【2019秋】大阪花博記念公園のコスモスの丘はビタミンカラー

スポンサーリンク
大阪

コスモスの丈夫な性質もあってか、関西でもコスモス畑が増えてきましたね。

休耕地を利用したコスモスの観光農園も多いです。

お花見スポットが増えるのは嬉しいこと。

ただ、広大なコスモス畑は、なかなか交通至便なところにはないのが実情です。

今回は関西で電車で行けるコスモスの名所をご案内します。

 

「鏡花水月★花つむぎ」の一押しは、大阪市内の公園で最大規模の鶴見緑地公園です。

鶴見緑地公園は大阪花博の跡地の広大な公園です。

スポンサーリンク

鶴見緑地公園の風車の丘の四季の花

コスモスが見られる公園はたくさんあります。

鶴見緑地公園のコスモスの特徴は、なんといっても風車の丘にあるということ。

背景がパッチリでいいお写真を撮りたい方は必須です。




風車の丘の秋はマリーゴールド&コスモス

撮影者:スミレ マリーゴールドと風車

鶴見緑地公園は大阪市随一の広大な面積で約123haもあります。

大阪花博の時に行った方は思い出してください。

全部のエリアを周るのは相当歩き疲れるのを覚悟で。

遊びに行く時は目的エリアを絞っていくのがおすすめです。

 

風車の丘エリアは鶴見直地公園を入ってすぐ左側にあります。

秋の風車の丘を彩るお花はコスモスマリーゴールド

 

マリーゴールドは開花時期が長く、夏場はひまわりと一緒に咲いています。

 

 見頃の時期はマリーゴールドの方は10月いっぱいまで。
コスモスの見頃は10月下旬~11月中。 

両方楽しめますが、どちらを優先するのか見頃の時期で決めるのが得策です。

 

10月末に出かけたところ、マリーゴールドはこんな感じでした。

今までよく頑張ってくれましたねという感じ。

遠目で見るのがベストな状態でした。

 

最近の温暖化の影響なのかどうか、コスモスの時期も遅くなってきているようです。

 11月に入ってからコスモスは見頃のピークを迎えます。 

 

コスモスと言えば白・ピンク・赤ですよね。

ポツポツ咲いている感じでしたので、11月からでも充分間に合いますよ。

 

それでは11月初旬の今、マリーゴールド(11月5日撤去予定)とコスモスの端境期?

ご安心ください。

撮影者:スミレ 黄色のコスモスと風車

今は風車の丘の東側の黄色のコスモスがとてもきれいです。

まさに見頃、満開を迎えていました。

奥に見えるピンクや白のエリアももっと咲きはじめたら、ベストショットが撮れますね。




風車の丘エリアの奥にバラ園が

撮影者:スミレ バラ園へ続く道

鶴見緑地公園の風車の丘エリアに秋のコスモスを観にいったなら、忘れずに奥のバラ園も訪ねてみてください。

可愛い秋バラを楽しめます。

春の薔薇に比べると小ぶりな感じですね。

蕾もまだまだいっぱいありました。

11月いっぱいは楽しめるのではないでしょうか。

撮影者:スミレ 大阪花博記念公園 バラ園




風車の丘の春はチューリップ&ネモフィラ

撮影者:スミレ 鶴見緑地公園

さて、風車の丘に植えられているお花、他の季節はどうなんでしょう?

一番有名なのは春のチューリップです。

風車にチューリップの風景とくればもう王道ですね。

インスタ映え間違いなし!

 

大阪花博の時に有名になりましたから、鶴見緑地公園の風車とチューリップを知らない関西人は少ないと思います。

私もお弁当を持ってピクニックに行ったことがありますよ。

メルヘンな気分に浸れました。

 

最近の鶴見緑地公園はチューリップだけではないんです!

春はチューリップだけではなくネモフィラも植えられているんですよ。

関西でネモフィラが一面に咲いている場所はまだまだ少なく狙い目です。

 

数年前までなら、ネモフィラを観たければ関東までお花の旅をしていました。

それはそれで楽しいですけれど、もっと身近にネモフィラの花が見られるとしたら・・・?

春は、風車の丘にネモフィラの写真を撮りに行かれてはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました