【2020】あわじ花の歳時記園|お山の上のあじさい園

兵庫

花さんぽで毎年定点観察を続ける方、新しいスポットを開拓していく方がいらっしゃいます。
みなさんはどちらのタイプですか?

●関西の紫陽花の名所は既に色々と見て回った。
●少々遠くなっても京阪神から日帰りの範囲なら出かけてみたい。

この記事ではそんな方に新たな場所をご紹介したいと思います。
京阪神からはちょっと遠出になります。
自然いっぱいで眺めも素敵なあじさい園ですよ。

今回は兵庫県の淡路島編
早速ご紹介していきますね。

スポンサーリンク

淡路島はお花と御食国(みけつくに)の島

一度でも淡路島に行かれた方ならご存知でしょう。
花と美味しいものが1年中絶えないのが淡路島なのです。
昔は御食国(みけつくに)と呼ばれていたそうです。

私も、淡路島で食べたものでがっかりしたことってありません。
海の幸・山の幸の素材が豊富で地産地消ができているのでしょうね。

淡路島には、紫陽花が綺麗な場所もいっぱいあります。
今回はあわじ花の第18番札所、あわじ花の歳時記園をご案内しますね。

淡路島の丁度真ん中あたり、お山のてっぺんにあるあじさい園です。

あわじ花の歳時記園あじさい園の特徴


撮影者:スミレ

淡路島のあわじ花の歳時記園は、
1998年淡路島に移住されてきたオーナー夫妻が営む園です。

開園して23年の今年2020年、
開園後一番花がたくさん咲いてくれたそう。

特徴は淡路島100景にも選ばれた山の上にあること。
見晴らし抜群のロケーションです。


撮影者:スミレ

海と青空に映える紫陽花。
この光景を初めて見たら思わず歓声をあげてしまうことでしょう。

あわじ花の歳時記園は、約3000坪の敷地内にあじさい園をメインに据えています。

  • ハーブガーデン
  • 見晴らし台
  • 栗林
  • 桃林
  • 体験工房(草花リース・草木染め・ハーブ石鹸等 前日まで予約)
  • 喫茶・軽食(和食御膳は予約制)
  • 露天風呂(予約制)

色々なお楽しみ施設が満載。

体験工房を予約したら終日コースになるかな。
露天風呂や栗拾い、四季を通じて訪れたくなりますね。

紫陽花の時期には、敷地内のハーブ園ものぞいてみてくださいね。

あわじ花の歳時記園あじさい園の見どころ

標高250mの山頂にあるので、例年あじさいの見頃は6月下旬頃
今年の紫陽花を見そびれた方も間に合います。

「鏡花水月★花つむぎ」管理人は7月上旬に行きました。
まだまだ半分位は頑張っていましたよ。

歳時記園の中に4000株70種以上のあじさいが咲いています。
青・水色・ピンクのヤマアジサイ・西洋アジサイが多い印象ですね。
カシワバアジサイもあります。

左右を紫陽花で埋め尽くされた間に、舗装されていない土の小径を歩きます。
自然の森の小径を歩いているみたい。
あじさい園は3000坪の敷地内にあるので、シーズン中でもマイペースで楽しめます。


撮影者:スミレ

歩いた後に展望デッキから歩いてきた道が見えます。
上から眺める紫陽花の小径と瀬戸内海。
見晴らしが良く、吹き抜ける風が爽やかで気持ちいいです。

あわじ花の歳時記園は前述した通り、年間を通じて楽しい遊び場所です。
中でも一番のシーズンはあじさいの季節。

ドローンでの撮影動画をシェアさせていただきます。
あわじ花の歳時記園の広さがよく伝わりますのでご覧くださいね。


出典:アディック兵庫 様




あわじ花の歳時記園の紫陽花おすすめポイント


撮影者:スミレ

あわじ花の歳時記園のおすすめポイントです。

● 高台から紫陽花を海が一緒に楽しめる。
● 予約しておけば工房体験もできる。
● 喫茶や地元食材を使ったランチ(御膳)もあり。

こんな方に向いています。

● 高い所から紫陽花を眺めるのが好き。
● 地元の紫陽花を見逃してしまった。
(標高が高いので、通常より2.3週間後です。
6月下旬から7月中旬でも間に合います。)

紫陽花と海と美味しいものが好きな方にピッタリなあじさい園。

ここまで来たら、長沢地区の棚田や瀬戸内海が見えるテラスでのんびりしてね。
風に吹かれて瀬戸内海を眺めながらの休憩、本当に気持ちいいですから。


撮影者:スミレ

ここのテラスはワンちゃんも一緒にお食事できるのもポイント。
広い自然の中でワンちゃんも元気になりますね。

地元の山海の幸を使った御膳を予約すると、
予算に応じて淡路島の食材でも和会席もあるそう。

景色だけではなくご飯もセットで楽しみなスポットなんです。

また、紫陽花シーズン以外の時に再訪もありですね。
紫陽花シーズン以外の入場料は無料です。
さらにのんびりとリゾート感を楽しめることでしょう。

あわじ花の歳時記園 あじさい園へのアクセス


撮影者:スミレ
駐車場への道

あわじ花の歳時記園は、淡路市の山のてっぺん付近にあります。
最寄りのバス停・津名港ターミナルからタクシーで15分
アクセスは車をおすすめします。

淡路島に京阪神から行くには瀬戸内海を渡ります。
同じ関西でも心理的距離はミニトリップ気分。

淡路島に着いたら淡路ICで高速を降りて、海岸線をのんびり走るのがオススメです。
山道に入ると見通しの悪い坂になりますので、注意して運転してくださいね。

<車での行き方ー大阪・神戸・舞子方面から>
1.北淡IE~山方向へ7km(約13分)
2.国道28号線東浦海岸沿い生穂交差点を西へ5km(約10分)

出かけるにはちょっと気合が必要かもしれませんが、
海岸線をドライブしていたらあっという間。
あわじ花の歳時記園は、淡路のお山の素敵なあじさい園なのです。

車での注意点

● 入口がわかりにくいので看板を見落とさずに

● 入口から駐車場までの急な坂道に気を付けて

入口から駐車場までの急斜面は細いです。
運転技術がちょっと必要かもしれません。
短い道なのですが、凄いタイミングで対向車に出くわしました。

スミレちゃん
スミレちゃん

ギリギリですれ違い
怖かったです


撮影者:スミレ
駐車場にもあじさいが

あわじ花の歳時記園|詳細情報

★ あわじ花の歳時記園はこんな所♪
アクセス住所:淡路市長沢247-1
TEL:0799-64-0847
車:北淡IE~山方向へ7km(約13分)
国道28号線東浦海岸沿い生穂交差点西へ5km(約10分)
駐車場あり(20台)
最寄りのバス停:津名港ターミナル
バス:大阪発 本四海峡・JR・淡路交通・阪急バス(約1時間40分)
舞子発本四海峡・JR・淡路交通バス(約40分)
営業時間9:00 ~ 18:00
定休日不定休(12月30日~翌1月3日休)
入園料開花期以外 無料
アジサイ開花期 高校生以上500円、小中生400円
公式サイト公式サイト http://ajisaien.net/index.html
あじさい日記 https://ajisaien.exblog.jp/
地図

あわじ花の歳時記園の紫陽花まとめ


撮影者:スミレ

この記事では、淡路島のあわじ花の歳時記園にある、あじさい園をご紹介しました。
お山と海が好きな方におすすめ。例年6月下旬~が見頃です。

2020年の見頃は頑張って7月半ばまでかな。

京阪神から瀬戸内海を渡って淡路島へ。
関西の紫陽花、愛犬と一緒にお花見デートスポットのご案内でした。

<あわせて読みたい♪>

【紫陽花】関西穴場なデートスポット厳選3

【紫陽花】関西穴場なデートスポット厳選3
梅雨時のデートの場所選びに悩んでいませんか? 紫陽花の花びらの水滴、透明感を増す花色。 雨の日デートでもテンションがあがる、紫陽花のお花見がおすすめです。 スコールの中、私も紫陽花お花見デートになってしまったことがあります。 ...

【関西・紫陽花】初めて行く人にお薦め3スポット

紫陽花関西・初めて行く方へおすすめスポット厳選3
5月下旬から咲き始める紫陽花。 梅雨のじめじめ気分を爽やか気分に変化させてくれる貴重なお花。 関西各地にも紫陽花の名所はたくさんあります。 この記事では、今から紫陽花を見に行こうと思い立った、紫陽花初心者の方に、 京阪神から日帰...

これからも「鏡花水月★花つむぎ」では、
のんびりリゾート感のある、季節のお花見スポットをご紹介していきますね。
皆様のお花見穴場探しの参考になれば嬉しいです。

タイトルとURLをコピーしました