名前の由来と花言葉

スポンサーリンク
名前の由来と花言葉

オミナエシ(女郎花)の意外な匂い|名前の由来と花言葉の伝説

秋の七草オミナエシを初夏に見つけて疑問に思ったことはありませんか?この記事では女郎花(オミナエシ)の特徴、名前の由来と別名、 あわせて謡曲のもとになっている伝説と花言葉について、お花初心者さんにもわかりやすくお伝えします。
2022.09.01
名前の由来と花言葉

蓮(ハス)|名前の由来と花言葉の物語

蓮(ハス)は沼の様な場所で育ち清浄な花を咲かせます。 ”ハスは泥より出でて泥に染まらず” ということわざを思い出しますね。 どんな環境であって乗り越えて花を咲かせる。 そんな願いを込めて「蓮」の文字を入れて、名付ける親御...
2022.07.06
名前の由来と花言葉

クチナシ(梔子)の名前と花言葉|香りだけではなく生薬や染色にも大活躍

名前はよく知っているけれど見たことはない、実は身近に咲いていた。クチナシ(梔子)はそんなお花かもしれません。この記事では生垣でもよくみかけるクチナシ(梔子)の特徴をお花初心者さんにもわかりやすく取り上げました。街さんぽの参考にしてくださいね。
2022.06.23
名前の由来と花言葉

蔓日々草(ツルニチニチソウ)の花言葉と名前の由来に通じるもの

常緑で青紫の花が咲く蔓日々草(ツルニチニチソウ)は、街のあちらこちらで目につきます。 黄色が多い春のお花の中で存在感を放つ、青味がかった紫色のお花と光沢ある緑の葉っぱ。 こんなに綺麗なのに、空き地に雑草の様に生えているのが不思議...
2022.06.16
名前の由来と花言葉

キョウチクトウ(夾竹桃)は復興と希望の街路樹、でも毒性には気をつけて

見上げれば樹木にも可憐な花が咲いていることに気づきます。 春~初夏の街路樹で楽しめる花さんぽといえば? ハナミズキ・ヤマボウシ 、そしてキョウチクトウですね! 6月に入って白いキョウチクトウ(夾竹桃)が咲き始めました。 ...
2022.06.03
error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました