名前の由来と花言葉

名前の由来と花言葉

真夏の街路樹|百日紅は何と読む?名前の由来と花言葉の伝説

真夏の暑さを表現しているような赤や濃いピンクの花。 濃い緑色の葉っぱで幹に特徴がある街路樹。 この樹木の名前を聞いたことがないという人は珍しいと思います。 古くからある、有名な花の樹の名前はなんでしょうか? 書物では「百...
2020.08.08
名前の由来と花言葉

ネコジャラシ|本名はエノコログサ(狗尾草)の日々の幸せ

暑い日差しの街さんぽでネコジャラシを見つけました。 ネコジャラシは秋に実る稲穂に似ていますよね。 夏から元気に咲いていました。 そう、あの稲穂の様な緑は花穂(穂の様な形で咲く花)なのです。 穂の中にちいさく花があるのでのぞい...
2020.08.02
名前の由来と花言葉

ノウゼンカズラ(凌霄花)|夏を告げるオレンジの鈴なりラッパ

長雨に降られて花さんぽも難しかった頃、街で雨に濡れるラッパの形をしたお花を見かけました。 灰色の景色の中で明るいオレンジがひとり目立っていましたね。 うっとおしかった気持ちも元気になれる鮮やかさ。 それはノウゼンカズラ(凌霄花...
2020.08.02
名前の由来と花言葉

露草の特徴|名前の由来と万葉の恋の歌

透明感のある青い露草色。 今年も無事ツユクサ(露草)を見つけました。 青い花びらが2枚。 雄しべと雌しべの下に小さな白の花びらが1枚。 露草には合計3枚の花びらがあります。 露草の花の形は特徴的でわかりやすいですね。 ...
2020.08.05
名前の由来と花言葉

クチナシ(梔子)の白い花|香りだけではなく生薬や染色にも大活躍

初夏の山を歩くと、クチナシ(梔子)の花が自生しているのを見つけたことはありますか? クチナシ(梔子)は万葉集の昔から日本に自生していました。 純白の花びらが6枚の素朴なお花です。 渡哲也さんが歌われた昭和歌謡「くちなしの花」 ...
2020.08.02
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました