったでしょうか。

時間に余裕があれば、中にあるレストランで景色を見ながらランチ休憩もいいかも。
2千円前後で美味しそうなお弁当などがありました。
レストランはお茶休憩も可能です。

折角日本庭園を訪れたのですから、お茶室で抹茶をいただくという手もありますね。
こちらはお抹茶と生菓子で500円程度でした。

紅葉だけではなく、つわぶきのお花も発見しました。

撮影者:スミレ ツワブキ

目論見通り、おおいにのんびりできた好古園の紅葉散歩でした。

好古園は四季を通じて訪れるのにオススメの庭園です。
特に、紅葉の頃と桜の頃はライトアップもねらい目ですよ。

タイトルとURLをコピーしました